Apple Music、DJミックスに使用され
ている楽曲/クリエイターを特定しロ
イヤリティを支払う仕組みを導入

Apple Musicがメジャー・レーベルやインディ・レーベルの協力を得ながら、DJミックスにおいて正しくオリジナル楽曲の権利者を特定し、全ての権利者に直接支払いができるようにする新システムを開発した。

今後、Apple MusicはDJが作成するミックス内に関わる全てのクリエイターに、長期的に支払いを開始する。Shazamのテクノロジーにより、AppleはApple Musicのミックスに使用される楽曲に関与する全てのクリエイターを適切に識別し、支払いをできるようにするツールを開発。これは、ミックス制作に関わる権利を保有する全てのアーティストを含むという。

また、DJに加えて、音楽フェスティバル、クラブ、コンサート・プロモーター、キュレーターやインディ・レーベルなどといったDJミックスのサプライヤーにも公平に支払いが行われるようにしていくという。 「Apple Music DJミックス」(https://apple.co/2Vuaj6k) には、すでに数千のミックスが公開されており、今後さらに多くのミックスが定期的に追加されていく。

今回の発表に際して、音楽関係者から次のようなコメントが寄せられている。

【Horst Weidenmueller(Founder, Studio K7!) コメント】

これは、〈K7!〉にとって晴れ舞台です。Appleとのパートナーシップを通じて、遂に、15年以上もマーケットに出回っていないDJ-Kicksの14の追加エディションを公開することができます」

【Charlotte de Witt コメント】

Apple Musicは、切れ目なく続くミックスにおいて、そのミックスにトラックが含まれたり、そのミックスを作成したアーティスト本人に、公平な支払いを行う初のプラットフォームです。これは、誰もが公平に支払いを受ける、正しい方向への第1歩です。オンラインでミックスを公開していくことに大変興奮しています。クラブやフェスで瞬間的にプレイするのとは異なる取り組みです。これにより、私の作品を無制限に公開していくことができます

【Nick Stevenson(Managing Director, Mixmag) コメント】

1992年に、Mixmagは、Carl CoxとDave Seamanと世界初のミックスCD『Mixmag Live』を生み出しました。それはミックステープのカルチャーを変え、レイブやクラブで聴いた音楽を購入して聴けるようになり、注目のアーティストやDJにロイヤルティが公平に支払われるようになりました。それから約30年経った今、MixmagはApple Musicの新しいDJミックスのテクノロジーを完全に支持しています。Mixmagはダンスミュージックのプロデューサーを常に見出し、世に紹介し、サポートをしてきました。Apple Musicと協力することで、これらのアーティストへの取り組みを継続していきます。DJ、プロデューサー、権利者、サプライヤーに、彼らの作品を含むミックスからの長期的な支払いをしていくことは、私たちの業界において重要なことであり、Apple Musicはそれを可能にしました

【Filip Teerlinck(Head of Media, Tomorrowland) コメント】

Tomorrowlandは、世界中のApple Musicのサブスクリプションの登録者が、2016年、2017年、2018年、2019年の100を超える象徴的なTomorrowlandのDJセットの記憶を辿り、没頭できることを嬉しく思います。また、オンラインで開催した世界各地のTomorrowlandや、2020年12月31日に開催したTomorrowlandも楽しんでいただけます。以前はストリーミング配信することが出来なかったAlessoAmelie Lens、Carl Cox、Charlotte de Witte、David Guetta、Diplo、Hardwell、Major LazerMartin GarrixThe Chainsmokers、Tiestoなどの伝説的なパフォーマンスがストリーム配信が開始となり、一つの魔法の場所で蘇るのです。


■ Apple Music DJミックス(https://apple.co/2Vuaj6k)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着