涼風真世、デビュー40周年アルバムの
リリースを記念して初のオンラインバ
ースデーイベントを開催

2021年9月8日(水)に5年ぶりのCDアルバム『Fairy ~A・I~ 愛』(ビクターエンタテインメント)をリリースした元タカラジェンヌの女優・涼風真世が、初のオンラインイベントを、自身の誕生日である9月11日(土)に開催した。
コロナ禍のためCDショップ等でのイベントが制約される中、アルバムの発売を記念して、トーク&ミニライブを配信。多くのファンが画面を通じて参加して涼風のライブパフォーマンスが体験できる貴重な機会となった。
宝塚の歴史の中でも傑出した歌姫として知られ、元男役トップスターでありながらフェミニンな魅力を兼ね備えた“歌の妖精”。1981年、第67期生として宝塚歌劇団に入団して以来、日本を代表するミュージカルスターとして活躍し、今年デビュー40周年を迎えた。
涼風真世 バースデーLIVE ~40thアニバーサリーアルバム『Fairy ~A・I~ 愛~』リリース記念イベント
冒頭、35周年盤『Fairy』に収録して大切に歌い続けている「空だけはそこにある」を歌唱。涼風が毎朝、その日の「空」の写真をブログに公開し続けている想いを歌った曲だ。
「コロナ禍での会えない寂しさや不安を、私自身も感じていましたが…、空を通して、皆さんとの繋がりを感じています」
涼風が挨拶を終えると、司会進行役として、宝塚時代の相手娘役だった麻乃佳世がサプライズで登場。40周年を迎えた気持ちや新作アルバムに込めた想いなどを“涼風ファン代表”として質問。気心の知れたコンビのトークで盛り上がった。
ファンからの質問コーナー、新曲「地球の涙」メイキングMVの視聴に続いて、後半のミニライブでは4曲を歌唱。涼風が敬愛する玉置浩二が作曲、松井五郎が作詞を手がけた「眠りの果て」をピアノ伴奏で情感を込めて歌い上げると、続く「愛(エメ)」(ロミオ&ジュリエット)では、麻乃佳世が登場。CDでは一人二役で収録したこの曲を、麻乃とのデュエットによるスペシャルバージョンで聴かせた。
涼風真世 バースデーLIVE ~40thアニバーサリーアルバム『Fairy ~A・I~ 愛~』リリース記念イベント
麻乃とは続いて「花は咲く」でも共演。宮城県石巻市出身の涼風真世のコンサートでは、会場のファンと一緒に歌う定番の曲ですが、この日は画面を通じて、「配信をご覧の皆さんも、ぜひ一緒に口ずさんで下さい!」と呼びかけた。
ラストは、涼風自身が昨年還暦を迎えた想いを歌詩に綴った「A-YU-MI(歩み)」を歌い、「皆さまの応援がある限り、歌うことをやめません。これからもずっと応援して下さい。本日はありがとうございました」と感謝の想いを伝えて、初の配信イベントを締めくくった。
涼風真世 バースデーLIVE ~40thアニバーサリーアルバム『Fairy ~A・I~ 愛~』リリース記念イベント
40周年記念アルバム『Fairy ~A・I~ 愛』は、前作『Fairy』に続いて、涼風がセルフプロデュース。様々な楽曲で、彼女のこれまでの歩みを辿るコンセプトは前作を踏襲しながら、“愛”をテーマに壮大なスケールの全14曲が収録されている。
オープニングを飾る「地球の涙」は、LUNA SEAX JAPANでの活動など、幅広い才能を発揮するギタリスト・ヴァイオリニスト・コンポーザーのSUGIZOが作曲。宝塚在団中から縁の深い劇作家・演出家の小池修一郎が作詞を手がけ、「地球への愛」をテーマに40周年記念の新曲として、書き下ろされた。
この他にも、自身が出演してきたミュージカル作品の中から、「愛の面影」(ベルサイユのばら)、「LOVER’ SGREEN」(PUCK)、「闇が広がる」(エリザベート)、「愛したことだけが」(マリー・アントワネット)、「愛(エメ)」(ロミオ&ジュリエット)を収録。
デュエット曲では、男声パート・女声パートとも1人で演じ分け、さらに、すべてのコーラスも自身の声だけで多重録音。男役の低音からソプラノまで、キャラクターにより、変幻自在な魅惑の声色が堪能できる、涼風ならではの会心の作品。
生産限定盤には、今年1月30日に京都芸術劇場・春秋座で行われた『涼風真世&京フィル ドリームコンサート』の模様をライブ収録したスペシャルDVDと、これまでの自身の歩みを語ったロングインタビューと詳細な年表が掲載されたスペシャルフォトブックも附属している。
涼風真世

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着