『26 YEARS OF SKA PUNK!TOUR』フライヤー

『26 YEARS OF SKA PUNK!TOUR』フライヤー

POTSHOT、
『26 YEARS OF SKA PUNK!TOUR』の
チケット・プレオーダーがスタート

今年結成26周年を迎える日本のSKA/PUNKバンド、POTSHOTが昨年予定していた4thアルバム『POTSHOT a-GO GO』のリリース20周年記念ライブの1年延期のリベンジライブ『POTSHOT a-GO GO 20th +1 Anniversary』と、結成26周年ライブ『POTSHOT Quarter Century +1 Anniversary』をあわせて、10月23日(土)の名古屋 APOLLO BASEを皮切りに『26 YEARS OF SKA PUNK!TOUR』と題した1日2ステージの入れ替え制による東名阪ツアーを開催! 9月13日(月)12時よりe+にて、先行昼夜通し券(優先入場券)を含むチケット・プレオーダーがスタートした。

【コメント】

みなさん、お元気でしょうか?
というより、なんとかギリギリ大丈夫でしょうか?
昨年に企画していた「POTSHOT a-GO GO」の20周年記念ライブが、
コロナのせいで延期となり、さあ今年はやるぞ!と思っていたら、
なんと、まだまだコロナの真っ最中。
どうしようかと悩みに悩みましたが、ほんの少しは状況が良くなっていることを期待しつつ、
たまには楽しい事がないと生きていけないですし、
またまた延期や中止にしてしまうと、ライブハウスの存続や、
手伝っていただいてるスタッフの生活にも関わってしまうので、
ひっそりと名古屋・大阪・東京だけですがツアーをやろうと思います。
コロナ感染防止に気をつけながら、ゆったりと楽しんで欲しいので、
通常の定員の半分以下で、昼と夜と違う内容の2部制で開催します。
昼の部は「POTSHOT a-GO GO」の完全再現と、
当時のシングルのカップリングなどのマニアックな曲も演奏する予定です。
夜の部では「25周年+1」というテーマで、
POTSHOTの歴史を楽しんでいただこうと思います。
ダイブやモッシュ、そして本来であれば、
POTSHOTに欠かすことのできないシンガロングも今回は出来ませんが、
生の音を身体で感じていただき、加齢によるズッコケ具合や演奏のミスも含め、
楽しんでいただければと思います。
あくまで無理せず、遊びに来て下さい。

追伸。
名古屋アポロ・ベースは残念ながら来春閉店してしまうため、
今回がおそらく最後のステージになると思います。
アポロ・シアター時代から長い間、本当にお世話になりました。

そして全国のファンのみなさん、ライブハウス、イベンターさん、音楽を応援してくださっている放送、出版などメディア関係者のみなさんとも、また気兼ねなく再会できる日が来ることを願っています。それまでどうかお元気で!

Freedom & Responsibility

RYOJI

Thank you to all the essential workers & the healthcare workers who are on the front lines of the coronavirus pandemic.

Clap for THEM!

from POTSHOT

『26 YEARS OF SKA PUNK!TOUR』

10月23日(土) 名古屋 APOLLO BASE
10月24日(日) 大阪 Music Club JANUS
10月30日(土) 東京LIQUIDROOM
・昼の部:開演15:30
『POTSHOT a-GO GO 20th +1 Anniversary』
・夜の部:開演18:30
『POTSHOT Quarter Century +1 Anniversary』
<チケット>
各日先行昼夜通し券(優先入場券) 前売 5500円
昼の部/夜の部それぞれ 前売 3000円、当日 3500円
・e+プレオーダー先行抽選予約
9月13日(月)12:00〜9月21日(火)18:00
・一般発売 e+ 10月2日(土)〜

※現状では各会場ともに通常の半分以下の定員を予定しています。

会場内でのマスクの着用や大声での発声およびダイブ・モッシュの禁止など各自治体の新型コロナウィルス感染症予防のガイドラインに沿って各会場のルールの下で開催いたしますので、あらかじめご理解の上、チケットをお買い求めください。
また、入場時の検温で37.5℃以上の発熱の方のご来場できません。アルコールの摂取などでも発熱の恐れがありますので、ご注意ください。
『26 YEARS OF SKA PUNK!TOUR』フライヤー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着