Gothic×Luck、初のライブツアー追加
公演『ユメノナカノツヅキ 』公式ラ
イブレポ到着

声優の八木ましろ、菅まどかのユニット・Gothic✕Luckが、9月11日(土)にライブツアー追加公演『ユメノナカノツヅキ』を東京・渋谷CLUB QUATTROにて開催。オフィシャルレポートとライブ写真が到着した。
以下、引用する。
ライブツアー追加公演オフィシャルレポート
Gothic✕Luck八木ましろと菅まどかが緑の衣装に身を包み登場。
膨れ上がる期待感の中、1曲目は『桜てのひら』を披露。ピンクのライトとともに、会場が一丸となりクラップで盛り上がりをみせた。
八木の「最後まで楽しむぞー!」の呼びかけにのペンライトが揺れる。改めてライブの開幕を告げ、披露されたのは『夢の中のストーリー』。楽しげな曲調とともに会場のテンションが上がった後に披露された曲は『星の帰り道』。黄色と水色で会場が彩られた。
MCではライブツアーを通して一緒に旅をしてきてくれたファンに改めて感謝を伝えた。
MC後に披露したのは『なぜなぜ?フォレストの旅』。けものフレンズ2のキャラクターソングを今回のツアーでは初披露。ファンキーな音楽で会場を魅了した後は『月と太陽』情熱的に歌い上げる2人。続いての『オトノイロ』では「せーの」の掛け声で会場でジャンプをする一体感が生まれた。
歌い終わった後は「熱気すごい!」と会場の熱気に驚く二人。
その後はステージにスタンドマイクが用意され、八木ましろ作の朗読劇「2人の女の子がつまずきながらも前に進んでいく物語」を披露。しっとりと読み上げた後、会場は暗転。
ピンスポットで浮かび上がった二人が初のアカペラで冒頭を歌い上げ『ミチシルベ』がスタート。続いての『棘かくし』では素直になれない女の子を声と、表情で歌い上げ、幻想的なステージを披露した。
続いてのMCでは「クリスマス、お正月に何かがあるかも!」とファンの期待が高まる。
『天国の踊り場』では時折笑顔を織り交ぜつつ、幻想的なライティングの中、今までとは違った表現で歌唱を披露。観客席の感情がペンライトを通して伝わってくる。
この後はトークコーナーの「夢の中のあるある勝負」が始まる。夢の中でありがちな内容を客席に問いかけ、共感が多い方が勝者となる。菅は「風邪が治る時には毎回同じ夢を見る」、八木「歯が抜ける夢を見がち」という内容。どちらも共感を得られないかと思われたが、あるあるが多かったのは菅。負けた八木は罰ゲームとして可愛い顔と声で「おやすみ」を披露し、会場を沸かせた。
ライブも終盤戦に入り、披露したのは『君は帰る場所』と『星をつなげて』。Gothic✕Luckのデビューのきっかけとなった「けものフレンズ2」のエンディングテーマ2曲を歌い上げ、会場の盛り上がりはさらに加速。
菅の「タオルを振る準備はできてるかー!?」の呼びかけとともに『小さな予感』がスタート。タオルを使ったアップテンポの曲にタオルを全力で降って応える観客席。会場のボルテージがさらに上がったのちに、『ユメゴコチ進展系』を披露。照明やペンライトによって会場全体がカラフルに色付けられ、最後の1曲を楽しんだ。
ステージを去っても鳴りやまない拍手。その期待に応えてGothic✕Luckの二人が再びステージに上がるとひときわ大きい拍手がおこる。
改めて「2nd EPやライブツアーが出来たのはファンのみなさんのおかげです。」(菅)、「Gothic✕Luckはこれからも成長していきます。」(八木)とファンに伝え、「夢の中で会いましょう!!」の声とともに『夢の中のストーリー』がスタート。
声は出せない状況の中、カラフルなペンライトが大きく揺れる客席、さらにステージ上の二人が楽しそうにパフォーマンスを披露。会場全員が一体となり、Gothic✕Luck初となったライブツアーを締めくくった。
なお、ライブの模様はライブで生配信もされたが、アーカイブを9月18(土)23:59まで視聴可能だ。視聴券は同日22:00まで発売中だ。
Gothic✕Luck初のライブツアーの締めくくりをぜひチェックしてみてほしい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着