『スーパー戦闘 純烈ジャー』公開記
念舞台挨拶レポート「“スルメイカ”
のような、匂い立つような映画です」

映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』の公開を記念した舞台挨拶が9月11日 新宿バルト9で行われ、純烈、小林綾子、小林幸子前川清、佛田洋監督が登壇した。

冒頭の挨拶で小田井は、現在コロナ禍でファンと直接会って交流する機会が減っていることに触れつつ「今回は役者という形で純烈の姿をお届けしています。直接会えない時期が続いていますが、今はぜひ、劇場で純烈の元気な姿を観ていただいて、楽しんでほしいと思います」とニッコリ。白川は「ファンのみなさんとお会することができない期間を過ごしており、寂しく感じていますが、直接会えなくても一緒に楽しめる作品を作れたことをうれしく思いますし、とてもありがたいと感じています」と感謝の気持ちを述べる。
後上は「Twitterで映画についての感想コメントを見つけると、うれしくなってついつい“いいね”ボタンを押してしまいます。“いいねボタン”を押し続けたせいなのか、制限がかかってしまうほどでした(笑)」と感想コメントがたくさんあったことを伝えつつ、「僕から“いいね”がついたことをよろこんでくださるファンの方もいて、こうやって世界が広がっていくんだなあと実感しています」としみじみ。
酒井は、「純烈のグループ結成から、さまざまなタイミングで手を差し伸べていただいた、先輩方お二人に出演していただいたことに改めて感謝します」と小林(幸)と前川に深々とお辞儀し、さらに「(小林)綾子さんには、(演技に関しては)ド新人の後上の相手役をしていただき、奇跡のキャスティングが実現しました。“おしん”の綾子さんに、とんでもないお願いをしてしまいましたが、スクリーンの中で躍動していただき、ほんとうにありがたかったです」と感謝の気持ちをのべた。

後上の芝居について訊かれた小林(綾)は、「とても自然なお芝居をされる方でした。センスあると思いますし、全く問題ありませんでした」と太鼓判。さらに「一番活き活き演じていたのはパラパラのシーンです」と見どころも明かしていた。小林(綾)は撮影現場では純烈とのトークも楽しんだようで「みなさん、気さくに話しかけてくれるし、話題豊富でおもしろかったです。マダムの方たちの心を掴む技を持っている方たちだと思いました」と絶賛した。

女王・フローデワルサを演じた小林(幸)は、「私史上、一番大きくなっています」と劇中でのサイズ感を解説し、「子役の頃からこれまでいろいろな役を演じてきましたが、こんなにたくさんの変顔を披露したのは初めてです」と熱弁。「無理を言っちゃってすみません!」とお詫びする佛田監督に対し、小林(幸)は、「私も楽しくなっちゃってどんどんやっちゃいました」と笑顔を見せていた。純烈の人柄、努力、さまざまな積み重ねが今回の映画に繋がったとし、純烈の今までを知っているからこそ、出演オファーに即OKしたことを明かしした小林(幸)。感慨深い様子を見せたかと思えば、「衣装は自前でと言われたので、女王様の衣装なんてあったかなと思ったのですが、紅白の衣装が良いということでした。でも、私の役は女王様ではなく妖怪なのよね。ということは、紅白の衣装は妖怪の衣装だったのかしら、なんて思ったりしました(笑)」と振り返り、笑いを誘う。

そして再び真面目な表情に戻ると、「バカバカしいことを本気になってやるところが本当にすごい」と純烈の作品への向き合い方を褒めつつ「第二弾、第三弾とできるといいね、がんばってね」と大先輩らしいエールをおくる場面もあった。

これまでの純烈をずっと知っているという前川は、「紅白に出るグループになったし、いろんなことに挑戦している純烈と、僕も一緒に成長していきたいと思っています。こんなにいろいろなチャンスを与えられていただいているグループはいないと思います。これからも一緒に楽しんでいきたいですし、もちろん“純烈、もっとがんばれよ!”という気持ちでいっぱいです」とうれしそうな表情を浮かべていた。

フローデワルサは、若さを得るためにイケメンのエキスを摂取しているという役どころ。若さの秘訣について質問しようとしたMCが「若づくり」と言い間違えそうになると、純烈総出ですかさずツッコミを入れる場面も。気になる若さの秘訣について、小林(幸)は「応援してくれる方たちの笑顔と歌うこと」と回答。白川は「仕事をし続け、みなさんに見られること」とコメントし、美しく?!あり続けるためにパックなどにも興味を持っていることを明かしていた。
最後の挨拶で後上は「映画が公開され、みなさんからの感想をたくさんいただき、ヒーローになった実感が湧いてきました。これからもみなさんと一緒に『純烈ジャー』を育んでいきたいです」と意気込む。白川が「諸先輩方、ファンのみなさんに支えられてきた純烈が、ついに映画に主演しました。観れば観るほど味がでる“スルメイカ”のような、匂い立つような映画です」とコメントすると「味じゃなくて、匂いかい!」とツッコミが。「平均年齢が高いからね(笑)」と笑顔を浮かべた白川は「騙されたと思って映画館に足を運んで楽しんでください」と呼びかけた。小田井は「役者として活動していたので、映画を作ったからにはぜひ劇場で観てほしいという気持ちがあります。可能であれば、劇場に足を運んで、スクリーンで純烈の勇姿をみていただきたいです」と思いを伝えた。酒井は「『純烈ジャー』で全国のお風呂屋さんを笑顔にしたい、盛り上げたいと思っています。演歌ファン、特撮ファン、温泉ファン、いろいろなファンの方たちが楽しめる作品ですので、ぜひ、映画館で観てください」とおすすめし、イベントは幕を閉じた。

映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』

9月10日(金)新宿バルト9ほか全国劇場公開
出演:後上翔太 / 白川裕二郎 / 小田井涼平 / 酒井一圭 / 小林綾子 / 出口亜梨沙 / ふせえり / 中島ゆたか / しのへけい子 / 山本康平 / 松下恵 / 岩永洋昭 / 松本享恭 / 白又敦 / 龍真 / 栄信 / 宮澤佑 / 鈴村健一(ナレーション) / 小林幸子(特別出演) / 前川清(特別出演)
監督:佛田洋
脚本:久保裕章
アクション監督:竹田道弘
サウンドデザイン:桑原秀綱
キャラクターデザイン:野中剛 
企画協力:山本康平
製作:與田尚志
エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫 / 塚田英明
プロデューサー:中野剛
主題歌:純烈「NEW(入浴)YORK」(日本クラウン)
製作・配給:東映ビデオ
製作プロダクション:特撮研究所 
上映尺:83分
(c)2021 東映ビデオ

■ストーリー
ムード歌謡グループ「純烈」の4人は、今日もスーパー銭湯アイドルとして温浴施設でマダムたちを歓喜させていた。そんな中、浴場で不審死が発生。警察による捜査の結果、事件性はないと判断されるも巷では「連続イケメン温泉失踪事件」が多発していた。温浴施設を守るヒーロー・純烈ジャーでもある酒井一圭(純バイオレット)、白川裕二郎(純レッド)、小田井涼平(純ブルー)の3人は、純烈ジャーではない後上翔太には秘密で事件の調査を始める。そして、ついに「温泉の向こう側」で女王として君臨するフローデワルサ(小林幸子)の仕業だと突き止めるが、彼女の圧倒的なパワーに3人は太刀打ちできない!
一方、なぜ自分だけが蚊帳の外なのかと思い悩む後上…。硬い結束で結ばれた純烈に危機が訪れる――。彼らは本当のヒーローになれるのか?

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着