岡咲美保

岡咲美保

【岡咲美保 インタビュー】
考えても分からないことが
たくさんあるなら、
明るいことを考えよう

どう先につながるか分からなくても、
まずは一歩を踏み出すことが大事

黄色いドレスを纏ったMVでのパフォーマンスも本当に活き活きとしていて、これが初めてのMVとは思えないくらいでしたよ。

ありがとうございます! 撮影がすっごく楽しくて。昔から好きな音楽をかけて、口ずさみながら鏡の前で踊ったりして曲の世界に入り込むっていうことをよくやっていました。それこそ水樹さんのMVを観ていても、表情や情景によって曲の世界をより壮大に感じられることが多かったから、自分もそういった世界の一員になってみたいと密かに憧れていたんです。それをデビュー曲で叶えさせていただき、しかも岡咲の“咲”の字にちなみ、ドレスの生地にはお花の柄をいろいろ入れていただいているんです! 自分もお花を見ると笑顔になりますし、黄色は幸せをイメージさせる大好きで大切な色なので、それを纏って踊ったり、表情を作ったりできたのは嬉しかったです。

だから、ジャケット写真の背景も一面黄色なんですね。

MVでは黄色を纏っていますが、ジャケット写真では黄色に包まれていて、メガホンからお花が咲いている絵面もすごく好きなんです! “私の声を通して花が咲く”っていうメッセージが静止画で伝えられているんだなぁって感激しました。ただ、このメガホンが結構大きくて(笑)。しかも生花なので下にちょっと水を敷いていて、かなりの重量があるんですよ。ずっと持ち上げているうちに腕がプルプルしてきたんですけど、それすらも“これから私、デビューするんだな”と嬉しくて、“よし! 頑張っていこう!”っていう気持ちにつながっていきました。

本当にポジティブ思考ですね。

そっちのほうがいいなって、日頃からすごく思っているんですよ。考えても分からないことがたくさんあるなら、明るいことを考えようって。それも“私らしさ”ですかね?

ちなみに「ハピネス」が黄色なら、カップリングの「Popping Moments」と「MY SPIRAL」は?

「Popping Moments」は青春真っ只中にいる女の子のピュアなラブソングなので、パステルカラーの桃色ですね。「MY SPIRAL」は《ぐるぐる》という歌詞が印象的ですし、螺旋階段のように巡り巡りながらも上に上がっていくイメージがあるのでマーブルかな? そのマーブルの配色も、例えば平和な気持ちなら緑、幸せなら黄色って、その時々で変わっていいのかなと!

動き続けながら上に上がっていくさまは、岡咲さん自身のスタンスにも通じません?

そうかもしれません。もちろん考えることは重要ですが、まずは一歩を踏み出すことが大事だと思っているんです。その一歩がどうつながるかなんて、踏み出す時には分からないです。とりあえず動かないと始まらないですよね。「MY SPIRAL」の“未完成な私でも、これから物語が始まるんだ”という詞世界は、デビューする今の私にも重なるところがありますし、これも私に宛てて書いてくださったんだと嬉しくなりました!

独特のデジタルサウンドが頭から離れない「MY SPIRAL」に対し、ロックな「Popping Moments」という音楽面での対比も面白いですね。

そうなんです! ここまでロックに全身を委ねて歌うのは新しい経験で、特にサビは気持ち良かったです。Bメロで一気にピッチが上がる箇所も技術的には難しかったんですけど、完成したものを聴くとそこが気持ち良くて。青春特有の浮足立つようなウキウキ感やドキドキ感を、主人公の女の子を通してリスナーのみなさんに伝えられたらいいなと思いながら歌いました。

個人的には坂道を自転車で漕いでいるような、元気な主人公像をイメージしました。

きっと元気溌溂でエネルギッシュな子でしょうね!モノクロの世界がキラキラと変わって、好きって気持ちを止められない!っていう。そういうピュアな気持ちを持てるのが青春だとしたら、それって学生時代に限らないと思うんです。本人が青春だと言えばいつでも青春で、唐突に始まったりもする。それもまたひとつの“幸せ”なんじゃないかなと。

デビューにあたっての決意と、岡咲さん自身が大切にしている“幸せ”を詰め込んだシングルになりましたが、ここから始まるシンガーとしての道のりの中で挑戦していきたいことは何でしょう?

まずは「ハピネス」を通じて岡咲美保という存在を声優としても、アーティストとしても知っていただきたいです。こういったインタビューを通して、私が実際どういう気持ちで楽曲に取り組んでいたのかを知っていただいた上で「ハピネス」を聴いていただけると、より嬉しいです。その先は…やっぱりいつかライヴをしてみたいです! 応援してくださっているみなさんが、私の音楽をどう受け止めてくださるのか楽しみなので、私の声を初めてリアルタイムで届けられる10月3日の発売記念オンラインイベントは、すごくドキドキしてるんですけど、それ以上に待ち遠しいです。観てくださった方、覗いてくださった方に、このハッピーオーラを少しでも伝えられるように頑張りたいです。

具体的に目標とするステージってあります?

日本武道館は自分が放送部だった時の全国大会の会場だったので、そういう意味でも憧れの場所ですね。レーベルメイトである憧れの先輩方も武道館でキラキラしたライヴをされているので、いつか立ってみたい場所のひとつです…!とはいえ、どのステージにもそれぞれの良さがありますし、まずは等身大のところから私のペースでひとつひとつ頑張っていきたいですね。いろんな景色を見せられる声優アーティストであり、表現者でありたいと思っていますので、見守っていてください!

取材:清水素子

シングル「ハピネス」2021年9月15日発売 KING RECORDS
    • 【CD+Blu-ray盤】
    • KIZM-695
    • ¥1,980(税込)
    • 【通常盤】
    • KICM-2097
    • ¥1,430(税込)

リリースイベント情報

1st Single「ハピネス」発売記念オンラインリリースイベント
10/03(日) 13:00〜(予定)
※配信はどなたでもご覧いただけます。
※アーカイブは10/03(日)23:59まで視聴可能です。
※生配信URLは後日公開いたします。

岡咲美保 プロフィール

オカサキミホ:『転生したらスライムだった件』で主演・リムル テンペスト役に抜擢されると、その表情豊かなキャラクター表現が高い評価を受け、その後も『ロード・エルメロイII世の事件簿』のイヴェット・L・レーマン役、『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」のメアリ・ハント役など、数々の人気作品に出演。さらに、『アイドルマスターシャイニーカラーズ』の市川雛菜役として出演したライヴイベントでは、高い歌唱力で脚光を浴び、2021年9月にはエネルギッシュなヴォーカルを武器にシングル「ハピネス」でアーティストデビューを果たす。岡咲美保 オフィシャルHP

「ハピネス」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着