一対一でときめきを手渡す

表情豊かな人は、魅力的だ。人生に身を任せて、笑ったり泣いたり怒ったり。一緒にいるだけで、ワクワクするアトラクションに乗っているような気持ちになる。
の音楽が多くのリスナーに親しまれているのも、そういったときめきを連れてきてくれるからではないだろうか。
圧倒的なポップセンスを保ったまま、彼らはいろんな日々に寄り添っていく。嬉しいことにも悲しいことにも、一対一で向き合い言葉を届ける。難しい表現やオシャレさを演出するための英語は用いず、日本語を基盤に想いを丁寧に手渡していくのだ。曲においても、シンプルなアプローチのなかでバラエティーを追求。どんな人も遠ざけない、人懐っこいときめきが人々を魅了してやまないのだ。
先日配信が開始された『花束のかわりに』は、バンド初となるフルアルバム作品。コロナ禍を経たからこそ、より鮮やかに感じるささやかな日々を紡いだ1枚だ。全国10都市を巡るアルバムリリースツアー『日常と愛のうた』も控えているので、合わせて注目したい。

the quiet room アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着