神はサイコロを振らない × キタニタツヤ

神はサイコロを振らない × キタニタツヤ

【神はサイコロを振らない
インタビュー】
バンド対キタニタツヤで殴り合う、
それを遊び感覚でやれた曲

“ライヴでできるのか?”
っていうぐらい
再現性においては難易度が高い

生音のファンクで、演奏も殴り合ってる感じがします。

吉田
一応、自分は調和のつもりでいたんですけど、やっぱりキタニのフレーズが特徴的っていうのもあって、その世界観がうまく出ていると思いますね。
黒川
ドラムに関して言うと、キタニくんが打ち込んできてくれたものを取り入れつつもアレンジしたいところは自分で結構変えていて。もともと打ち込みのパーカッションで入ってたフレーズを“ドラムでやろう!とか、神サイのグルーブ感をちゃんと作れて良かったです。

それにしても曲全体をブーストするギターリフを作る人ですね。

吉田
うんうん。あれも元デモの段階でもうあのままだったから、イントロで掴まれたのはありますね。

普通、16のカッティングとかしそうじゃないですか。

吉田
一応、裏では鳴っているんですよ。それも脇役で。意図的なカッティングにしているのにそれを脇役にして、メインのリフ考えるってさすがだなって思いましたね。
柳田
ボカロP出身の人って、アレンジもそうだし、発想が“なんでそいういくの!?”ってなるんですよね。まるで作り方が違う。だから、見ていて面白い。

何しろあっと言う間に掴まれて、あっと言う間に終わるスピード感で。

柳田
ですよね。これ、ライヴでできるんかな? 相当ムズいよね。ギターのカッティングも難しいでしょ?
吉田
難しい。コードもそうだし。キメの途中に三連のカッティングとか普通に入れてくるから(苦笑)、再現するにおいてめちゃくちゃ難易度高いです。

さて、世間を騒がせている「愛のけだもの」に続いて、アニメ『ワールドトリガー』の主題歌「タイムファクター」を担当されたと。2回目ってまた違いましたか?

柳田
そうですね。前回のエンディングから今回はオープニングなんで、またオープニングは雰囲気っていうかインパクトっていうか、パッと流れた時の“わっ!”っていう印象をまず考えました。前回はナチュラルなミディアムロックみたいな感じだたんですけど、今回はバンドサウンドからちょっとかけ離れて、シンセの音もふんだんに入っていたり。『ワールドトリガー』ならではのデジタル感みたいなのは、アニメサイドとも話ししていたんで、またちょっとチャレンジしたというか。いいものができたんじゃないかと思っています。

確かにエンディングとオープニングは役割が違いますよね。

柳田
全然違いますね、キャッチーさをどこまで出すべきなのかとかめっちゃ考えました。でも、いい意味で神サイぽいし、いい意味で神サイぽくないものになりましたね。
吉田
たぶん全部の楽器、今まで一番難しい。
柳田
プレイ的にもデジタル要素もあるけど、バンドはバンドでグルービーっていうか、わりと正統派なロックな部分もあったり、急にポストロックっぽいところも出てきたりする。でも、全部ちゃんと融合しているっていう複雑な曲ですね。

楽しみです! そして、おそらくこのインタビューが公開されるのが、ツアーファイナルの頃だと思うのですが、ライヴの現場も戻ってきてますね。今、フェスやライヴに感じることはありますか?

柳田
8月は『RUSH BALL』に出演して、すごく楽しかったんですね。でも、運営は大変なんだろうなって。お客さんもあれだけ制限の中でやって赤字どころの話じゃないと思うんですけど、なんとかしてフェスもライヴも続いていってほしい。

神サイはお客さんを入れたライヴはそこそこありました?

柳田
ちょいちょいあって、なんとか感覚を忘れないでいられてはいます。今のツアー(『Live Tour 2021「エーテルの正体」』)が終わって、『ワールドトリガー』のイベントがあって、あと大阪の『MINAMI WHEEL』に出たあと、制作期間にも入るんで、そこでどれだけいい曲を作って、次にツアーやった時に今回のツアーの何倍ものいいライヴができることを期待したいです、自分に。

取材:石角友香

配信シングル「愛のけだもの」 /神はサイコロを振らない × キタニタツヤ2021年9月17日配信リリース Virgin Music

『Live Tour 2021「エーテルの正体」』

9/22(水) 大阪・なんばHatch

神はサイコロを振らないの直筆サインを1名さまにプレゼント!
詳細はこちら:https://okmusic.jp/news/438483/
神はサイコロを振らない プロフィール

カミハサイコロヲフラナイ:福岡発4人組ロックバンド。2015年結成以降、ライヴシーンのど真ん中で経験値を積み上げる中、19年発表の「夜永唄」が20年にバイラルヒットし、同年7月に配信シングル「泡沫花火」でメジャーシーンへ進出。11月には配信 EP『文化的特異点』をリリースし、12月にはSpotify年間バイラルチャートのTOP10入りを果たす。そして、21年3月にメジャー1st シングル「エーテルの正体」をリリースし、オリコン&ビルボード、ウークリーチャートでTOP10入りをするなど、シーンでの存在感を目覚ましい勢いで高め続けている。神はサイコロを振らない オフィシャルHP

「愛のけだもの」Official Audio

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着