木村達成、桜井玲香ら出演 映画を愛
する人々を描いた、KERA CROSS 第四
弾『SLAPSTICKS』を三浦直之演出で上

2022年2月、シアタークリエにて(2021年12月にシアター1010でも上演)、KERA CROSS 第四弾として『SLAPSTICKS』を上演することが決定した。
本作の舞台は、サイレント映画からトーキーへ、転換期を迎えるハリウッド。激動の時代に映画作りに情熱を注ぐ人々を、映画への愛と希望に溢れる一人の青年を通じて描くロマンチック・コメディだ。
劇作家・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)により、1993年にナイロン100℃で初演され、2003年にはオダギリジョー主演で再演された本作。今回、主人公の若き助監督ビリー・ハーロックを演じるのは、『プロデューサーズ』や『ジャック・ザ・リッパー』など舞台での活躍に加え、大河ドラマ『青天を衝け』に出演するなど活躍の場を広げる木村達成。ビリーの初恋の人であるアリス・ターナー役には、乃木坂46を卒業し、ミュージカル『GHOST』や『ダンス・オブ・ヴァンパイア』などでその存在感を示す桜井玲香。そして、18年後のビリーには小西遼生が決定。さらに、壮一帆、金田哲(はんにゃ)、元木聖也、黒沢ともよ、マギーといった個性豊かな実力派が集結した。
また、KERA CROSS 第四弾の演出を務めるのは、幅広い世代から支持を得て、注目される若手クリエイターのひとり、三浦直之(ロロ)。三浦が挑む、劇作家・KERAの描く極上のロマンチック・コメディに期待しよう。
『SLAPSTICKS』
木村達成:ビリー・ハーロック役 コメント
また三浦直之さんと一緒に作品作りができることが、本当に嬉しいです!
今までは朗読や、短編の舞台でしかご一緒したことがなかったのですが、初めてのケラリーノ・サンドロヴィッチさん作品を一緒に作ることができる喜びはすごいです! 皆さんも一緒に心躍る、楽しんでいただける作品になると思います。
サイレントコメディに愛が深すぎるちょっとおバカな助監督ビリーにハラハラしたり、大笑いしたり、キュンとしたり……ロマンチック・コメディを存分に楽しんでいただけるよう真摯に演じたいと思います。劇場でお待ちしております。
桜井玲香:アリス・ターナー役 コメント
KERA CROSS、第三弾を観に行かせていただきました。体中が騒ぐほどの面白さでこの作品に出たかった! と思ったことを鮮明に覚えています。
この度、お話をいただいた時は驚きとともに、嬉しさで心が忙しかったです。私の演じる役は主演の木村さんが演じるビリーの初恋役、サイレントコメディ映画の伴奏者です。
誰しもが初恋の相手と再会するときに感じるような心の高鳴りを、ご観劇くださった皆様にも感じていただけるような作品にしたいです!
小西遼生:中年のビリー役 コメント
映画にまだ声のない時代。創成期のハリウッド。
そこに存在した映画を愛してやまない人々。
そんな垂涎ものの世界を描いた KERAさんの戯曲世界に入り込めると考えただけで、すでに今からとてもワクワクしています。
戻ることのない時代への憧れと愛情、愛惜が籠ったこの戯曲の世界へ、此度の演出家・三浦直之さんや、多彩な顔ぶれの役者陣、そしてご観劇下さるお客様と共にトリップ出来る日を、指折り数えて待ちたいと思います。
壮一帆:メーベル・ノーマンド役 コメント
憧れを持って観ていたKERA CROSSに参加できること、そして先日『逃げ恥』の朗読劇でお世話になった三浦さんと、再びご一緒できるのがとても嬉しいです。
KERA さんの唯一無二な会話のテンポ、言葉のチョイス、独特の世界観にワクワクしながら台本を読みました。
好きな時代の映画女優ということで、今から色んな妄想が止まりません。
演じる側として今回出演でき、本当に幸せです。
憧れの舞台をしっかりつとめあげられるよう頑張ります。
金田哲(はんにゃ):ロスコー・アーバックル役 コメント
オファーをいただいた時、凄まじ過ぎて逆にあまりピンと来ませんでした。
未知の世界です。今まで全く経験していない、脚本、役柄、規模なので必死になって踏ん張ります!
喜劇と悲劇の間を彷徨った伝説のコメディアン役という事で、この時代の人々の様に真剣に純粋に向き合いたいと思います。
ふつつか者ですが、よろしくお願い致します!
元木聖也:デニー役 コメント
今回、この歴史のある作品に出演する事が決まってとても嬉しいです。初演は僕が生まれた93年に上演されていて、そんな前からある作品なんだと驚きました! 『SLAPSTICKS』再演ver.を見ていて、いつの時代でも何かにかける情熱というのは、とても魅力的でパワーがあって惹きつけられるモノがありました。めまぐるしく変わる展開にとてもワクワクしました。今の世の中の映像は4Kやさらには8Kになって、時代の進歩が凄いですが、無声映画は音が無いからこそのお仕事がたくさんあったり、身体表現だけで伝えたりと、面白い部分がたくさんあるんだなと思いました。精一杯頑張っていきますので、楽しみにしていてください!
黒沢ともよ:ヴァージニア・ラップ役 コメント
まず、このような時勢に演劇に参加できる機会をいただけたことを心の底から感謝いたします。『SLAPSTICKS』は再演をDVDで拝見していたので「あの世界を生きられるのか」という喜びと、「あの時代を生きられるかしら」という緊張感から今はソワソワとしていますが、大好きなケラリーノ・サンドロヴィッチさんの作品を演出の三浦さんと新たに冒険できるこの機会に感謝し、めいっぱい楽しもうと思います。
年末年始にみていただくにふさわしい楽しい演目ですので、是非劇場に遊びにきていただけたら嬉しいです!
マギー:マック・セネット役 コメント
初めて NYLON100℃に客演したとき、俺24歳、KERAさん33歳。以来、ずっとリスペクトしてるオモシロ兄さん。その KERAさんが30で書いた脚本を、今の50手前の俺が読んで思った。
『この若造、フレッシュな才能を撒き散らしてやがる!』
さて、これを若いカンパニーがどう料理するのか。おじさんも24歳の頃と同様、オモシロに貪欲に、最年長らしからぬフレッシュな笑顔を撒き散らして挑む所存!
第四弾演出:三浦直之 コメント
偏愛の物語が好きです。たとえ他人には共感されなかったとしても、自分にとって特別でかけがえのないもの。
『スラップスティックス』はサイレントコメディを偏愛するひとたちの物語です。そして、KERAさんのサイレントコメディに対する偏愛の物語でもあるとおもっています。ぼくもこの作品に偏った愛をもちながら演出してみようとも
おもいます。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着