ゲーム『Fit Boxing』のアニメ『キミ
とフィットボクシング』放送開始 キ
ャストからコメントも到着

Nintendo Switchソフト『Fit Boxing』シリーズを原作としたアニメ『キミとフィットボクシング』が2021年10月1日21:54からTOKYO MXにて放送が開始されるが、それに合わせて出演者からのコメントが届いている。
本作はゲーム『Fit Boxing』シリーズに登場するインストラクターにフォーカスし、ゲーム画面の向こう側にある彼らの日常を記録した5分間のショートコメディ番組。
『キミとフィットボクシング』キャスト一覧 (c)Imagineer Co., Ltd.
【カレン役 鬼頭 明里 コメント】
ゲーム「Fit Boxing」のアニメ化という事で、アニメで一緒にボクササイズをしよう!という内容なのかな?と思ってきたら、キャラクターの細かい設定にフィーチャーしていたり、カレンが主人公の物語になっていたり、まさかのコメディシーンの多さに驚きました!ゲームを遊んでいただいている方にも、初めてこの作品に触れる方にも楽しんでいただけるアニメになっていると思いますので、是非放送を楽しみにしていただけると嬉しいです!
【ヒロ役 石田 彰 コメント】
どんな切り口でアニメ化するのか自分には全く想像がつかなかったので、どう料理されるのか、不安と期待が3:7といった感じでした。ヒロについて印象に残っているのは、どうやら猫をネコっかわいがりしているらしいことが伝わるシーンがあったことです。そういう表現があるとキャラクターに対する印象もまた膨らむでしょうから、トレーナーのチョイスにも影響するかもしれません。アニメ化ならではの付加価値をお楽しみください。
ジャニス役 釘宮 理恵 コメント】
ジャニス役を担当させていただきました釘宮理恵です。アニメ化の一報を聞いた時には驚きましたが、ゲームでご存知の皆さまはもちろん、アニメからご覧いただく皆さまにも楽しんでいただける作品になっていると思います!これで更にキャラクターに親近感など持てましたら、あとはレッツエクササイズ!ですね!!
【リン役 早見 沙織 コメント】
あのフィットボクシングがアニメ化⁉︎と驚きました。トレーナーたちの、何気ない日常のやりとりが垣間見えるのはここだけだと思います。リンは、真面目で正義感あふれる所は変わりませんが、アニメでは本人に自覚のないギャグテイストな台詞も多く、面白い収録でした。このアニメを見て、トレーニングを終えた後にはこんな世界が広がっているのかもしれないと、一層キャラクターたちに愛着を持っていただければ嬉しいです。お楽しみに!
【エヴァン役 中村 悠一 コメント】
あのトレーナーたちがアニメに?!みなさんどんな作品になるか想像もつかないと思います。何を隠そう自分もそうでした(笑)内容的にはどちらかというとゲームをプレイしてくださっている方に向いているかもしれません。ゲーム内ではあくまでもトレーナーとして接してくる彼らが、普段はどうしているかを見てください。見終わりまたゲームに戻った時、いつもとはちょっと違った印象になっているかもしれません!
【マルティーナ役 上坂 すみれ コメント】
まさかのアニメ化!!とても嬉しいです!ゲームでのマルティーナは常に元気いっぱいで、プレイヤーを褒めまくってくれる素敵なインストラクターさんですが、アニメは彼女の元気の源がなんとなくわかるような内容になっています。エクササイズのお供に、ぜひご覧ください!
【ソフィ役 小清水 亜美 コメント】
各トレーナーのゲーム内では描かれていない日常が垣間見れるアニメになっていて、私はシナリオで笑いました(笑)すごい〇〇もご注目です!!
【ラウラ役 田中 敦子 コメント】
アニメ化と伺い、エクササイズゲームのキャラクターを生かしてどのようなストーリー展開になるのかドキドキしていましたが、12本のショートアニメと知ってワクワクしました。ラウラはトレーナーの中でお姉さん的な立ち位置ですが、カレンとのコミカルな掛け合いもあります。ゲームのエクササイズと合わせて是非楽しんでくださいね。
【ベルナルド役 大塚 明夫 コメント】
アニメ化と聞いた途端にストーリーは?と不安になりましたが、案ずるより産むが易し。なるほどねと感心しました。ベルナルド君がけっこうイジられてると思います。皆さまどうぞお楽しみに!
アニメ放送開始を記念して、『Fit Boxing 2』ソフトやアニメオリジナルステッカーが当たるTwitterキャンペーンも実施中。シャンペーンの詳細はFit Boxing公式Twitterを確認してほしい。
『キミとフィットボクシング』放送開始記念キャンペーン (c)Imagineer Co., Ltd.
これまで見ることのなかった『Fit Boxing』キャラクターの新たな一面が見られる本作。本ゲームをプレイしている人にとって見逃すことのできない作品だ。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着