幾田りら「ロマンスの約束」が“今日好き”主題歌に!歌詞の意味を考察

幾田りら「ロマンスの約束」が“今日好き”主題歌に!歌詞の意味を考察

幾田りら「ロマンスの約束」が“今日
好き”主題歌に!歌詞の意味を考察

「ロマンスの約束」は1年以上前の楽曲

幾田りら - 『ロマンスの約束』【OfficialMusicVideo】
『ロマンスの約束』がABEMAで配信される『今日、好きになりました。』シリーズ最新作『今日、好きになりました。向日葵編』の主題歌として起用されることが決定しました。
以下では『今日、好きになりました。』を“今日好き”の略称で記載します。
2021年9月6日に“今日好き”の公式YouTubeチャンネルで『ロマンスの約束』が使用された特別映像が公開され、番組の雰囲気とぴったりだと話題です。
しかし、実は『ロマンスの約束』は“今日好き”のためのオリジナル曲ではなく、2020年3月11日にリリースされたアルバム『Jukebox』に収録されている楽曲です。
1年以上前にリリースされていたことに驚いた方も多いのではないでしょうか。
2020年3月11日に公開されたMVは福島県のご夫婦を訪ねた映像となっており、MVが公開された日付は3月11日。
『ロマンスの約束』には東日本大震災への特別な想いが込められていることが分かります。
この視点から歌詞を詳しく見てみましょう。
不安な日々に寄り添う歌詞のあたたかさ
ロマンスの約束 歌詞 「幾田りら」
https://utaten.com/lyric/nm20071601
楽曲に東日本大震災への想いが込められていると想定すると「頬を濡らすような眠れない夜」という歌詞は、余震や大切な人の安否が不安で眠れない状況を指すのかもしれません。
そのような状況で支えになるのは大切な人の「心地いい左肩」であり「沢山の愛」です。
「終わりはないと言って抱きしめて」という歌詞がありますが、“ロマンスの約束”というのは大切な人との「一生支え合おう」という約束なのかもしれません。
不安な日々が続いたとしても終わることのない愛のあたたかさを表現した歌詞だといえそうです。
ロマンスの約束 歌詞 「幾田りら」
https://utaten.com/lyric/nm20071601
「二人で進み始めたこの列車」というのは夫婦で共に生きると決めた人生のことを指すと考えられそうです。
「もしも行き先を見失ったなら」というのは、二人の関係が上手くいかなくなる状況を指しているのかもしれません。
しかし、歌詞は「その場所でまた始めよう」と続きます。大切な人との関係を終わらせるのではなく、続けていきたいというメッセージだと捉えられそうですね。
大切な人と「ずっと一緒にいたい」という気持ちが込められた楽曲だと推測できます。
“今日好き”の主題歌としてリアレンジ
2020年3月11日に公開されたMVでは20代、40代、60代と幅広い年齢層のご夫婦が出演しており、楽曲としても優しく落ち着いた雰囲気がありました。
歌詞としても夫婦間の愛情を歌っているような印象を受けます。
“今日好き”の主題歌として起用されるにあたり、『ロマンスの約束』はリアレンジされました。
ポップなアレンジになったことで、高校生の恋愛番組である“今日好き”により合う楽曲となったように思います。
ロマンスの約束 歌詞 「幾田りら」
https://utaten.com/lyric/nm20071601
「これから二人過ごしていくために」という歌詞は、これから夫婦になっていくかもしれない高校生カップルにぴったりな言葉に聴こえますね。
ロマンスの約束 歌詞 「幾田りら」
https://utaten.com/lyric/nm20071601
「天秤はいつも傾くけど」という歌詞を、二人の気持ちがすれ違うこともあるという意味だと解釈すれば、恋愛模様をリアリティに描く番組のコンセプトとも合うように思います。
アレンジによって生まれ変わり、高齢の夫婦にも高校生カップルにも響く楽曲になったと言えるでしょう。
シンガーソングライター幾田りらの活躍
幾田りらはYOASOBIのボーカルikuraのイメージが強いですが、シンガーソングライターとしても人気があります。
今回は『ロマンスの約束』に焦点をあてて歌詞を考察しましたが、2021年3月に配信リリースした「Answer」が、東京海上日動あんしん生命「あんしん就業不能保障保険」CMソングに起用されるなど、タイアップ曲も多くあり大活躍中です。
これからも彼女のあたたかい感性で紡がれる楽曲が聴けると思うと楽しみですね。
今後のアーティスト情報から目が離せません。

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着