前田愛郎が11月に、12月にはUNDER F
ALL JUSTICEが会場/オンライン限定シ
ングルを発売!!年内最終カルトも決定
!!

 UNDER FALL JUSTICEが10月28日に今池3STARに行うハロウィン祭『〜赤札〜選ばれし教團と教徒』のチケットが、発売後即効でSold Out。その反響を受け、当日ツイキャス配信が決定した(https://twitcasting.tv/3star_imaike/shopcart/103195)。彼らが、どんな仮装した姿で一夜の宴を繰り広げるのか、配信を通し、あなたもHALLOWEENらしいスタンプをコメント欄に書き込みながら祭に参加してはどうだろうか。

9月にミニアルバム『異常なまでに君に執着する僕と君』を発売したばかりのUNDER FALL JUSTICEだが、早くも12月13日にシングル『闇と光のシンデレラ』を発売する。今回は、ライブ会場&オンライン限定。しかも、あえて100枚限定での発売。限定枚数盤に関してはいつもそうだが、今回はとくに争奪戦になりそうだ。タイトルに記されたファンタジックな言葉の中身も気になる。闇という言葉が示すように幸せに包まれた歌でなければ、それはUNDER FALL JUSTICEには不似合いのように、一筋縄でいかない楽曲であることは想像がつく。そのうえで、シンデレラがどんな深い闇を変えているのか…。そこはぜひ、探ってみたい。
UNDER FALL JUSTICEのヴォーカリストの前田愛郎は、バンド活動と並行する形で定期的にソロ作品もリリース続けている。今回、UNDER FALL JUSTICEの新作より1ヶ月先駆け、11月12日に最新ソロシングル『僕だけの君..』を発売する。こちらも、ライブ会場&オンライン限定。しかも、あえて100枚限定で発売。この作品も、UNDER FALL JUSTICEのシングル『闇と光のシンデレラ』と連動しているのか。バンド活動とは関係なく、あくまでも前田愛郎自身の新しいアプローチを示した作品なのか、こちらも詳細が出るまで、いろいろと想像を巡らせていようか。
今回、UNDER FALL JUSTICEの年内のライブスケジュールも発表になった(追加の可能性もあり)。今回、前田愛郎/UNDER FALL JUSTICEとしての会場限定新作の発売があることから、11月27日に名古屋MUSIC FARMで前田愛郎のソロワンマン公演が。12月9日には名古屋今池3STARで「懺悔の儀式」と題した単独カルト(ワンマン)公演も決定した。
さらに、12月27日には名古屋ell.sizeで「名古屋暗黒腐食再来」と題した年内最後の単独カルトが行われる。2021年は、年間通して「名古屋暗黒腐食再来」と題したカルトシリーズを続けてきたように、同シリーズもついに最終回を迎える。どんな集大成した公演になるのか、こちらも気になるところだ。
現状は、地元名古屋のみの公演になるが、世の中もいろんな制限が解除になったように、足を運べる方は名古屋の美味しい食べ物も味わいつつ、狂気の世界も彼らの地元で存分に味わい尽くしていただきたい。

TEXT:長澤智典
★インフォメーション★
UNDER FALL JUSTICE
ライブ会場&オンライン限定シングル 2021年12月13日発売
『闇と光のシンデレラ』
型番:SWUF-13 / 発売元:Starwave Records / 価格:2,000円(税込) / 完全限定100枚
前田愛郎
ライブ会場&オンライン限定ソロシングル2021年11月12日発売
『僕だけの君..』
型番:SWAI-3 / 発売元:Starwave Records / 価格:2,000円(税込) / 完全限定100枚
ライブスケジュール
『2021〜名古屋暗黒腐食再来〜』
2021年10月14日 名古屋MUSIC FARM
2021年10月28日 今池3STAR
2021年11月5日 HOLIDAY NEXT NAGOYA
2021年11月19日 名古屋ell.size
2021年11月27日 名古屋MUSIC FARM(愛郎ソロワンマン)
2021年12月9日 名古屋今池3STAR(懺悔の儀式〜単独〜)
2021年12月20日 名古屋ReNY limited
2021年12月27日 名古屋ell.size(〜名古屋暗黒腐食再来〜最終単独カルト)          
2021年10月28日(木) 18:30
『〜赤札〜選ばれし教團と教徒』配信
UNDER FALL JUSTICE twitter

アーティスト

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着