松田聖子、「瞳はダイアモンド」初と
なるミュージックビデオを公開

昨年デビュー40周年を迎え、「松田聖子の”これまで(過去)”と“これから(未来)”が楽しめるアルバム」というコンセプトで、新曲と名曲セルフカバーをレコードのA面B面のように5曲ずつ収録したアルバムの最新作、続♡40周年記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2021」(10月20日発売)に収録されるセルフカバー楽曲「瞳はダイアモンド〜Diamond Eyes〜」の初となるミュージックビデオ映像が公開となった。
セピア色の世界に、深紅のリップでブラックドレスに身を包んだ松田聖子。雨の降る窓辺に佇み、切なくも美しい同曲の世界観が表現されている。主演に加えて、自ら監督を務めており、男女の別れを象徴するインサート映像は、出演者に楽曲心情や映像イメージを丁寧に伝えながら演技指導し、細部までこだわりのディレクションを施した。
そして何よりの見所は、松田聖子の瞳から溢れる一筋の“涙”。楽曲タイトルを象徴するシーンとなっている。本人も、「切ないですけど、決して後ろ向きではなく、前向きな素敵な楽曲です。」と語る同曲。初となるMUSIC VIDEOは、大人の女性となった”今の松田聖子だからこそ”表現できる哀愁と、前を向こうとする女性の美しさを、見事に映し出した映像に仕上がっている。「青い珊瑚礁〜Blue Lagoon〜」「時間の国のアリス〜Alice in the world of time〜」MVで魅せたアクティブな姿と今作を見比べながら、彼女の“表現力の幅”を楽しんでみてほしい。
「瞳はダイアモンド〜Diamond Eyes〜」ミュージックビデオ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着