一曲の音楽で人生が変わることだって
ある――『Songful days SEASON2 wi
th "H-el-ical//" powered by SPICE
』【終演後コメント動画も到着】

声優のナレーションによる物語、新鮮なアコースティックアレンジ、アニソン系アーティストの知られざる音楽性と表現力の深み、そして「迷い込んだ森の奥で見つけた音楽会」というトータルコンセプト。Streaming+によるオンラインライブで復活した『Songful days SEASON2 powered by SPICE』が、予想を超える大きな反響を呼んでいる。9月22日に公開された第一回はReoNaが、絶望を抱えながらも美しい孤独と暗闇に彩られた独自の世界観を、シネマティックな映像美と共に披露し、強烈なインパクトを残してくれた。
そして第二回に登場するのは、2018年3月3日に両国国技館で開催された『Songful days』にも、Kalafinaのメンバーとしてステージに立っていたHikaruのソロプロジェクト、H-el-ical//だ。エクスペリメンタルなロックサウンドにクラシックやエレクトロニカの要素を掛け合わせた、多層的な魅力溢れる音楽性が、オンラインの幻想空間の中でどんなふうに生まれ変わるのか。またも予想を超える予感しかしない、新しい音楽の旅が始まる――。
「柔らかな日差しが木々の隙間から差し込んでくる――」
旅人を待ち受けていたのは、明るい陽射し、鳥の声、せせらぎの音に包まれた美しい森の映像と、声優・羽多野渉が感情豊かに語りかける、物語の始まりのエピソード。画面がゆっくり移り変わると、いよいよH-el-ical//の登場だ。ピアノ、ウッドベース、アコースティックギターのシンプルな編成の中に、驚くほどの熱量を秘めたリズムの強さにいきなりたじろぐ。
撮影:アンザイミキ
撮影:アンザイミキ
曲は「Amanhecer」だ。Hikaru//はタイトな黒のデニムパンツに、黒とブラウンのカットソー。歌のパワーはもちろん、こちらを見つめる憂いのこもった瞳のパワーがすごい。アコースティックギターが軽快なストロークを刻む「風-Struggle to admit」も、明るい曲調の中に仕込んだ暗く激しい情熱が、ひたひたと迫り来る1曲。アコースティックといえども、いや、だからこそ、H-el-ical//の本質があらわになる。画面から目が離せない、スリルたっぷりのオープニングだ。

「どうだい? 興味が出てきただろ…? 続きが聞きたいかい…?」
スクリーンの中の森は、刻一刻と色や形を更新してゆく。かつてここで起きた出来事の続きを語る、羽多野渉のよく通る声が、次の物語への興味をうながす。ステージではHikaru//が、TVアニメ『禍つヴァールハイト -ZUERST-』EDテーマ「disclose」を歌いだす――。
撮影:アンザイミキ
撮影:アンザイミキ
そのすさまじい激しさと情熱を、どんな言葉で表現すればいいだろう。それはオペラのアリアのように劇的で、舞台女優のように表情豊かで、声を絞り出して歌いあげる、鬼気迫る激唱と呼ぶ以外に言葉がない。ウッドベースが華麗な弓弾きを披露するリズミックなバラード、TVアニメ『グレイプニル』オープニングテーマ「Altern-ate-」も、H-el-ical//らしい不穏な重厚さが支配する、エモーショナル度満点の1曲だ。
「旅人は吟遊詩人、夜の酒場に集う村人たちに歌を披露する――」
スクリーンの中の物語は、形を変えて続いてゆく。そしてシーンが変わり、あかあかと燃える暖炉の前でHikaru//が歌いだす。4ビートのジャズの軽快なグルーヴに衣替えした「千日紅」は、初めて聴く新曲のように耳に心地よい。Hikaru//は黒とブラウンのロングコートを身にまとい、R&Bマナーのフェイクをまじえながら素晴らしいアルトボイスを響かせる。
撮影:アンザイミキ
撮影:アンザイミキ
一転して「landscape」では、まるで月の光を浴びながら歌っているようなスポットライトのもと、クラシカルでメロディアスなバラードの世界を堪能させてくれる。月が照らす場所、心癒える場所、遠く木霊する声は唄い――。歌詞にシンクロして脳内イメージをぐっと広げてくれる、光、演奏、映像、そして歌。トータルコンセプトを持つ『Songful days SEASON2』の醍醐味ここにありだ。
撮影:アンザイミキ

「君はどんな世界を見てきたんだい? 君はどんな世界を見にいくんだい?」
物語はそろそろ終盤に近付いたようだ。スクリーンの中の森は1日をめぐり、四季をめぐり、鮮やかな紅葉に彩られた秋の訪れを知らせる。「シオン」を歌うHikaru//の表情は、さっきまでの激情とは一転して、笑顔さえ見せてくれるほどに穏やかで優しいものに変わった。止まらない、戻らない、進むだけだから――。こんな時代だからこそ、明るさに満ちたグルーヴィーなアコースティックアレンジだからこそ、力強く明日を見つめる言葉がまっすぐに飛び込んでくる。
「あなた達それぞれの人生が、どうか今より彩を得られますように――」
先を急ぐ旅人と、物語の尽きない語り部との幸せな遭遇に、終わりの時が来た。幻想のスクリーンの中で旅人を見送るナレーションが、「一曲の音楽で人生が変わることだってある」という『Songful days SEASON2』のもう一つのコンセプトと重なり合う。
撮影:アンザイミキ
現実のステージの上では、そっと胸に手をあて、真心こめて「紡-TSUMUGU-」を歌うHikaru//がいる。君がいるからここにいられる。この瞬間を選んでくれたから――。違う町で同じ月を見ている誰かのように、それぞれの場所で同じ音楽を聴いていた特別な夜の最後に、これほどふさわしい1曲はないだろう。メンバーとアイコンタクトを交わし、ばっちり演奏を締めくくったHikaru//が、とびきり素敵に笑っている。
撮影:アンザイミキ
阿修羅のごとく暗く激しい情熱から、聖母のごとく包み込む慈愛の表情まで。アコースティックサウンドに乗せて表現しきったH-el-ical//の『Songful days SEASON2』のパフォーマンスのアーカイヴ再生は、10月15日(金)23:59までだ。オンラインならでの演出で、これまで見たことのないアーティストの本質さえもあらわにしながら、『Songful days SEASON2』は続いてゆく。第3回、第4回のアナウンスが早くも待ち遠しい。
撮影:アンザイミキ
レポート・文=宮本英夫 撮影=アンザイミキ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着