宮野真守、約2年ぶりの有観客アリー
ナライブで「みんなのこれからの“道
標”に僕はなりたい」

撮影:hajime kamiiisaka 声優・俳優・歌手として活動する宮野真守が、約2年ぶりとなる有観客アリーナライブ「MAMORU MIYANO COMEBACK LIVE 2021 ~RELIVING!~」を10月9、10日に神奈川・ぴあアリーナMMで開催した。
 全4公演の幕を飾る「STAGE 04」は、2019年9月8日に横浜アリーナで開催された「MAMORU MIYANO ASIA LIVE TOUR 2019 ~BLAZING!~」からの762日間をカウントダウンするオープニング映像でスタート。黒のロングジャケットに身を包んだ宮野は「2年ぶりの有観客ライブです。この景色に会うために頑張ってきました。まだまだ苦しいことがあると思うけど、僕らが証明します。みんなのこれからの“道標”になります。これからの道のり、みんなが迷わないように僕らを見て一緒に歩いてください!」とファンに呼びかけ、「MILESTONE」「ZERO to INFINITY」などの楽曲を歌いあげた。
撮影:hajime kamiiisaka撮影:hajime kamiiisaka また、7月にリリースされたニューシングルの表題曲「Dream on」も披露。恒例のバラードコーナーでは、純文学の世界に触れて誕生したという「残照」が歌われた。
 宮野は、初のドーム公演になるはずだった21年の「MAMORU MIYANO SPECIAL LIVE ~LIVING!~」が新型コロナウイルスの感染拡大により中止になった無念を語りつつも、「この『RELIVING!』の中には『LIVING!』が含まれているんです。『LIVING!』の魂を携えながらこのライブは行っています。あの時の想いはしっかり今につながっています」と明かし、「『RELIVING!』になってから新しく生まれ変わらせられるんじゃないかと思った曲」として、新たなアレンジを施した「LAST DANCE」を熱唱した。
 バラエティコーナーでは、宮野が蛇賀池照役で出演するテレビアニメ「うらみちお兄さん」の挿入歌「試食でめっちゃ美味しかったパン買って帰ると普通なのなんで」も軽やかに歌いあげた。
撮影:hajime kamiiisaka ダンスリミックス曲中心のメドレーや、ライブの定番ナンバー「Kiss×Kiss」などを経た終盤では、宮野が「また“声”を出して喜びあって、肩を寄せ合って。思い切り想いを共有できるのを信じて、そこから生まれるエンタメの道標に僕はなりたいと思います」と宣言。ラストナンバーとして「透明」を披露し、ステージを後にした。
 アンコールでは、宮野が「こうやってライブができているなんて本当にうれしい。感慨深いね。『RELIVING!』4公演、ついに最後の最後まで来ました。それはみんなの心がひとつになったからです。本当にありがとうございます」と2日間にわたるライブを完走した心境を語り、アンコール曲「オルフェ」で公演の幕を閉じた。
撮影:hajime kamiiisaka さらに、鳴り止まない拍手を受けて急遽再登壇した宮野は「なんとか4回、全力で僕の伝えたいことをみんなに伝えられたと思います。本当にみなさん受け取ってくれてありがとうございました! さよならは言わない、絶対、また会おう!」とファンたちとの再会を約した。
撮影:hajime kamiiisaka なおライブの模様は、U-NEXTほかでのアーカイブ視聴が可能。「STAGE 01」「STAGE 02」が10月16日、「STAGE 03」「STAGE 04」が10月17日までの期間限定での有料配信となっている。
【セットリスト】
MAMORU MIYANO COMEBACK LIVE 2021 ~RELIVING!~ STAGE04
1. MILESTONE
2. ZERO to INFINITY
3. Question
4. HELLO!
5. Mamo×Jin RELIVE MIX(Magic~The Birth~EVER LOVE~Identity)
6. Follow Me Now
7. Dream on
8. 残照
9. LAST DANCE
<バラエティコーナー>
「試食でめっちゃ美味しかったパン買って帰ると普通なのなんで」(テレビアニメ「うらみちお兄さん」劇中歌より)
10. LIFE
11. 「MM×sty RELIVE MIX」(SHOUT!~BLACK OR WHITE~IT'S THE TIME ~POWER OF LOVE~EXCITING!~THANK YOU)
12. Kiss×Kiss
13. 光射す方へ
14. 透明
アンコール
15. オルフェ

新着