下野紘と梶裕貴によるオーディオ小説
第2弾「no doubt+1」10月12日から配
信 新キャラ役に悠木碧

 菓子メーカーのブルボンによる下野紘と梶裕貴出演のオーディオ小説第2弾「no doubt+1(ノーダウトプラスイチ)」が10月12日から配信される。全4話で公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UC8UW0OHgo_FtkF4orKd2S4Q)」から順次配信。あわせて、同日にオーディオ小説をもとに制作したテレビコマーシャルの放送、19日に「no doubt」とロックバンド「マカロニえんぴつ」が歌うテーマソング「トマソン」のコラボミュージックビデオのプレミア公開も決定している。
 原作は、ブルボン商品「濃厚チョコブラウニー」とのタイアップにより、「君の膵臓をたべたい」の住野よる氏が書き下ろしたオリジナル小説。「理由のない感情を尊重する」をテーマに、第1弾では、男子高校生のイマイ(CV:下野)とイガラシ(梶)が何気なく過ごす青春の日々を描いた。第2弾では、「小説やお菓子を含め、生きることに直接は必要なさそうなものが、心に余白を作り人を豊かにする」をテーマに、濃厚チョコブラウニーと青春の一部をともに過ごしたイマイとイガラシの関係性を、大学生になったイマイの彼女であるコバヤシ視点で描く。キャラクターデザインは、第1弾から引き続いて住野氏とのタッグ経験もあるイラストレーターのいつか氏がイラストを担当する。
 コバヤシを悠木碧が演じることも明らかとなり、第1話では高校時代の同窓会を開くためにクラスメイトだったイガラシの連絡先をコバヤシがイマイに尋ねるやりとりが展開する。悠木は「イマイとイガラシに2人だけの名前がつけられない関係があるように、イマイとコバヤシ、イガラシとコバヤシにも、それぞれの名前がつけられない関係があって、それが人との関わりの醍醐味なんだよなぁと染み入るお話でした」とコメントしている。
 下野は「『イマイ』と『イガラシ』の話の続きができると思っていなかったので、またやれるんだという喜びとともに、『イマイ』と『イガラシ』って連絡を全然とっていないのだけれど、成長してもなにかどこかで繋がっているというのを今回の話で感じることができ、次回もあるのかななんて期待をすでに僕自身してしまいます」と期待を寄せ、梶は「高校時代の『イガラシ』は、なかなか掴み所がなく不思議な空気をまとった男の子でした。そんな彼が大学生になって、そしてこれから社会人へ……というタイミングで、どのような変化を迎えているのか、自分の中でたくさん考えて演じました。難しくもあり、とても楽しかったです」と収録を振り返っている。
 このほか、ブルボンの公式YouTubeチャンネルで公開中のメイキング映像には、コバヤシ演じる悠木が天の声として、下野と梶にインタビューする様子も収録されている。キャスト、住野よる氏、いつか氏、マカロニえんぴつのコメント全文は以下に掲載。
【下野紘(イマイ役)】
「イマイ」と「イガラシ」の話の続きができると思っていなかったので、またやれるんだという喜びとともに、「イマイ」と「イガラシ」って連絡を全然とっていないのだけれど、成長してもなにかどこかで繋がっているというのを今回の話で感じることができ、次回もあるのかななんて期待をすでに僕自身してしまいます。
是非ともたくさんの方に、彼らが果たしてどんなストーリーを紡いでいるのか聞いてもらえるとありがたいです。
【梶裕貴(イガラシ役)】
この作品をふたたび読むことができ、そして、皆さんに触れていただけることがとても嬉しいです。
高校時代の「イガラシ」は、なかなか掴み所がなく不思議な空気をまとった男の子でした。
そんな彼が大学生になって、そしてこれから社会人へ……というタイミングで、どのような変化を迎えているのか、自分の中でたくさん考えて演じました。
難しくもあり、とても楽しかったです。時を経て少し大人になった彼らと、それに伴う関係性の変化を、リアリティをもって感じていただけたらなと思っています。
【悠木碧(コバヤシ役)】
住野先生の作品の食べ物と日常の描写が本当にほんっとうに大好きで、食べ物と日常の描写が本当に素敵で、役と一緒に、コバヤシの過去を懐かしく感じるとともに、口の中が美味しくなっちゃいました笑。
イマイとイガラシに2人だけの名前がつけられない関係があるように、イマイとコバヤシ、イガラシとコバヤシにも、それぞれの名前がつけられない関係があって、それが人との関わりの醍醐味なんだよなぁと染み入るお話でした。
是非!濃厚チョコブラウニーと一緒にお楽しみください!
【住野よる(原作者)】
この度、濃厚チョコブラウニーのCM原作小説「no doubt」の続編を書かせていただきました!
せっかくのもう一回ということで、今回は出演されている悠木さん、梶さん、下野さんのお声や、いつかさんのイラスト、マカロニえんぴつの皆さんが演奏される「トマソン」をおおいに意識して話や台詞を作りました。
大学生になったコバヤシ達の日々が、触れてくださった方の良い余白になることを祈ります。
そして、たくさんの人の美味しい笑顔の真ん中にあるだろう濃厚チョコブラウニーにこの物語で少しでも華を添えることが出来ていたら嬉しいです。
【いつか(キャラクターデザイン)】
前回の「no doubt」の続き、第2弾「no doubt+1」制作のお話をいただきとても楽しみにしていました!
イマイ君の大学生姿を描けるとは思っていなかったので嬉しいです。
高校生から大学生になり就職活動を終えて、少し大人びて落ち着いた雰囲気になっているイマイ君をイメージして描かせていただきました。
コバヤシさんは前回、イラストでは登場していなかったので、楽しくのびのびと描かせていただきました。
【マカロニえんぴつ(テーマソングアーティスト)】
「トマソン」という楽曲は、遊び心やウィットに富んだものになっています!
MVには素敵なアニメーションもついていて、いろんな化学反応が起きてそうです。
よければみなさん、繰り返し見て楽しんでください。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着