Task have Fun熊澤風花、アイドルド
ラフト会議第1巡で指名被り

9月26日放送の『ねる、取材行ってきます』(フジテレビ系)では、緑担当の現役アイドルが理想のグループを作るドラフト会議が行われ、純情のアフィリアの渚カオリとバンドじゃないもん!の望月みゆが、第1巡でTask have Fun熊澤風花を指名被りする展開となった。渚カオリ、熊澤がセンターなら私は端っこで大丈夫渚は、熊澤を第1巡で選んだ理由として「Task have Funは全員がセンターを取れるくらいポテンシャルがバカ高いユニット」とグループのレベルの高さを説明し、「その中でもセンターを取っているのが風花ちゃん」と熊澤の実力の高さを語った。渚は、熊澤のビジュアルにも惚れ込んでいるようで「すれ違いざまにいつも可愛いと思っている」と話した。しかしその熱意のあまり「勇気が出なくてTwitterすらフォローできない」と明かし一同を驚かせた。熊澤を溺愛する渚は、「風花ちゃんがセンターになってくれたら私の作ったグループも売れるかなと思っている」というコメントをし、MCかまいたち・濱家隆一に「カオリちゃんがセンターじゃないの?」と質問を投げられる。これに対し渚は、「風花ちゃんがセンターなら私は端っこで全然大丈夫です」と、真顔で答え一同爆笑。MC長濱ねるにも「自分のグループなのに」と突っ込まれた。それでも渚は、「端っこがいいんですよ緑は」とグループ内での緑担当のポジションを明かした。渚のこのコメントに対し濱家は、「緑担当はやっぱり冷静な目線あるな」と緑担当の良さを話した。望月が熊澤を選んだ理由望月は「風ちゃんと映画に出演したことがあって」と話し、熊澤との仲を渚にアピールした。これに対し渚は、「これマウントです!」と怒りをみせた。濱家はすかさず、「Twitterフォローしてる?」と望月に聞き、望月は笑顔で「もちろん、相互フォローです」と仲の良さを見せつけた。渚はこのアピールに対し「共演してたらそりゃするでしょ」と叫び、悔し気な表情を見せた。指名被りということで熊澤の指名権はくじ引きになり望月は、「熱量関係ないのよね」と不安げな表情。くじの結果望月が交渉権を得て、喜びのあまり飛び跳ねて喜んだ。今回のドラフト会議でできたグループのうち1つは、東京アイドルフェスで実際にステージを披露することが決まっている。※トップ画像は『ねる、取材行ってきます』公式サイトのスクリーンショット

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着