細野晴臣、ライブ・ドキュメンタリー
『SAYONARA AMERICA』予告編解禁

Image by ⓒ2021“HARUOMI HOSONO SAYONARA AMERICA”FILM PARTNERS

11月12日(金)より、シネスイッチ銀座、シネクイント、大阪ステーションシティシネマ他にて全国順次公開される細野晴臣のライブ・ドキュメンタリー『SAYONARA AMERICA』の予告編が解禁された。
細野晴臣デビュー50周年記念ドキュメンタリー映画『NO SMOKING』の公開から2年。今作は新たに2019年にアメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルスで開催された貴重なライブ映像と細野晴臣の直近のトーク・シーンをまとめた作品となっている。

今回解禁となった予告編では、「久しぶりにギターを持った。もう2年も触ってなかったなぁ」という言葉とともに屋上でひとり、ギターを片手に佇む細野晴臣の姿が。2021年夏、「突然現れたウィルス。このパンデミックは、世界的なオペラのように感じる」と静かに語る場面から、2019年アメリカでのライブの熱狂へと。5月28日、29日にニューヨークのグラマシー・シアター、6月3日にロサンゼルスのマヤン・シアターで開催されたライブのチケットはすぐに完売。ライブ当日はファンが長蛇の列になった伝説のライブの感想を嬉々として語る観客たち。ファンで埋め尽くされた客席は、細野の登場で熱を帯び、細野晴臣の音楽に酔いしれていく様子が予告編からも伝わってくる。
前作の『NO SMOKING』に続き監督を務めた佐渡岳利監督は、「今回の映画は、『NO SMOKING』でも一部紹介した、細野さんの2019年のアメリカ・ツアーを主題にしたライブ・ドキュメントです。タイトルの『SAYONARA AMERICA』は細野さんご自身がつけてくださいました。映画を最後まで観ていただけると、細野さんがこのタイトルをつけた意味が良くわかっていただけると思います。アメリカへの愛、音楽への愛、そして楽しくてチャーミングな細野さん満載のこの映画は、世界が変わらざるをえないこの時代だからこそ伝えたいメッセージがたっぷりつまった作品です」とコメントしている。

なお、本作のテーマ曲は細野晴臣によるはっぴいえんど「さよならアメリカ さよならニッポン」のセルフ・カバー。こちらは「Sayonara America, Sayonara Nippon」として、11月3日(水)にリリースされる。


【映画情報】
ARTWORK TOWA TEI & TOMOO GOKITA

『SAYONARA AMERICA』

11月12日(金)より、シネスイッチ銀座、シネクイント、大阪ステーションシティシネマ他にて全国順次公開

■ 映画 オフィシャル・サイト(https://gaga.ne.jp/sayonara-america/)


【リリース情報】

細野晴臣 『Sayonara America, Sayonara Nippon』

Release Date:2021.11.03 (Wed.)
Tracklist:
1. さよならアメリカ さよならニッポン

■ 細野晴臣 オフィシャル・サイト(http://hosonoharuomi.jp)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着