『New Music Wednesday [Music+Talk
Edition]』今週のカバーを飾ってい
るのはアルバム『Strides』がリリー
スされた小袋成彬

毎週水曜日に、その週の新曲を中心に更新されるSpotifyのプレイリスト『New Music Wednesday』。このプレイリストの中身をさらに深掘りするSpotify公式ポッドキャスト『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』では、プレイリストだけでは知ることのできないエピソード、そしてSpotifyのエディター(プレイリストを構成している人たち)のこだわりなどを紹介していく。この番組をチェックすると話題の新曲が知ることができて、今の音楽シーンがまるわかり! ポッドキャストはあなたの通勤、通学、スキマ時間に無料で聴くことができるので是非チェックを! ナビゲーターは竹内琢也。SPICEでは番組でピックアップされた楽曲を掲載。今週は『New Music Wednesday』のカバーを飾っている小袋成彬の楽曲を中心に13曲を紹介。
小袋成彬「Butter」
小袋成彬が10月13日(水)に、2019年のアルバム『Piercing』から2年ぶりとなるアルバム『Strides』をリリースしました。収録曲は7曲というコンパクトなアルバムです。2曲目の「Rally」、そして7曲目の「Parallax」は宇多田ヒカルと共作詞、そしてヒップホップ・クルーのKANDYTOWNメンバー、MUD(マッド)もアルバムに参加。Spotify 『New Music Wednesday』にはこのアルバムから「Butter」がピックアップされています。
KM、Daichi Yamamoto「81 seconds(Theme of +81 Connect)」
9月に公開されたSpotifyのヒップホッププレイリスト+81 Connect。Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、LEX、Leon Fanourakisなど、国内のヒップホップシーンで活躍するアーティスト達をアンバサダーとして起用している、日本のヒップホップカルチャーを発信するプレイリストです。この「81 seconds(Theme of +81 Connect)」はこのプレイリストのテーマソングとして制作された楽曲で、第一弾のAwich、第二弾のLEXに続き、Daichi Yamamotoが参加した作品が公開になっています。タイトル通り81秒、1分21秒の楽曲です。
さとうもか、Mom「いとこだったら」
さとうもかのメジャー1stアルバム『WOOLLY』(読み:ウーリー)が10月13日(水)リリースになりました。2018年発表の1stフルアルバム『Lukewarm』ではtofubeatsなどから絶賛の声があったさとうもか。その後コンスタントに作品を発表していて通算では4枚目のアルバムになります。Spotify 『New Music Wednesday』にはMomが参加した楽曲がピックアップされました。さとうもかは、Spotifyでも聴けるSugar Science Clubというポッドキャストも配信していて、最新回ではタイトルトラック「Woolly」を深く掘り下げています。
ちゃんみな「太陽」
日本語、韓国語、英語を操るトリリンガルラッパーでシンガーのちゃんみな。SNSでの影響力も強くトップインフルエンサーでもあるアーティストです。今年はアメリカのラッパー、スウィーティーの「Best Fried」という曲のリミックスバージョンにドージャ・キャットと共に参加するという大きな話題もありました。前作『Never Grow Up』より約2年ぶりに3rdフルアルバム『ハレンチ』を10月13日(水)にリリースし、その中から「太陽」をピックアップ。制作過程で曲が書けないというスランプに陥った時に、「そこから抜けて気持ちよくスカ―ンってできた曲」がこの「太陽」だったそう。今回のアルバムの1曲目に収録されています。
RiE MORRiS「Still (feat. Wez Atlas)」
ここ最近じわじわと話題になっている、女性シンガーRiE MORRiS。湘南を拠点に活動するシンガーです。Rachel Fukushima名義で活動していましたが、今年に入ってRiE MORRiS名義でR&Bテイストな楽曲を続けてリリース。10月13日(水)には最新EP「Inside out」から、デジタル配信を開始したレーベルメイトのWez Atlasをフィーチャーした「Still」がプレイリストにピックアップされています。サウンドプロデュースは、同EPから9月15日(水)に先行配信されていた「hakushu」では、ラップでも参加していたRyoma Takamuraが担当しています。
ドミコ「血を嫌い肉を好む」
ニューアルバム『血を嫌い肉を好む』から表題曲がSpotify 『New Music Wednesday』にリストイン。1週間前に「あと1週間でNew AL発売かー まだ自分のものだけにしときてーよー」とTwitterで呟いてたのが印象的でしたが、フルアルバムとしてはおよそ2年8ヶ月ぶりのリリースとなります。ドミコにとって、フルアルバムでは初めての日本語タイトルとなります。10月23日(土)からこのアルバムを提げたツアー『血を嫌い肉を好むTOUR』も開催予定。
マカロニえんぴつ「トマソン」
ブルボン濃厚チョコブラウニーCMソングに起用された曲「トマソン」。現在開催中のライブハウスツアー『マカロックツアーvol.12 〜生き止まらないように走るんだゾ!篇〜』で先行披露されていました。小説家・住野よるが執筆した企業タイアップ小説『no doubt』のテーマソングとして、マカロニえんぴつが書き下ろしたこの曲が10月12日(火)に配信リリース。「住野さんの小説を読み、自分なりに昇華してみた歌詞です」とはっとり(Vo.Gt)がコメントしています。曲の中で曲調がかなり変わるのが印象的です。
ジャスティン・ビーバー「Red Eye (feat. TroyBoi)」
先週のNew Music Friday Japanでカバーアーティストになっていたジャスティン・ビーバー。10月8日(金)には、3月にリリースされ、USチャートで一位に輝いた6枚目のスタジオアルバム『Justice』に3曲を追加収録したコンプリート・エディションを配信リリース。この3曲は地域によっては既にリリースされていた曲で、「Red Eye」は公式サイトのヨーロッパ・ウェブストアで販売されたオルタネイト・カバーCDのボーナス・トラック、そして「Hailey」と「Angels Speak」は日本盤に収録されていました。同日にジャスティン・ビーバーのドキュメンタリー『Justin Bieber: Our World』がAmazon Prime Videoで独占配信されるタイミングでのリリースとなっています。
ホンネ「BACK ON TOP (feat. グリフ) 」
先週のNew Music Friday Japanにリストインしていた楽曲の中で、再生データ、セーブ率、再生数などのパフォーマンスが最も高かったのは10月8日(金)に配信リリースされた「BACK ON TOP (feat. グリフ) 」。10月22日(金)にリリースされるホンネ通算3枚目となるフルアルバム『LET’ S JUST SAY THE WORLD ENDED A WEEK FROM NOW, WHAT WOULD YOU DO?』からの一曲で、UKのシンガー、グリフを客演に迎えています。グリフはイギリスの『ブリット・アワード』で、新人賞を受賞しているアーティストです。
マネスキン「MAMMAMIA」
『ユーロビジョン・ソング・コンテスト2021』で優勝し、「Beggin’ 」と「I Wanna Be Your Slave」がこの夏のワールドヒットとなったイタリアのバンド、マネスキン。「Beggin’ 」はSpotifyの「この夏最もストリーミングされた曲リスト」であるSongs of Summerで、オリヴィア・ロドリゴの「good 4 u」に次ぐ2曲目に入っています。10月8日(金)に配信された「MAMMAMIA」は、3月にリリースされたアルバムの後、初となるオリジナルソングで、世界各国のSpotify New Music Fridayプレイリストの上位に取り上げられるなど注目度が高いです。ちなみにマネスキンは9月からGUCCIのグローバルキャンペーンにも起用されていて、ロックファンだけでなく幅広い層の間で認知度上昇中です。
Yogee New Waves「Ana no Mujina」
10月13日(水)にYogee New Waves4枚目のアルバム『WINDORGAN』がリリースになりました。約2年半ぶりのアルバムで、バンドがアジアツアーなど各地の旅で触れた感覚を持ち寄り、約2年掛けて完成させました。ゲストにはSuchmosのキーボディストTAIHEI、台湾のバンドサンセット・ローラーコースター(落日飛車)のボーカルKuo(クオ)などが参加しています。10月16日(土)の福岡公演を皮切りに、このアルバムを引っ提げて東京、大阪、京都、名古屋、札幌、沖縄など全国14公演を実施するライブツアー『WINDORGAN TOUR 2021』を開催予定です。
THE CHARM PARK「33 1/3」
THE CHARM PARKが10月13日(水)に2枚目のフルアルバム『Floating Forever』をリリースしました。今作は2020年のツアー中に温め、リリースした楽曲「Reneissance is Over」や、ユニクロのCMソングに起用された「Carry You」など、全10曲を収録。Twitterでは、「人生をかけて、自分の寿命を削って作ったと言っても過言ではない今回のアルバム」とコメントしています。『33 1/3』という同名のジョージ・ハリスンのアルバムがありますが、関係あるのかどうか気になるところ。
宮本浩次「春なのに」
10月13日(水)にリリースされたエレファントカシマシ宮本浩次、待望のソロでのニューアルバム『縦横無尽』からの1曲。Spotifyエディトリアルチームも大絶賛の、柏原芳恵の大名曲「春なのに」のカバーが、今回のSpotify 『New Music Wednesday』の上位にピックアップされています。現在の宮本浩次の全てが詰め込められた作品です。

文=竹内琢也

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着