可愛すぎて目の保養♡永野芽郁の出演
映画これは見るべし!

映画やドラマで主役に抜擢されている今注目の女優 ” 永野芽郁さん ”2021年には3本の映画出演をしている。今回は、引っ張りだこの永野芽郁さん出演映画をご紹介!プロフィール【名前】永野 芽郁 (ながの めい)【生年月日】1999年9月24日【出生地】東京都【事務所】スターダストプロモーション小学3年生のころに吉祥寺にてスカウトを受けたことにより、「nicola」や「Seventeen」にてモデルとして若者から注目され、その後も映画やCM、ドラマと活躍の場を広げている永野芽郁さん。2009年から女優としても幅を広げ、映画「るろうに剣心」やNHK大河ドラマ「八重の桜」に出演。そして今年は日本テレビ系ドラマ「ハコヅメ」に出演したり、8月6日公開映画「キネマの神様」や10月29日公開映画「そして、バトンは渡された」と多くの作品に関わっている。ひるなかの流星(2017)東京へ転校することになった田舎育ちの女子高生 “ 与謝野すずめ ”は、上京初日に迷子になってしまうすずめは、ある男の人に助けてもらう。登校初日、担任の先生だったのは、なんと迷子で助けてくれた獅子尾五月だった。一見チャラそうな獅子尾だが、よく気にかけてくれる獅子尾にすずめは初恋をする。そんななか、上京して初めて友達になった女子が大の苦手な馬村大輝に、想いを告げられる。原作は「マーガレット」で連載されていた大人気コミック『ひるなかの流星』を映画化したもの。教師の獅子尾役に三浦翔平、同級生の馬村大輝役に白濱亜嵐とイケメンが揃っている。同級生と先生から恋される三角関係を描いた本作で、”ちゅんちゅん”という相性の与謝野すずめ役を熱演。恋に真っすぐ向き合い、獅子尾や馬村と向き合うすずめの姿に心打たれる。キュンキュンした人は見る価値ありの青春ラブストーリー♡帝一の國(2017)日本一の名門校である海帝高校。この高校で生徒会長となった者には、将来内閣入りが確約されているため、その座を得るために毎年生徒会長選挙が行われている。「総理大臣になって、自分の国を作る」ことを夢に見て海帝高校へと入学をした赤場帝一。夢を実現するためには、生徒会長にならなければならないと、ライバルの同級生を蹴落とす覚悟で選挙へと挑むが、その選挙は、想像を絶する試練と裏切りの幕開けだった。本作は、菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、千葉雄大、志尊淳と大人気の若手俳優が演じている学園もの政権コメディ映画。主人公である帝一の恋人白鳥美美子役を演じている永野芽郁。お嬢様学校に通っているピュアな女の子の美々子が、最後意外な一面があるギャップには驚かされる。エンディングで流れるクリープハイプの「イト」に合わせてギターを持ちながらダンスをする姿がとってもかわいい♡“美美子ダンス“と呼ばれるほど多くの人が見入ってしまう!二ノ国(2019)何者かによって刺されてしまった幼馴染みのコトナを助けようと、病院へ向かう高校生のユウとハルは途中、現実とは異なるもうひとつの国 ” 二ノ国 ”へと迷い込んでしまう。現実世界と異世界で生きる人の命が繋がっていることに気づく2人は、コトナを救うべく、現実の”一ノ国”と”二ノ国”を行き来するーー。多くの映画やドラマで活躍中の新田真剣佑や山崎賢人と声優陣が豪華なことでも話題となった本作。人気RPG「二ノ国」を長編アニメーションとして映画化された。永野芽郁は、本作が声優初挑戦!現実世界では気が強く無邪気で明るい女の子コトナと、”ニノ国”と呼ばれるもう一つの世界で国の姫として生きるアーシャ姫を演じている。初めてのアフレコにして二役を演じている永野芽郁のその声に、ぜひ注目!ミックス。(2017)天才卓球少女として期待された多満子は、スパルタ教育をしていた卓球クラブを運営する母親の死によって、平凡な学校生活や社会人生活を送っていた。多満子はプロ卓球選手の元恋人の江島と関係がこじれ、人生のどん底に落ちてしまい、田舎へ戻ることに。かつて母親が経営していた卓球クラブは、今は廃れた状況にあり、そこで嫁と娘に見捨てられた萩原に出会う。元恋人に卓球で打ち勝つため、新たに萩原とペアを組み大会に挑む!新垣結衣と瑛太がダブル主演を務めた本作。脚本は「コンフィデンスマンJPロマンス編」や「リーガルハイ」でも有名な古沢良太のオリジナル作品。永野芽郁は、新垣結衣と瑛太の対戦相手の小笠原愛莉として出演。多満子と付き合っていた江島を奪い、さらに江島のペアとなりラブラブな雰囲気を漂わせている。化粧が濃くて可愛らしい見た目の反面、頭が良く、強くて小悪魔な女の子を演じている。

新着