ハナフサマユ

ハナフサマユ

【ハナフサマユ インタビュー】
“このアルバムがあって良かった”と
誰よりも強く感じている

妄想から始まって
ストーリーを描いていった

「Blue×Yellow」「大丈夫」だけでなく他の曲からも感じることですが、視点や物事のとらえ方を切り替えることによって気持ちが前向きになっていく姿が、今回のアルバムでじっくり描かれている印象がしました。

そんなアルバムになっていたら嬉しいですね。

「今を」もそういう曲として受け止めました。

「今を」はコロナ禍になる前に作っていたんですけど、この曲に込めた想いを届けられる場面が増えたように感じたのでアルバムに入れました。ちょっとでもプラスのほうに気持ちが動いてくれたら嬉しいです。私自身、本当はそんなにポジティブなタイプではなくて(笑)。でも、そんな自分でも明るい言葉を発すると引っ張られてポジティブになれることがあるんですよね。そういうのを何度も体験してきたので、曲自体に光を持たせたいという想いがどの曲にも込められていると思います。

この一年半くらいの間は新型コロナウイルスの影響で思うように活動ができない時期もあったはずですが、どんなことを思っていました?

“なんなんだろう、この何もできない感じは?”というのがありました。“そういうのは、ひたすら曲としてかたちにしてしまおう!”と思ってずっと曲を作っていたんですけど…お客さんに届けるでもなく、ただ作り溜めるというのは、何とも言えないものがありましたね(苦笑)。そういう時にこのアルバムをリリースする話をいただけて嬉しかったし、すごく力が湧きました。曲を書く理由みたいなのは“自分のため”というのもあるんですけど、“聴いてくれる人のために書きたい”という気持ちがすごく強くなりましたね。自分が作るだけでは曲が報われないということではないんですけど、広まらないと意味がないと感じるようになっています。

そういう強い想いを各曲に込めつつ、遊び心も発揮していますね。「ユメミラ」は《You make me love》というフレーズで音遊びをしているじゃないですか。

この曲は韻というか、言葉のハメ方をひたすら考えました。“ユメミラ”というのは私の造語なんですけど、“You make me love”と“夢からさめて未来へ”という両方の意味にかけています。

あと、ラブソングがさまざまなかたちで表現されているのも、このアルバムの大きな聴きどころだと思います。

ありがとうございます。ラブソングは漫画とアニメに助けられているところが大きくて(笑)。得たヒントを物語として広げていく作り方をしています。だから、ラブソングのほうが実話じゃないからこそ広げられるという感じかもしれないですね。

「Rainy Rainy」はとても深いドラマを感じます。

私はあまり雨が好きじゃなくて、どちらかと言うと晴れ女なので、雨の曲を作ってこなかったんです。だから、雨の曲を作ろうとしたんですけど、雨が降っているものは難しくて、雨を人のように扱ってしまおうと考えたんですよね。そう考えれば、あんなにうるさい雨も“側にいてくれている”ととらえられるのかなと。そういう視点から作ったのが「Rainy Rainy」です。

物語を想像しながら曲にするのは好きですか?

好きです。主人公を決めて、その主人公のための曲をかたちにしていくというのが基本的な作り方なので。

「Dm.1460」もドクターマーチンのブーツを履いている女の子がすごく浮かびます。

“女の子に対してこういう男の人がいてくれたらいいなぁ”という妄想から始まってストーリーを描いていきました(笑)。

これ、かなり理想の男性像を詰め込んでいますよね?

はい(笑)。“こんな人はいないやろなぁ”と思いつつも、曲の中では綺麗な理想を描いちゃいますね。

僕も一応男性の端くれですが、《幸せになる準備はいいかい?》と言える自信がまったくありません。

実際言われてもちょっとあれなんですけど、曲の中ではこれくらいキザな男でもいいのかなと思ったんです(笑)。

(笑)。ドクターマーチンのブーツは好きなんですか?

好きですね。結構今までの作品でもドクターマーチンを履いてきたので。ちょっと長いバージョンを初めて買って、それが1460という型番だと知った時に、“これは絶対に曲にしよう!”と思ったんです。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着