ハナフサマユ

ハナフサマユ

【ハナフサマユ インタビュー】
“このアルバムがあって良かった”と
誰よりも強く感じている

自分で作ったのに
聴きながらウルウルしてしまう

「恋」もラブソングですがとてもきれいな曲ですね。

“前進”をテーマにしているこのアルバムの中で、これは恋の中で一歩を踏み出しているイメージを描いています。

「愛がなんだ」は愛を否定するような素振りをしつつ、愛を強く求めている人の姿ですね。

はい。周りをバカにしているような始まり方をする曲ですけど、本当はそんな自分が一番愛を求めているんですよね。愛というもののあり方をよく考えているからこそ、“愛がなんだ”という言葉が出てしまう人を描きたかったんです。

「めぐりめぐって」はとても温かな幸福感が伝わってきました。

この曲は恋愛を描いているものとしても受け取ってもらえるんですけど、いろんなかたちでの人と人の関わり方に当てはまるものが少なからずあるのかなと思っています。私もいろんな大変なこともあって、それでもこの『Blue×Yellow』が発売できるということへの感謝も込められているので。生きていく中で起こるいろんなことに対して、自分で意味をつけていきたいというか。“意味がないことはなかった”と自分で言い聞かせるみたいなところが含まれている曲なのかなと思います。

10曲が収録されているアルバムですが、曲毎に歌い方や声のニュアンスをいろいろ変えて表現していますね。

はい。今回、そういう点でもいろいろ考えました。

シンガーのみなさんは声の出し方を研究していますからね。喉にいい食べ物を試したりもしますし。

私、蓮根をめっちゃ食べます。“蓮根が喉にいい”と言われたんです。あと、“喉がちょっと弱っている時は葱を巻くといい”とか。ほんまに葱を喉に巻いて寝ましたよ(笑)。

(笑)。筋トレをしたりは?

体幹トレーニングを毎日しています。どの筋肉を鍛えるのが役に立つのかは分からないんですけど、自分のベストを尽くせる研究はしていますね。

身体を動かすのは好きですか?

嫌いです!(笑) できれば家にいたいんですけど、ライヴでバテたりしたくないので、そのためにやっているという感じですね。

地道な努力も重ねながら活動しているわけですが、今回のアルバムはご自身でも聴いて励まされる感覚があるのでは?

ありますね。自分で作ったのに聴きながらウルウルしちゃうので。もがいたからこそ見える景色ってあると思うんですよ。そういう意味でも“このアルバムがあってくれて良かった”と誰よりも強く感じているかもしれないです。

このアルバムのリリース前には「感謝の手紙」という曲も配信されるんですよね?

はい。これは全国カラオケ事業者協会さんからのご依頼で書かせていただいた曲になります。コロナ禍で活躍されている医療従事者のみなさんへの感謝の手紙を募集して、それを読んで感じたことを曲にしたので、こちらもぜひ聴いていただきたいです。

取材:田中 大

アルバム『Blue×Yellow』2021年10月27日発売 徳間ジャパンコミュニケーションズ
    • TKCA-74967
    • ¥2,300(税込)

ライヴ情報

『ハナフサマユ「Blue×Yellow」リリースライブツアー』
[2021年]
11/06(土) 大阪・高槻阪急
※2ステージ
11/28(日) 愛知・名古屋SPADE BOX
※昼、夜公演 
12/26(日) 兵庫・神戸K-WAVE
※夜公演 
[2022年]
1/16(日) 神奈川・横浜mint hall
※昼公演 
○/○(○) 大阪

ハナフサマユ プロフィール

隙あらばマンガを読み、ヨーグルトがないと生きていけないほんの少しナチュラルな超面倒くさがりやさん。自分の想いを言葉にして伝えることが苦手だった小学生の頃、映画『タイヨウのうた』に感銘を受け歌を作るようになる。その後、阿部真央に憧れ、書き下ろし楽曲は300曲以上! 2017年2月より本格的にライヴ活動をスタート。年間300ステージ以上をこなし、開催したワンマン公演は全てソールドアウトに。20年9月、ミニアルバム『call for love』でメジャーデビュー。21年夏、“ハナフサマユ”としてイメージ一新! 同年10月には待望のメジャー1stフルアルバム『Blue×Yellow』を発売。ハナフサマユ オフィシャルHP

「Blue ×Yellow」トレーラー(1)
M.1~M.5

「Blue ×Yellow」トレーラー(2)
M.6~

「Blue ×Yellow」エンディング曲
30秒CM

「Blue ×Yellow」トレーラー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着