首藤康之、山下リオ、小日向星一が出
演 人生を踏み外した男のクリスマス
・イヴの物語 舞台『ダブリンキャロ
ル』日本初上演決定

2021年12月3日(金)〜12月9日(木)東演パラータにて、舞台『ダブリンキャロル』の上演が決定した。
アイルランドの劇作家であり演出家でもあるコナー・マクファーソンによる本作は、酒浸りの日々と浮気性のために愛する家族から離れ、葬儀屋で働く男の物語で、日本初上演となる。
たくさんの愛すべき人を傷つけ裏切り、そして愛されている現実からも逃れるために酒に溺れた情けない男、ジョン。生きる価値すらないと自分に言い聞かせ、クリスマスすら祝えなくなった彼のもとに、10年ぶりに娘メアリーが訪ねてくる。ジョンの妻が重い病気で、彼に会いたがっているため彼女はジョンを迎えにきたのだ。ジョンは娘と対峙することでチャールズ・ディケンズ『クリスマス・キャロル』に登場するスクルージのように、自分の過去と現在に向き合うことになる。クリスマス・イヴに「現在」と「過去」と対峙したジョンは「未来」をどう切り開くのか…。
出演者には、昨年公開された河瀬直美監督の映画『朝がくる』で、行き場をなくした少女を大胆に演じその存在感を示した山下リオが、家族を捨てた主人公・ジョンの長女・メアリーを、そして演劇界の若手俳優の注目株である小日向星一が、ジョンと対峙し自分の人生を歩もうとする若者マークを、まさに20代でしかできないこの役を繊細に演じる。
そして、バレエダンサーとしての華々しいキャリアに留まらず、その表現手段を「言葉」の世界へも拡げている首藤康之が自身初ともなる膨大な台詞と格闘し、人生をダメにした男の再生を渾身の想いを込めて演じる。
<演出:荒井遼 コメント>
「海をゆく者」を学生時代に観た。日常の片隅に詩的なものが忍び込み溶け合うさまに魅せられ、作者コナー・マクファーソンの名前を覚えた。時が巡ってこの度、「ダブリンキャロル」を首藤さん、山下さん、小日向さんという素敵なキャストの皆さんと、日本初演できる機会に恵まれて、とても光栄です。今年2月の「テンダーシング-ロミオとジュリエットより-」に続き、東演パラータでの上演になります。緊密で力を与えてくれる大好きな劇場です。
コナー。マクファーソン曰く “言葉をもった哀れな動物たち”、つまり私たちが求めてやまない“愛情”と、恐れてやまない“孤独”に真正面から挑む作品になります。今年の年末は、一味違う「クリスマス・キャロル」はいかがでしょうか? そこにあなたの姿があるかもしれません。ぜひ劇場に足をお運びください。
<首藤康之 コメント>
心の中にある恐怖を抱えながら過去と未来の間に自分をおき自問自答する毎日・・・、それを紛らわせるために酒を呑み戯言を言う日々・・・、まるで僕・・・。読み進めてみるとこの「ジョン」という男が、自身の分身のように思えてきた。
この仕事をしていると、自分が抱いている感情と表現しようとしている感情の間に本当の自分がいるような気がいつもしています。ジョンと自身の心の叫び声をエネルギーの源として、僕自身初めて体験する会話劇を、精魂を注いで演じたいと思います。今年50歳を迎えるこの時にジョンに出会ったのは何かしらの運命を感じています。本当に素晴らしい本です! 少し変わったクリスマスを劇場で一緒に過ごしましょう! お待ちしております!
<山下リオ コメント>
太陽が昇っては沈み、また夜が訪れる。そうやって一日、また一日と、時間は平等に進んでいきますが、それが長いと感じたり、短いと感じたりするのは、世界人口の分だけ、その一日にストーリーがあるからなのではと思います。この物語は、ある男性の一日が描かれています。
男性は、2人の人物と会話する中で、心が揺れ動いていく。台本を読みながら、他人の一日を覗き見しているような罪の意識を感じつつも、いつのまにか感情移入し、私自身の一日に影響を及ぼされる、不思議な感覚になりました。海外の戯曲は初めてなので、今から緊張していますが、一日一日の稽古を大切にお芝居できたらと思います。
<小日向星一 コメント>
マークを演じさせていただきます小日向星一です。
2014年にPARCO劇場で観た『海をゆく者』に心を揺さぶられたのを覚えています。その作者のコナー・マクファーソンが書いた『ダブリンキャロル』の世界に飛び込んでいけること、とても光栄です。台本を読み、観てくださる方の希望になれるような戯曲だと思いました。
座組みの皆様と一丸となって、舞台を作っていきたいと思います。よろしくお願い致します。
あらすじ
クリスマス・イヴの午前中。外は雨。
舞台はダブリンにある葬儀屋のオフィス。ジョン(首藤康之)はこの葬儀屋の主人のノエルが病気になってしまったため、彼に代わってこの葬儀屋を取り仕切っている。マーク(小日向星一)はまだ二十歳の若者でノエルの甥。アルバイトで葬儀屋の手伝いをしている。そこに仕事を終えたマークとジョンが戻ってくる。ジョンは10年前に家族を捨て、酒に溺れていた。そんなジョンを助けてくれたのがノエルだった。マークを相手に自分の過去を語り出すジョン。どれだけ自分がダメな男だったのかを・・・。そんな午後、ジョンの娘・メアリー(山下リオ)が10年ぶりにジョンを訪ねてくる。母親、つまりジョンの妻が癌で入院しており、ジョンに会いたいと言っているという。さらにジョンはメアリーの突然の来訪によって、蓋をしたはずの自分の過去と対峙することになってしまった。
果たしてジョンは妻に会いに行くのか…。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着