suL / Gumbeskin インディ、エモ、ラ
ップ、R&Bなど様々なジャンルから影
響を受けモダンなサウンドを鳴らす東
京注目のSSW/ラッパー、suLをご紹介

福岡生まれ、現在は東京を拠点にラッパー/ビートメイカー/SSWとして活動中のsuLをご紹介します。

suLは高校生の頃に出会ったアメリカのポップ・パンク・バンド、All Time Lowに強く影響を受けギターを学び、その後大学で仲良くなった友人から教えてもらったというLil Peepに衝撃を受け、19歳から本格的に作曲を始めたアーティスト。

2021年、パンデミック下でsuLとしての活動を本格的にスタートし、今年6月にデビュー・シングル「mania」リリース以降、次々と楽曲を発表。そんなsuLが先日10月7日(木)に早くも5作目のシングルとなる『Gumbeskin』をリリースしました。
先述のデビュー曲「mania」は生々しさのあるアコギのサウンドが心地良く、柔らかさのあるラップと絡み合うのが素晴らしいですし、低音のコーラスやボーカル・エフェクトの使い方などサウンド・プロダクションのアイデアの一つひとつも光ります。

Lil Peepから影響を受けたエモーショナルさと最新のインディやベッドルーム・ヒップホップのミックスを日本で鳴らしているからこその表現で、気づいたらあっという間に人気を集めてしまいそうなポテンシャルを感じますし、欲を言えばこういったアーティストが日本からももっと出てきて、ひとつのシーンができたらおもしろいですよね。


【リリース情報】

suL 『Gumbeskin』

Release Date:2021.10.07 (Thu.)
Label:suL
Tracklist:
1. Gumbeskin
2. Boy Luv

■suL: Twitter(https://twitter.com/suL_bunbun) /  Instagram(https://www.instagram.com/sul.___/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着