『ワールドトリガー THE MUSIC EXPO
』 村中知+田村奈央の生アフレコ 
川井憲次生演奏 オフィシャルレポー

2021年10月9日(土)より3rdシーズンの放映がスタートした『ワールドトリガー』。本作の主題歌を担当したアーティストや出演声優が一堂に会しライブや生アフレコを披露する『ワールドトリガー THE MUSIC EXPO』が2021年10月17日(日)に開催された。オフィシャルレポートが到着しているのでそちらを引用する。
10月17日(日)に東京ガーデンシアターにて「ワールドトリガー THE MUSIC EXPO」を開催いたしました。
当日は川井憲次先生が総勢50名を超えるワールドトリガーSymphonic Bandを率いて、オーケストラとTVアニメ「ワールドトリガー」の1stシーズン、2ndシーズンの数々のシーンがスクリーンに映し出され、ワールドトリガー一色に染まった会場になりました。
ソナーポケット (c)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション
TVアニメ「ワールドトリガー」でおなじみ、ネイバー襲撃のサイレンが響き渡り「転送開始」の合図とともに、ソナーポケットが登場。1stシーズンのオープニングテーマとなった「GIRIGIRI」でイベントがスタートし、一気に会場のボルテージもあがりました。続いて川井先生と奏者の方々が登壇し1stシーズンのメインテーマへ。
村中知・田村奈央 (c)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション
TVアニメの空閑遊真役・村中知さんと雨取千佳役・田村奈央さんが、オーケストラをバックにメインキャラクターの遊真と修、遊真と千佳の初登場シーンの生アフレコを披露。
「100倍楽しむTHE MUSIC EXPO」と題して、SDキャラクターとなった遊真、千佳がバイオリン、コントラバス、ホルンなど楽器の説明をしていきました。
MCでは川井先生より「今日はようこそ。ワールドトリガー THE MUSIC EXPOへ!私が音楽を担当している川井憲次です。どうぞよろしくお願いいたします。コロナ禍でありますが、こうして今日開けたことが嬉しいです。どうか今日はゆっくり楽しんでいってください。」とご挨拶がありました。
その後、ブラックトリガー争奪編、大規模侵攻編と1stシーズンの楽曲と映像が続きます。
プレミアムチケットにはトリオンキューブに見立てたライトがついており、楽曲と連動しながら白・青・緑・オレンジ・赤と様々な色に変化する仕掛けで、会場をより一層盛り上げました。
Pile (c)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション
トリオンキューブ (c)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション
続いて、B級ランク戦編の数々の楽曲が披露され、1stシーズンオープニングテーマ、Pileさんによる「ドリームトリガー」が披露されました。
村中さんと田村さんは「Pileさんの歌は本当に素晴らしい!」と歌唱に酔いしれていたことを明かし、「100倍楽しむTHE MUSIC EXPO」コーナーではここまでの感想を述べました。
村中さんは「演奏中はキャラクターの台詞はないけれど、音楽と映像で蘇りますね」と話すと「舞台裏でもノリノリだったね」と田村さんにバラされる場面も。
あまり馴染みのないオーケストラということもあり、村中さんはコーラスに注目。アフトクラトル戦等の楽曲で披露されるコーラス隊の声の力強さに感動した様子。
そして、いよいよ2ndシーズンに突入。まずは主題歌TOMORROW X TOGETHERの「Force」で始まり、映像にはノンテロップ版のオープニング映像が流れました。
神はサイコロを振らない (c)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション
再び、ガロプラ侵攻編からB級ランク戦の名場面と楽曲が続いた後、映像は玉狛支部の日常に。映像と共に会場がゆったりとした雰囲気に包まれる中、本編ラストの楽曲、神はサイコロを振らないによる2ndシーズンエンディングテーマ「未来永劫」が披露された。会場はトリオンキューブを掲げ、大きな拍手と共に一度幕を閉じました。
会場からは鳴りやまないアンコールの拍手が続き、再度神はサイコロを振らないが登場し、3rdシーズン主題歌「タイムファクター」を初披露し、観客も総立ちとなりました。
村中さん、田村さんもステージに登場し、神はサイコロを振らないと「タイムファクター」の楽曲の誕生秘話、本日初披露の感想やアニメの好きなシーンなどを聞かれ、ベースの桐木岳貢さんは「初披露ということもあり、死ぬほど緊張しましたが観客の方々の姿を見たら和らぎました。」、ギターの吉田喜一さんからは「昨日の放送が終わって、まだ見慣れていないオープニングだと思いますがこれから、どんどん皆さんに聞いてもらえると思うとグッとくるものがありました。」とコメント。
また「タイムファクター」に関して、ボーカルの柳田周作さんは「玉狛支部にいた頃の城戸司令の写真に修がびっくりしているのですがそれがキーになりました。城戸司令の何かを失う姿が、バンドとしても共感できる部分があったので城戸司令の立場になって書いてみようと思いました。」と誕生秘話を明かしました。
好きなシーンを語る部分では、ドラムの黒川亮介さんは「2ndシーズンの柿崎隊・香取隊のランク戦やグラスホッパー戦のチームワークと遊真の姿に男心をくすぐられました。」と答え、それぞれがワールドトリガー愛の溢れるトークを繰り広げました。
川井憲次 (c)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション
続いて村中さん、田村さんに呼ばれ、川井先生がステージに登場し、実際オーケストラで演奏をしようと思った気持ちなどを聞かれると川井先生は「いろんな楽器があるから、これ再現できるかな?と心配になったけど、思ったより何とかなりました。」と最初は不安な気持ちがあったことを明かした。
さらに「Symphonic Bandの方々から人気の曲はありますか?」と村中さんに質問されると、日常シーンのような和やかな楽曲が人気と話しました。
村中さん、田村さんが川井先生の演奏中に気になったという、かわいいキャラクターが描いてあるタンバリンについて質問すると「たまたま家にあった!陽太郎とかのおもちゃっぽいもの意識していて、あれが1番ハマりました。」とコメント。
最後に川井先生から「みんなさんのトリオンキューブがこちらから見ていると、本当にきれいです。そして、今日開催できたのも、このメンバーあってのこと。Symphonic Bandの皆さんのおかげです。残りわずかですが、最後まで楽しみましょう!」と感謝の気持ちを伝え、アンコール2曲を披露。楽曲の余韻を感じながら、イベントは幕を閉じました。
今回のイベントに関して川井慶次からのコメントも届いている。
〈川井憲次コメント〉
本当に久しぶりのコンサートとなりました。自分の映画音楽のコンサートを実施したのが14年前、実に14年ぶりの2時間強に渡るコンサートとなりました。正直言って、疲れましたね。(笑)「ワールドトリガー」は、僕にとって、トリオンに支配された世界の中、それにまつわる人間関係がとても面白いですね。頭脳戦も魅力的ですね。個人的には、キャラクターの中では、千佳ちゃんが好きですね。トリオン量が多くてカッコいいし、かわいいですね。
本公演二部のストリーミング配信が10月24日(日)21:00まで発売中だ。気になった方は是非ともチェックしてもらいたい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着