四丁目のアンナが打ち出す、超トーキ
ョー系

センスを細部に宿して

“日本らしさ”とはなんだろうか。歌舞伎や能などの伝統芸能に立ち返ることなのか、はたまた渋谷のような都会っぽさなのか。そんなことを考えていると、
が超トーキョー系バンドと謳っているのは大正解な気がしてくる。いろいろなカルチャーが入り乱れ、定まらないヘンテコさこそ“日本っぽさ”の正体ではないかと思うからだ。
彼らは2016年春に結成された、5人組のオルタナティブポップバンド。グルーヴィーな楽器隊とクセのあるボーカルを強みに、エキセントリックな世界観を作り出してきた。刺激的なサウンドには海外の流行を踏襲した新しさよりも、懐かしい90年代J-POPが香る。オーソドックスな“バンド”という編成のなかで、日本語を大切にし、細かなニュアンスやリフで遊ぶ。座布団を広げすぎることなく、堅実に取り入れ昇華していく姿勢こそ、彼らの美学なのではないだろうか。
先日配信が開始された「memories」は、秋の夜長に添えたいノスタルジーなナンバー。感情をなでる艶っぽいボーカル、日常を遠巻きに眺めるようなリリック、どこか浮遊感を感じさせるサウンドが魅力的な1曲だ。

四丁目のアンナ アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着