「刃牙」シリーズ原作者 板垣恵介と
Netflixアニメ『範馬刃牙』EDテーマ
を歌うGENERATIONSの対談が実現

原作:板垣恵介で秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載中の「刃牙」シリーズがNetflixでアニメ化され、現在、第三部「範馬刃牙」を全世界配信中だ。同作のEDテーマ「Unchained World」を歌うGENERATIONSと原作者:板垣恵介の対談が実現した。
以下、紹介する。
原作者 板垣恵介とEDテーマを歌う“GENERATIONS from EXILE TRIBE”のオフィシャル対談
(c)板垣恵介(秋田書店)/範馬刃牙製作委員会
――“GENERATIONS”のみなさんは、いずれも『刃牙』シリーズのファンだとうかがっています。シリーズで、特に好きなシーンはありますか?
白濱亜嵐:今回アニメ化される『範馬刃牙』なら、J・ゲバルが持っていた“雨と風と波と雷と、そして勇気が詰まっている瓶”を村で一番弱虫といわれている子供が、その瓶をゲバルに渡すときのやり取りが好きですね。
小森 隼:ゲバルが「開けるな」って念を押すから、何が入っているんだろうっていうワクワクがありました。キャラクターの背景が見えるアイテムって魅力的ですよね。
白濱:『刃牙』シリーズ全体でなら、前作『バキ』の大擂台賽編で勇次郎がオリバに贈った「競うな 持ち味をイかせッッ」というセリフは、僕のなかではもはや座右の銘といっても過言ではありません。アーティスト活動の上でも、とても大きな影響を受けています。
板垣恵介:オリバと龍書文の戦いは、俺も好きな一戦なんだ。鞘の中で刀を加速させるという居合抜きの仕組みに感動して、ポケットを鞘に見立てた“抜拳術”を思いついたときには、我ながら「最高じゃん……」ってため息が出たよ(笑)。
――板垣先生は、“GENERATIONS”が歌うアニメ『範馬刃牙』エンディングテーマ『Unchained World』はお聴きになりましたか?
板垣:聴いたよ! 歌詞カードを見ながらね。
小森:この楽曲は、オリバがテーマになっているんですよ。
板垣:ほぉ!
数原龍友:サビのワンフレーズ目が「壁を壊して 逆境を蹴飛ばして」という歌詞なんですが、まさに『刃牙』という楽曲に仕上がったと自負しています。
佐野玲於:“EXILE”のHIROさんも『刃牙』シリーズの大ファンで、エンディング楽曲を決める際に、何曲か候補があったんですが、この楽曲のデモを初めて聞いて「これぞオリバ!」って声を上げたんだそうです。
片寄涼太:歌詞を書いてくださった、TAKANORI(LL BROTHERS)さん、ALLYさんも『刃牙』シリーズのファンで。レコーディングのディレクションもしてくださったんですが、いつもより熱くて、僕たちに要求するハードルが高くなっていました(笑)。
――ミュージックビデオの制作秘話はありますか?
佐野:MVは、オリバにちなんだ大きな鎖のセットを組んでいただいて撮影しました。『範馬刃牙』の物語の舞台となる監獄“ブラックペンタゴン”をイメージした要素も盛り込まれています。スタッフにも『刃牙』シリーズのファンがたくさんいたので、とにかく熱量の高い撮影現場でした。
数原:自分たちの歌が流れるなかで、『刃牙』のキャラクターたちが登場するMVを見たときは、シンプルにうれしかったです。アニメの主題歌に起用していただいた醍醐味を感じましたね。
――“GENERATIONS”のみなさんは、ご自身が『範馬刃牙』の主題歌アーティストとして起用された理由はご存知ですか?
関口メンディー:僕の見た目がオリバっぽいからかも(笑)。
一同爆笑
小森:僕らが『刃牙』を読んで育った世代だから、ということなのかも。実際に『刃牙』とともに歩んできた人生があるので、歌にも“嘘がない”という強みがあるんじゃないかと思います。
――『刃牙』シリーズとのタイアップという大願を果たした“GENERATIONS”のみなさんに、今後のさらなる野望はありますか?
中務裕太:「世界に打って出たい」というのは、メンバーみんなが常々考えていることですね。
板垣:アーティストってのは専門家だから、個性を狙うギラギラしたヤツらしか集まらないんだ(笑)。
――最後に、みなさんが考えるアニメ版『範馬刃牙』の見どころを教えていただけますでしょうか。
白濱:アクションシーンの再現度がメチャクチャ高いです。アニメとして動きが付いたことで、いっそう激しさが増していますね。これぞアニメの本領発揮なんじゃないでしょうか。アニメを見終わったあとは、自分が強くなったような感覚に陥ってしまいます(笑)。
数原:あるある(笑)。原作でのグロテスクなシーンも躊躇なくアニメ化していて、「うわぁ!」と思ってしまうんですが、それがどこか美しい。そこは、ほかの作品にはない『範馬刃牙』ならではの魅力だと感じます。
板垣:アニメのスタッフが、少年時代からのシリーズ愛読者だという時代が来ているんだよ。近年の『バキ』『範馬刃牙』は、がぜん良くなっている。スタッフ自身が原作の読者だから、シリーズの世界観をしっかり理解してくれているんだ。原作者としては、報われるわァ。
(c)板垣恵介(秋田書店)/範馬刃牙製作委員会
対談の中でかたられているとおり、エンディングテーマ「Unchained World」は今シリーズで主人公・範馬刃牙の前に大きな壁として立ちふさがる、“地上最自由”“ミスター・アンチェイン”ことビスケット・オリバをイメージして書き下ろされた新曲だ。
配信でもエンディングを飛ばさずしっかり聴いてみよう。
また、現在「刃牙」30周年プロジェクトも開催中で、特設サイトが開設されているほか、2022年3月5日(土)から東京ドームシティ内のGallery AaMo(ギャラリー アーモ)で『地上最強刃牙展ッ!』の開催が予定されているのでこちらも楽しみにしてほしい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着