クラシック名盤シリーズ『クラシック
百貨店』アンコール50タイトルが発売
 『青のオーケストラ』とのコラボレ
ーションによるスペシャルムービーも
公開

クラシック音楽の名盤シリーズ『クラシック百貨店』から、アンコール・シリーズ50タイトルが、本日2021年10月27日(水)発売となった。
クラシック愛好家へのアンケートに基づく人気ランキングで選盤されている『クラシック百貨店』では、「器楽曲」「協奏曲」「管弦楽曲」「室内楽/歌劇&声楽」「交響曲」とジャンル分けされ、それぞれ20タイトルずつ発売されているが、シリーズ好評につき、本日、各ジャンルに10タイトルずつ追加され50タイトルが発売された。
ジャンルごとに、人気ランキングの次点となった楽曲に基づき、選盤された今回のアンコール・シリーズは、ショパン国際ピアノコンクールの歴代の優勝者であるクリスチャン・ツィメルマンのピアノ協奏曲や、マルタ・アルゲリッチの《葬送行進曲》、ラファウ・ブレハッチのポロネーズ、そしてヴラディーミル・アシュケナージの夜想曲など、ショパンの名盤といえるピアノ作品が多数選ばれている。
本日から、シリーズ全150タイトルを対象にしたマルチバイ・キャンペーンもスタート。対象商品の商品タスキを3枚集めて応募すると、対象商品の中からお好きなCDをもう1枚と、クラシック音楽をより深く楽しめる特製ガイドブック『クラシック百貨店book』がプレゼントされる。
また、アンコールの発売を記念して、コミックアプリ「マンガワン」に掲載されている人気漫画『青のオーケストラ』(阿久井真/小学館)と『クラシック百貨店』のコラボレーションによるスペシャルムービーも公開になった。
漫画『青のオーケストラ』の作中のシーンを使用。楽曲は、『青のオーケストラ』の作中でも描かれ、『クラシック百貨店』の交響曲部門第4位に輝いている『ドヴォルザーク:交響曲第9番《新世界より》』が選曲され、『クラシック百貨店』よりヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏が使用されている。
指揮者/クラシカルDJとして活躍する水野蒼生の監修により、実際にオーケストラが演奏しているような躍動感のある映像に仕上がっている。
水野蒼生
今回の監修に際し、水野は、「初めてこの作品を読ませていただいたとき、オーケストラが持つ幅広い表現がそのままダイレクトに視覚化されていることに大きな興奮を覚え、ページをめくる度に何度も鳥肌が立ちました。そして高校時代、オーケストラの中で夢中になってヴァイオリンを弾いていた自分に重なるところも多く、初心を思い出させてくれたこの作品に心からの感謝を贈りたいです。」とコメントを残している。
青のオーケストラ×クラシック百貨店 スペシャルムービー【ドヴォルザーク: 交響曲第9番《新世界より》】

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着