蓮城まこと、彩凪翔、和泉元彌らが出
演 米村圭伍原作『面影小町伝』日本
橋劇場にて上演決定

『風流冷飯伝』『退屈姫君伝』に続く大江戸三部作完結編、米村圭伍原作の『面影小町伝』(『錦絵双花伝』改題)が令和4年5月26日(木)~5月28日(土)に日本橋劇場にて上演されることが決定した。
出演は元宝塚歌劇団で現在は幅広いジャンルの舞台で活躍する蓮城まこと、宝塚歌劇団を2021年4月に惜しまれながら退団した元雪組の男役スター・彩凪翔、歌舞伎と並ぶ日本の伝統文化"狂言"を代々伝承する名家、和泉流宗家の20代目である和泉元彌らが名を連ねる。
蓮城まこと
彩凪翔
和泉元彌
主催は石川県小松市の山あいにある小学校で朗読劇を演じたことを機に舞台を創る活動をスタートさせたKASSAY。以来、静岡県菊川市、埼玉県桶川市、熊谷市、愛知県西尾市、東京浅草と各地域での上演を重ね、その後、三井財閥最盛期を描き、企業文化を舞台化してきた。今年9月には安倍晴明の誕生秘話である「葛の葉」を題材にした作品を伝統芸能の芸を活かし上演している。KASSAYは作品を通して生きる力を伝えたい、非日常でありながら今に繋がる別世界を魅せたい、そして製作過程においては世代やジャンルを超えて芸と技を繋ぐ場でありたいという想いのもと、活動をしている。
本作は1997年、『安政の遠足異聞』で菊池寛ドラマ賞佳作入選、1999年、『風流冷飯伝』で小説新潮長篇新人賞を受賞した米村圭伍の原作で、大江戸三部作の前二作の「お色気満載のコント風時代小説」とは雰囲気が一変し、幾重にも重なる因縁と謎、私欲にまみれた思惑と陰謀が盛りだくさんの物語となる。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着