磯光雄監督の最新作オリジナルアニメ
『地球外少年少女』2022年に前後編各
2週限定劇場上映決定

磯光雄監督の15年ぶりの最新作となるオリジナルアニメ『地球外少年少女』が2022年1月28日(金)より前編を、2月11日(金)より後編を、各2週間限定で劇場上映することが発表された。さらに劇場公開版のBlu-ray&DVDも公開と同時に劇場で先行発売することが発表された。
今回の発表に合わせて特報映像が解禁となっている。

オリジナルアニメ『地球外少年少女』は、2007年にTVアニメ『電脳コイル』で原作・脚本・監督デビューした磯光雄が、15年ぶりに原作・脚本・監督を務める2作目のオリジナルアニメ作品。
さらにメインアニメーターとして井上俊之が参加。メインスタッフ陣からのコメントも到着している。
(c)MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会
<磯光雄コメント>
明るくて面白い宇宙や未来をアニメの舞台として描きたい!それが最初にこの作品を作ろうと思ったきっかけでした。宇宙や未来といえば、最近は暗いディストピアばかりになってしまった気がしますが、「地球外少年少女」では普通の中学生や小学生が飛び込めるハラハラ・ドキドキの冒険物語を描くつもりです。今度の宇宙はコンビニがあってスマホも使えます!本編をお楽しみに!
(c)MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会
<吉田健一コメント>
宇宙なんて行く必要がない。夢見てもしょうがない。現実を見ろ。それは失敗するからやるな等々。リアルを語る意見が多い世の中になった気がします。ボクもイソさんも 「だったら宇宙に行ってみよう」と、この作品を作る事にしました。皆で体験してみて下さい。失敗なんて、やってみないと出来ませんよ。
(c)MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会
<井上俊之コメント>
磯光雄氏はアニメーターとして日本の、いや世界のアニメーション史に名を残す人だと思っています。そんな彼からの直々のお誘いを断る選択肢はありません!ウソです(笑)本当はすごく迷いました。「電脳コイル」では彼のオーダーに十分応えられなかったという思いがあったからで、その雪辱を果たそうとの思いで今作への参加を決心した、というのが本当のところです。果たしてその結果や如何に、乞うご期待!
『電脳コイル』でAR空間を予見した磯光雄が「AIの発達により、誰もが宇宙空間に行けるようになった2045年」を予見するとのこと。『地球外少年少女』でまた新しい未来予想を観れるのが楽しみだ。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着