水曜日のカンパネラ、新体制後初のシ
ングル『アリス / バッキンガム』本
日リリース & MV公開

水曜日のカンパネラがニュー・シングル『アリス / バッキンガム』を本日10月27日(水)にリリース。それぞれのMVも同時公開された。
今年9月に主演・歌唱担当のコムアイが脱退し、2代目主演・歌唱担当の詩羽が新メンバーとして加入することを発表した水曜日のカンパネラ。今作は「アリス」と「バッキンガム」の2曲を収録。「アリス」はこれまでなんでもなかった日常がコロナ禍で大きく変わったことを『不思議の国のアリス』を彷彿とさせる歌詞で表現。“些細な日常こそが幸せだったのかもしれない、ちょっとしたことでもお祝いをしたら特別な日になるのかも”というメッセージが込められている。MVの監督は水曜日のカンパネラの数々の作品のディレクションを行ってきた藤代雄一朗が担当。アリスの不思議な世界観をベースに夢の中に迷い込んだようなストーリーが展開されている。

「バッキンガム」は東京都世田谷区の給田を題材とした楽曲で、水曜日のカンパネラの早口でテンポの速い独特の世界観が込められた1曲。MVの監督は、詩羽と以前から親交のある映像クリエイター・マイが担当。ポップで動きの速い映像が特徴的で、楽曲タイトルにちなんで世田谷区にある「バッキンガム宮殿」で撮影された。

また2曲とも、ケンモチヒデフミがサウンド・プロデュースを手がけてお、これまでの水曜日のカンパネラらしさを推し進めた「バッキンガム」と新境地を感じさせる「アリス」で、これからの活躍を期待させる仕上がりとなっている。

さらに、12月8日(水)には東京・表参道WALL&WALLにて、水曜日のカンパネラ主催リリース・イベント『LET’S PARTY』が開催決定。新体制となった水曜日のカンパネラがいよいよ再始動する。

【詩羽(水曜日のカンパネラ) コメント】

水曜日のカンパネラとして久しぶりの新曲、そして詩羽としての初めてのリリース。
音が重なり曲が作られて行くこと、みんなで映像を作り上げて行くこと、新鮮で貴重な経験をさせていただける日々です。
「自分の曲」というのはまだどこか不思議な気持ちで少しフワフワしています。
そしてどっちの曲の方がみんな好きかなぁと、どんな感想をもらえるかなぁと、楽しみな気持ちでいっぱいです。
再始動の第一歩2曲、たくさんの人に聴いて楽しんでもらえる、愛される音楽になってほしいなと思っています。
皆さんに聴いていただけたら嬉しいです。
詩羽(水曜日のカンパネラ)


【リリース情報】

水曜日のカンパネラ 『アリス / バッキンガム』

Release Date:2021.10.27 (Wed.)
Label:WARNER MUSIC JAPAN INC.
Tracklist:
1. アリス
2. バッキンガム

※全作詞作曲:ケンモチヒデフミ


【イベント情報】

『水曜日のカンパネラRELEASE PARTY〜LET’S PARTY〜』

日時:2021年12月8日(水) OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京・表参道WALL&WALL
料金:¥3,500 (1D代別途)

・チケット
一般発売:11月13日(土)10:00〜

*その他先行など詳しくはオフィシャル・サイトにて

■ 水曜日のカンパネラ オフィシャル・サイト(http://www.wed-camp.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着