「俺を好きなのはお前だけかよ」原作
者によるアイドル企画「シャインポス
ト」始動 アニメは2022年放送

(c)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会 コナミデジタルエンタテインメントによるアイドルを題材としたメディアミックスプロジェクト「シャインポスト」が始動し、キャストの顔ぶれや、プロジェクトティザームービー、ミュージックビデオも公開された。
 同プロジェクトは、「俺を好きなのはお前だけかよ」で知られる駱駝氏(著者)とブリキ氏(イラスト)のコンビによる小説を原作に展開し、ゲーム、アニメ、音楽、ライブで体験を拡張させていくという。小説第1巻は、電撃文庫(KADOKAWA)から10月8日に刊行されたばかりだ。芸能事務所「ブライテスト」に所属する人気イマイチのアイドルユニット「TINGS」を救うために招かれた“最強マネージャー”の日生直輝は、まるでやる気がなかったが、ある特別な力を備えていた。「TINGS」の少女たちは“絶対アイドル”を目指して、直輝とともにまい進していく。
 アニメ版は2022年夏に放送を開始。「ウマ娘 プリティーダービー」の及川啓を監督に迎え、キャラクターデザインを「劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!」の長田好弘が務める。制作は「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」のスタジオKAIが担当する。小説、アニメのほかは、コナミデジタルエンタテインメントによるモバイルゲーム化が決定している。
(c)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会 「TINGS」役のキャストは、メンバー思いで前向きな青天国春(なばためはる)を鈴代紗弓、安定した歌唱力とダンス力でユニットを支える玉城杏夏(たまききょうか)を蟹沢萌子、根拠のない自信家でお調子者の聖舞理王(せいぶりお)を夏吉ゆうこが担当。また、「ブライテスト」に所属するユニット「ゆきもじ」のメンバーで、有名俳優の間に生まれ、優れた演技力をもつ祇園寺雪音(ぎおんじゆきね)役を長谷川里桃、ダンスの実力は抜きん出ているが、理王いわく「戦慄するバカ」という伊藤紅葉(いとうもみじ)役を中川梨花が担当する。なお蟹沢は、指原莉乃がプロデュースするアイドルユニット「≠ME(ノットイコールミー)」のリーダーとして活動しており、今回が声優初挑戦となる。
 鈴代、蟹沢、夏吉、長谷川、中川の5人は、実際にユニット「TINGS」としても活動する。プロデュースは、ストレイキャッツの木皿陽平が務める。初のミニライブイベント「TINGS LIVE JOURNEY ep.00 ~Prelude~ Mini Live Event “Wanna be your SHINEPOST!!!!!”」は11月21日に開催。10月31日まで、チケットのオフィシャル先行抽選を受け付けている。
 プロジェクトティザームービーは「TINGS」の各キャラクターと、多岐にわたる展開を紹介する内容。ミュージックビデオには、「TINGS」のメンバーが楽曲「Be Your Light!!」を歌い踊るアニメーション映像が収録されている。キャスト出演によるプロジェクト発表会イベントの模様も、アーカイブ配信中(https://www.youtube.com/watch?v=gjos0eZLChI)。
 以下に関係者からのコメントを掲載する。公式サイトでは、キャストコメントも公開中。
【三木一馬(ストレートエッジ代表取締役)】
本作『シャインポスト』は、2019年にアニメ化を果たした電撃文庫「俺が好きなのはお前だけかよ」コンビの駱駝さんとブリキさんが満を持して送り出す電撃文庫の新シリーズです!!!
この物語は、アイドルを夢見る少女たちの「キラキラ」が詰まった、熱く切なく、そしてクスッと笑えるお話となっています! 本作のキーワードは、主人公の少年とアイドルたちの間で交わされる「嘘」と「約束」です。果たしてこの「嘘」と「約束」が、夢に向かって汗をかき必死に頑張るアイドルたちに、どういった変化を生み出すのか。彼女たちは、「輝く道しるべ」――シャインポストにたどり着くことができるのか。その過程を、電撃文庫でぜひ見届けてください!
【石原明広(コナミデジタルエンタテインメント・プロデューサー)】
アイドルは100人いれば、100のドラマがあります。アイドルと、それを支えるスタッフと、そして応援するファン。人と人が織りなすそのドラマこそが、本作のテーマとなります。アイドルが様々な艱難辛苦を乗り越え、夢を目指していく王道の成功譚を、極上のアイドルエンタテインメントに仕上げ、小説、音楽、アニメ、そしてゲームでお届けします。
さて当社が手がけるゲームにおいては、アイドルユニット「TINGS」以外にもさまざまなアイドルたちの物語にスポットライトをあてて、自分だけのアイドル育成と物語と音楽を楽しめる、全く新しい育成ゲーム体験ができる作品を作ります。詳細はまだ発表できませんが、最新技術も取り入れつつ、斜め上のゲームになるよう鋭意制作中ですので楽しみにお待ちください。
【木皿陽平(ストレイキャッツ・プロデューサー)】
これから始まる新しいアイドルたちの物語ですが、これまでとても長い時間をかけて議論しながら本作の音楽世界を考えてきました。アイドルたちそれぞれの物語と重ね合わせながら、聴く人の心を少しでも揺り動かせるような楽曲と、そんな音楽世界を体現するライブステージを心を込めて作っていきたいと思います。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着