明日の「武田鉄矢の昭和は輝いていた
」大阪ソング特集に堀内孝雄、川中美

10月29日(金)20時からBSテレビ東京にて放送される「武田鉄矢の昭和は輝いていた」は、義理と人情の街“大阪”を歌った歌謡曲にはやはり関西弁と色濃い名所が切り離せない、道頓堀人情、月の法善寺横町、たそがれの御堂筋など情景の浮かぶ大阪ソング特集で、堀内孝雄川中美幸が出演する。

名曲と共に甦る昭和の風景。人気シリーズ街を彩った歌謡曲、今回の舞台は義理と人情の街「大阪」。水の都とも言われ、かつては多くの堀川や運河が市内を流れ、船によって全国から様々な商品が集まった「天下の台所」。そんな大阪を彩った曲には、誰もが知る名所や地名も数多く登場。

藤島桓夫「月の法善寺横町」、坂本スミ子「たそがれの御堂筋」など歌を聴くだけでその情景が浮かんで来る。また、大坂の歌で特徴的なのが「関西弁」で綴られるその歌詞。天童よしみの「道頓堀人情」をはじめ、BORO「大阪で生まれた女」、上田正樹「悲しい色やね」など、温かさや切なさがにじむ独特の言い回しの歌を紹介。

そして、強烈な歌詞と歌い方で話題となったミス花子の「河内のオッサンの唄」。実は、この曲が海援隊のある歌に大きな影響を与えていた!? 標準語が多数を占める歌の世界でも、全国の人に愛される「大阪の歌」を時代とともに振り返る1時間。
■紹介楽曲
「こいさんのラブ・コール」フランク永井
「お百度こいさん」和田弘とマヒナ・スターズ
「月の法善寺横町」藤島桓夫
「たそがれの御堂筋」坂本スミ子
「宗右衛門町ブルース」平和勝次とダークホース
「道頓堀人情」天童よしみ
「十三の夜」藤田まこと
「河内のオッサンの唄」ミス花子
「世界の国からこんにちは」坂本九・吉永小百合山本リンダ
「世界の国からこんにちは」三波春夫
「大阪で生まれた女」BORO
「悲しい色やね」上田正樹

「激動の時代」と言われた「昭和」は、日本人が振り返りたくなる魅力にあふれています。 この番組では、昭和を象徴する「人」「モノ」「できごと」から、毎回ひとつのテーマをピックアップ。当時の映像・写真を盛り込み、「昭和」の魅力を再発掘していきます!

「武田鉄矢の昭和は輝いていた」

10月29日(金)20時00分〜20時54分
放送:BSテレビ東京
司会:武田鉄矢 / 須黒清華(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト:堀内孝雄 / 川中美幸

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着