心をほっこり綻ばせる、WAFERS reco
rdsの音楽

現在進行形のポップスを

幼少期からピアノを始め、13歳の頃には音楽指導者資格を取得。CHEMISTRYSMAP、すとぷりなど、名だたるアーティストの楽曲提供やプロデュースを務める谷口尚久が主宰するレーベルこそ、WAFERS recordsだ。
レーベルのコンセプトは、“甘くて、優しく、懐かしいウエハースのような音楽を届ける”。2021年7月には設立20周年を迎え、引き続き淡々と歩みを進めている。
先日配信が開始された『WAFERS records YELLOW』は、設立20周年に際して企画されたもの。リードトラックの「SPRECHCHOR」は辻林美穂を迎え、1990年代へのオマージュをこめた現在進行形のポップスになっている。懐かしいサウンドや可愛らしい歌声は、今の若者には新しく映るのではないだろうか。カップリングの「SEASONS」は、CHEMISTRYの川畑要を迎えたアレンジのものが『WAFERS records RED』に収録されているので、合わせてチェックしてみてほしい。

WAFERS records アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着