東郷清丸が紡ぐ、身体に訴えかけるリ
ズム

音楽を立体的に

音楽は、リズムやメロディー、言葉を持った音でしかない。それなのに、情景が思い浮かんだり、匂いが漂ってきたり、温度を感じたりするときがある。
の作り出すのも、まさしく五感に訴える音楽だ。
幼少期からリトミックで音楽に親しみ、16歳から作曲を開始。もともとは
のメンバーとして活動していたが、26歳の頃に「音楽をして暮らそう」と決意しソロとしても始動した。彼は日ごろから“頭は嘘が多くて、身体が一番正直”と考えており、そのマインドは制作にも強く反映されている。何よりもまず“身体に訴えかけるリズム”が、東郷の根幹だ。そのうえで、質感のあるメロディーを紡ぎ、想像の余地を与えた歌詞を綴る。リズム・メロディー・歌詞と掛け合わされることにより、立体的に見えてくる音楽こそ東郷の魅力なのではないだろうか。
先日配信が開始された「ラ」は、ライブでお馴染みのファンキーなナンバー。いたるところがフィルで細かく彩られ、騒がしくないのに寂しさも感じさせない豊潤な1曲へと仕上がった。

東郷清丸 アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

新着