TVアニメ『アオアシ』2022年4月 NHK
Eテレにて放送開始 ティザービジュ
アル&ティザーPV公開

サッカーJリーグのユースチームを舞台に、プロを目指し奮闘する高校生たちの青春を描いた新作アニメ『アオアシ』がNHK Eテレにて2022年4月からシリーズ放送されることが発表された。
『アオアシ』は週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の小林有吾による大人気コミックスが原作。アニメーション制作はProduction I.G。監督はさとう陽、シリーズ構成は横谷昌宏が担当する。
合わせて公開されたティザービジュアルは主人公・青井葦人(アシト)と、東京シティ・エスペリオンユースで切磋琢磨するチームメイト達を描かれている。

またティザーPVでは、アシトとエスペリオンユース監督・福田達也の運命的な出会いから、ユースチームの入団試験(セレクション)に挑む過程が描かれたアニメーション映像と、キャラクターボイスが初解禁となっている。
さらに、キャスト第一陣も発表。主人公・青井葦人(アシト)役を大鈴功起、エスペリオンユースのチームメイト・大友栄作を橘龍丸、橘総一朗を山下誠一郎、冨樫慶司を八代拓、黒田勘平を堀江瞬、朝利マーチス淳を加藤渉、本木遊馬を榎木淳弥、竹島龍一を熊谷健太郎、エスペリオンユースの監督・福田達也を小林親弘、福田監督の義理の妹・一条花を河瀬茉希が演じる。
発表されたキャストからのコメントも到着している。
青井葦人(あおいアシト)役 大鈴功起 (c)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会
<青井葦人(あおいアシト)役 大鈴功起コメント>
Q1.本作の印象を教えてください。
初めて作品を読んだ時、とにかく熱量に圧倒されて一気に読み進めてしまいました。“考えること”を大事にしている作品なので、サッカーが好きな方はもちろんのこと、別のスポーツが好きな方、スポーツとはあまり関わりがないという方にも共感できるところがあると思います。選手や監督達がサッカーにかける熱量。そして時に苦しくなるくらい丁寧な心の描写。そのどちらもアオアシの魅力です。愛媛も本当にゆったりとした素敵なところです!小林先生の画から感じる凄みや気迫がアニメでどう表現されるのか、僕も放送が楽しみです・・・!
Q2.演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
葦人はとにかく真っ直ぐな男、という印象ですね!自分の芯をしっかり持っていて、嘘でもそれを曲げられない。壁にぶつかっても、立ち止まらずに努力し続ける。プロになるという高い目標に向かってひたすら突き進んでいきます。器用な生き方なんて出来ないから、どんな事にも全力で、泥臭く、ぶつかっていくんです。福田監督や花を始め、東京で様々な人達と出会いどんどん成長していく葦人に置いていかれないよう、こんな新人を選んで頂いた責任を胸に刻み、全力で、腹から声出して演じさせていただきます!!!
大友栄作(おおとも えいさく)役 橘 龍丸 (c)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会
<大友栄作(おおとも えいさく)役 橘 龍丸コメント>
Q1.本作の印象を教えてください。
とても胸が熱くなりました!親のありがたみとか、人との繋がり、人間ってやっぱり1人では生きていけないって改めて当たり前な日常に感謝しなきゃなって気づかせてもらえた作品です!人間模様がリアルでそれぞれが挫折したり壁にぶち当たった瞬間にどうするのか…いろんな心の揺れ動き…それを見て感じているうちに気がついたら読み進める手が止まらずとても引き込まれました。以前から読んでいた大好きな作品だったので、出演することができてとても嬉しいです。まだ読んだことのない方はぜひアニメと一緒に漫画の方も読んで頂きたいです!
Q2.演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
最初はなんだかプルプルしていて心配していましたが、「いや、カッコいいじゃないか!」と読み進めるうち印象が変わっていきました。試合前はとても臆病ですが、いざ試合が始まるとグイグイ漢を魅せてくれる大友くん!僕もとても緊張しやすいので、そう言った意味でも僕と大友君はリンクする部分もあるのかなとか思っています。コミカルなシーンも多いのですが、締めるところはしっかり締める、そんな魅力ある大友くんを演じていきたいと思っております。アオアシの応援よろしくお願いします!
橘総一朗(たちばな そういちろう)役 山下誠一郎 (c)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会
<橘総一朗(たちばな そういちろう)役 山下誠一郎コメント>
Q1.本作の印象を教えてください。
「マンガ」としての面白さ・・・葦人という人間の魅力や彼の奮闘、そこに引き寄せられる周りの人たちとのドラマが素敵だなと思いました。その一方で、夢を追い続けることの難しさ・現実の残酷さを容赦なく描いているところもまた印象的でした。それでも最後には必ず壁を乗り越える葦人の姿には勇気づけられますし、読後の痛快さがたまりません。
Q2.演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
橘総一朗という男には非常にシンパシーを感じています。「真っすぐすぎるがゆえに上手く曲がれない」というか、「もがいている」というか。彼が壁を乗り越え本質に辿りつくのは葦人あってのことなので、彼との出会いからはじまる一つ一つを感じて、丁寧に演じていきたいと思っています。何より「アオアシ」の面白さがアニメでどう表現されていくのか、いちファンとしても楽しみです。
冨樫慶司(とがし けいじ)役 八代 拓 (c)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会
<冨樫慶司(とがし けいじ)役 八代 拓コメント>
Q1.本作の印象を教えてください。
どんどん緻密になっていく戦術や、ポジションによっての役割の変化など、とても現実を思わせてくれてワクワクしながら読ませていただいています。ユースという枠組みの中で奮闘する登場人物達の関係性も毎回熱くなれますし、本当に多くの方に読んでいただきたい作品です。
Q2.演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
冨樫は見た目の通りやんちゃな一面も大いにありますが、義理と人情に熱く、とても実直な人間という印象です。また、人との会話などでは意外と冷静さやクレバーな一面も感じられます。彼の熱い気持ちに乗っかり、この作品を更に盛り上げていけるように、全力で演じられればと思います!
黒田勘平(くろだかんぺい)役 堀江 瞬 (c)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会
<黒田勘平(くろだかんぺい)役 堀江 瞬コメント>
Q1.本作の印象を教えてください。
部活動の青春にではなく、ユースにスポットが当たった斬新な作品に感じられました。それだけ過酷で、だからこそ脱落する子たちもいて、その嵐の中を、家族やチームメイトに支えられながら、プレーに対する情熱で乗り越えていく葦人に、ページを捲る手と涙が止まりませんでした。忘れかけていた泥臭さや“これをやるために、ここにいる”という執念を、いま一度思い出させてくれました
Q2.演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
常に柔和な表情を浮かべる優しい印象とは裏腹に、プレーにおいては冷静さと時にゾッとさせるような執念深さを持つ少年です。アフレコはこれからですが、単なる二面性的な表現にならないように気をつけながら、黒田勘平という芯のある男を演じていければと思います。
朝利マーチス淳(あさり まーちす じゅん)役 加藤 渉 (c)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会
<朝利マーチス淳(あさり まーちす じゅん)役 加藤 渉コメント>
Q1.本作の印象を教えてください。
より良い自分を目指して頑張るすべての人の胸を打つ作品だと思います。今よりもっと、前に前に進もうともがくアシトたちの向上心には、何度となく奮起させられました。「自分でつかんだ答えなら、一生忘れない」という福田監督の言葉は、自分にも思い当たる節があります。考えて考えて、ひとつ気づいて、少しだけ世界が広がる。サッカーに限らず、そんな経験をしたことのある人にこそ、この作品を薦めたいです。
Q2.演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
自分がどうあるべきか、そのために今何をすべきかを考え続けている人という印象です。アシトに対しては当初、キツい振る舞いが目立ちますが、それにはアシトが自分にどんな影響を与えるのか興味を寄せているからという理由もある気がします。そのプライドの高さも自己批判精神の強さから来るのではないかと。そんな風に見てみると、サッカー経験のない私でも朝利を少し身近に思えます。この気持ちを頼りに、好奇心と闘争心を持って彼を演じます。そして、アニメで初めて作品を知ったという方が原作にも手を伸ばしたくなるような、そんなお芝居がしたいです。
本木遊馬(もとき ゆうま)役 榎木淳弥 (c)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会
<本木遊馬(もとき ゆうま)役 榎木淳弥コメント>
Q1.本作の印象を教えてください。
例えサッカーに詳しくない人が見たとしても、胸を熱くしてくれるくらいキャラクターのサッカーに対する熱量が凄まじく、とてもカタルシスを感じさせてくれる作品だと思います。
Q2.演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
遊馬はどこか飄々としていますが、サッカーの能力は底知れないものを感じます。その只者じゃない感じが魅力的ですね。
竹島龍一(たけしま りゅういち)役 熊谷健太郎 (c)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会
<竹島龍一(たけしま りゅういち)役 熊谷健太郎コメント>
Q1.本作の印象を教えてください。
全力でという言葉では言い表せないほどの覚悟や志を持ってプロを目指す者、志半ばでグラウンドを離れる者。彼らの成長、葛藤、進化や時には挫折が締め付けられるような熱さを胸に感じさせてくれます。原作を読み進める手が止まらず、サッカーに打ち込んでいた学生時代に帰ったような気持ちと、自分が見ることのできなかった世界を見せてもらえるような高揚感でいっぱいになります。
Q2.演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
僕も、というと非常に烏滸がましいのですが、龍一と同じディフェンダーでセンターバックも経験があるので共感できる部分もありながら、彼のON,OFFの切り替えの早さは尊敬できて、かつ正直うらやましいですね。己の弱さともしっかりと向き合えるところにもすごく好感が持てますし、龍一の活躍がもっともっと見たくなります。竹島龍一というプレイヤーの声を任せていただけることに誇りを持ち、サッカー少年だった頃の熱さを取り戻し、全力でアフレコに臨む所存です。何卒よろしくお願いいたします!
福田達也(ふくだ たつや)役 小林親弘 (c)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会
<福田達也(ふくだ たつや)役 小林親弘コメント>
Q1.本作の印象を教えてください。
めちゃくちゃアツいです!!!読んだ後にサッカーを観戦すると絶対楽しいな!と思える作品です。プレイの一つ一つがすごく言語化されていて、選手が課題を解決して成長してゆく姿をワクワクしながら読み進めました。小学生の頃にちょうどJリーグが出来まして、もうあれから30年くらいになるのでしょうか。また久しぶりに観戦に行きたいです…!Q2.演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
力が抜けていて底がしれない、優しいですが、理想に向けて冷酷になれる人…そしてきっと、何よりもサッカーを愛している人なんだと思っています。大きな挫折を経験しているので、その悔しさやサッカーに食らいつく精神力なんかもとてつもないものがあるような気がしています。カッコよくて頼もしい福田とエスペリオンユースの活躍を是非是非ご覧くださいね…!
一条 花(いちじょうはな)役 河瀬茉希 (c)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会
<一条 花(いちじょうはな)役 河瀬茉希コメント>
Q1.本作の印象を教えてください。
本当にキャラクターが皆、個性的だ!と思いました。そしてひとりひとりから「サッカーが好きだ」という思いが熱く伝わってくる作品だと感じました。ひたむきに自分の夢のため、誰かの想いのためにピッチに立つ姿に胸が熱くなります。原作で描かれる試合シーンや日常シーンが、アニメではどのように表現されるのかとても楽しみです!Q2.演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
花もまた夢を追うひとり。真っ直ぐ行動できる逞しさや、熱い思いがグッと溢れるところも魅力的です。彼女の真っ直ぐな言葉には力があって、私もハッとさせられるばかりです。そんな彼女の言葉をしっかりと表現し声にして、葦人たちに届けたいと思います。花のように、可愛らしく太陽のように笑う彼女と一緒に、戦う彼らを応援していきたいです!
さらにさとう陽監督より意気込みコメントも到着している。
<さとう陽監督コメント>
アオアシという作品を初めて読んだ時はサッカーという難しい題材ではありますがたくさんの個性的なキャラの関係性が積み重なったとても素敵な作品だと思いました。その良さを壊さないように生かしつつ、しかしながらも熱っぽさ、泥臭さも出して上手く絵に落とし込んで行けたらと思っています。4月からの放送、ぜひご期待下さい‼監督:さとう陽
アニメ公式HP・Twitterも開設され、最新情報を随時発信していくとのことなのでチェックしておきたい。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着