「SPY×FAMILY」22年、TVアニメ化 
主人公ロイド役に江口拓也、WIT STU
DIO ×CloverWorks制作

(c)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会 遠藤達哉氏のスパイアクションコメディ漫画「SPY×FAMILY」のテレビアニメ化が決定した。主人公のロイド・フォージャー役を江口拓也が務め、2022年に放送予定。第1弾プロモーションビデオと、ティザービジュアル2種も公開されている。
 集英社のWeb漫画誌「少年ジャンプ+」で2019年3月から連載中の原作は、シリーズ累計発行部数1250万を突破する人気作。東西平和を脅かす、東国の国家統一党総裁の動向を探るため「“家族”を作って、名門小学校に潜入せよ」という任務を帯びた凄腕スパイの黄昏(たそがれ)が、ロイドという偽名を名乗り、殺し屋のヨルを妻、超能力者のアーニャを娘として、それぞれの素性や能力を明かさないまま一般的な家族として生活していく姿を描く。
 アニメ版の監督には「機動戦士ガンダムUC」の古橋一浩を迎え、キャラクターデザインを「約束のネバーランド」の嶋田和晃、音楽を「ドロヘドロ」の「(K)NoW_NAME」が担当する。制作は「進撃の巨人 Season1~3」のWIT STUDIOと、「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」のCloverWorksが共同で行う。
 ヨルやアーニャも登場する第1弾PVには、江口演じるロイドの声を収録。ティザービジュアルは、平凡な家族としての表の顔と、闇の世界に生きる者としての裏の顔、2つの姿でロイドたち家族3人を、嶋田が描き下ろしたイラストとなっている。
 以下に江口と古橋監督からのコメントを掲載する。
【江口拓也(ロイド・フォージャー役)
とてもうれしいです。ロイドを演じる機会をいただき、感謝いたします。
「SPY×FAMILY」をアニメで表現するファミリーの一員として、皆様に楽しんでいただけるよう、精一杯演じたいと思います。
最後に一言。ひゃっほおおおおう収録楽しみだぜえええええええ!!!!! 取り乱しました。すいません。頑張ります。
【古橋一浩(監督)】
自身三本目となるジャンプ原作のアニメ作品になります。
過不足なくソリッドに練り込まれた原作をどのようにアニメに落とし込むか、先生や集英社の皆様とも密に連携させていただき慎重に制作を進めてきました。
原作の魅力を最大限引き出せるようスタッフ一同鋭意努めさせていただきますので、皆様どうぞご覧いただければと存じます。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着