YOASOBI 女性ファッション誌『GINZA』との初コラボ11/30発売!

YOASOBI 女性ファッション誌『GINZA』との初コラボ11/30発売!

YOASOBI 女性ファッション誌『GINZA
』との初コラボ11/30発売!

『GINZA』初めてのアーティスト単独の特別号発刊!!

“小説を音楽にするユニット”YOASOBI
2019年11月に公開したデビュー曲「夜に駆ける」は、公開直後から瞬く間に注目を集め、国内の各種配信チャートでも1位を席巻、複数カ国のバイラルチャートにもランクインし、2020年の年間Billboard JAPAN総合ソング・チャートとストリーミング・ソング・チャートでは1位を獲得、第71回NHK紅白歌合戦にも出場した。
「夜に駆ける」の歌詞の意味とは?YOASOBIが物語を音楽で表現した世界に浸る
https://utaten.com/specialArticle/index/4991
今年の1月6日に満を持してリリースした1stEP『THE BOOK』は、”小説を音楽にする”というコンセプトを表現したまさに”読むCD”ともいうべき豪華な仕様が大いに注目を浴びているうえ、オリコンデジタルアルバムランキングでは5週連続1位を獲得、収録されている7曲もApple MusicチャートTOP15以内にランクイン。
立て続けにリリースしたTVアニメ『BEASTARS』OPテーマ「怪物」、EDテーマ「優しい彗星」も各種チャートで1位を獲得した。
2月には、初のワンマンライブ『KEEP OUT THEATER』を新宿・ミラノ座跡地の工事現場にて開催。
6月に発表されたBillboard Japanの2021年上半期チャートでは、アーティスト・ランキング“Billboard JAPAN TOP Artists”で首位を獲得し、その勢いのまま楽曲「三原色」をリリース。
7月ユニクロ「UT」とのコラボで、ユニクロ有明本部内のUNIQLO CITY TOKYOにて開催した無料配信ライブ『SING YOUR WORLD』では同時接続者数28万人を記録。
そして結成2周年を迎えた本日、2nd EP『THE BOOK 2』を12月1日に発売すると共に、初の有観客ライブ、その名も『NICE TO MEET YOU』を12月4,5日の二日間、日本武道館にて開催することを発表するなど、その勢いはとどまることを知らない。
そんなYOASOBIが2021年11月30日(火)に、株式会社マガジンハウス発行の月刊女性ファッション誌『GINZA』とのコラボレーション『THE YOASOBI MAGAZINE』を発売することが決定!
『GINZA』として初めて、アーティストを単独で特集した一冊となる。本誌では、ファッション&カルチャー誌ならではのアプローチで、多彩なコンテンツからYOASOBIの魅力を感じることができる内容となっている。
読み応えたっぷりのikuraとAyaseへのインタビュー、撮り下ろし写真をはじめ、YOASOBIに関わる周辺人物への取材、12月に開催される日本武道館ライブの会場下見、ライブリハーサルへの密着など、YOASOBIを知り尽くしている方はもちろん、これからYOASOBIを知っていくという方にも是非手に取って欲しい、充実した内容となっているので是非チェックして欲しい。
【商品概要】
■書名: 『THE YOASOBI MAGAZINE』
■制作:GINZA編集部
■発売日:2021年11月30日(火)
■定価:1320円(予価)
■出版社:株式会社マガジンハウス *全国の書店、ネット書店で販売
(c)マガジンハウス
<掲載コンテンツ内容一部紹介>
・Ayase、ikuraスペシャルファッションシュート!
・2人が会いたかった人と初対面!
ikura×伊藤美誠さん(卓球選手)、Ayase×井野将之さん(〈doublet〉 デザイナー)
・杉野遥亮さん、森七菜さん、ミキさん…YOASOBIと縁のある方々が、その魅力を語る
・レコードディングからライブ会場・武道館への下見、バンドリハーサルまで密着潜入!
・小説原作者、MVクリエイターへ聞く創作の秘密
・初音ミク生みの親・佐々木渉さんが見るYOASOBI
・ボカロP・syudouさん、ゲームクリエイター米光一成さんはじめ、各分野の識者たちは「YOASOBI現象」をどう捉えた?
・GINZAおなじみ”Charming Busters”がYOASOBI楽曲に着想し、絵画や写真をクリエイション
・Ayase、ikuraのソロ2万字インタビュー
…and more!
10月29日(金)に、既存曲の英語版4作目となる「Blue」(「群青」英語Ver.)を配信リリース。
同曲の英語版ミュージックビデオも公開。
加えて、11月12(金)に、既存曲の英語版8曲を収録した英語版第一弾EP『E-SIDE』を配信リリースすることが決定!
本作には、7月より順次リリースされていた既存曲の英語版「Into The Night」(「夜に駆ける」英語Ver.)、「RGB」(「三原色」英語Ver.)、「Monster」(「怪物」英語Ver.)、本日配信リリースとなった「Blue」(「群青」英語Ver.)の4曲に加え、初収録となる「Haven’t」(「たぶん」英語Ver.)、「Comet」(「優しい彗星」英語Ver.)、「Encore」(「アンコール」英語Ver.)、「Tracing A Dream」(「あの夢をなぞって」英語Ver.)の4曲を含む、全8曲が収録される。楽曲の大切な部分を損なわず、英語版ならではの一面を楽しむことができる、こだわりが詰まった作品となっているので、リリースを心待ちにして欲しい。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着