アン役 鈴代紗弓

アン役 鈴代紗弓

「薔薇王の葬列」に鈴代紗弓、真野あ
ゆみら出演 22年1月からTOKYO MXほ
かでオンエア

アン役 鈴代紗弓(c)菅野文(秋田書店)/薔薇王の葬列製作委員会 テレビアニメ「薔薇王の葬列」の追加キャストとして、鈴代紗弓、真野あゆみ、伊藤静久川綾の出演が決定した。
 同作は、菅野文氏による「月刊プリンセス」(秋田書店刊)で連載中の歴史ファンタジー漫画のテレビアニメ化。シェイクスピアの史劇「ヘンリー六世」「リチャード三世」を原案に、ヨーク家とランカスター家が王位争奪を繰り返す、15世紀のイングランドで巻き起こった薔薇戦争時代を描く。男女2つの性を持って生まれたヨーク家の三男・リチャード(CV:斎賀みつき)は、ランカスター家との戦いのなかで敵同士ながらも互いにひかれあうことになる羊飼いの青年・ヘンリー(緑川光)と出会い、やがて“悪”の道へと引き込まれていく。監督を「殺戮の天使」の鈴木健太郎が務め、アニメーション制作はJ.C.STAFFが行い、連続2クール放送で物語の完結までが描かれる。
 鈴代はウォリック伯爵(三上哲)の長女で、おとなしい性格ながら狩りや乗馬は男性に負けないほどの腕前を持つアン、真野はウォリック伯爵の次女で、アンとは正反対に積極的な性格のイザベルを演じる。真野は、「様々な立場の人々の想いに心を痛めながらも、物語の世界へ引き込まれていく素敵な作品だと感じました。『イザベルとして精一杯この時代を生きぬいていこう』と思い、一生懸命演じさせていただきました」と収録を振り返っている。
 伊藤はリチャードの兄・エドワード(鳥海浩輔)の寵愛を受けながらも、亡き夫の復しゅうのためにヨーク家滅亡を企むエリザベス、久川はヨーク公爵リチャード(速水奨)の妻で、リチャードたち三兄弟の母・セシリーを担当。伊藤は「お話をいただいてから原作を読んだのですが、読み進める手が止まりませんでした。復讐に人生の全てを賭けるエリザベスをどう演じようか、どんな表現をしようかと、本当に楽しみで仕方なかったです」とコメントしている。
 「薔薇王の葬列」は、2022年1月9日午後10時30分からTOKYO MXほかで放送開始。追加キャスト4人のコメント全文は以下に掲載。
【鈴代紗弓(アン役)】
・「薔薇王の葬列」に出演が決まった時の感想を教えてください。
アン・ネヴィル役を担当させていただきます、鈴代紗弓です。
お話をいただいた際に初めて原作を拝見したのですが、まるでひとつの芸術を見ているような感覚で、気づけば作品の世界に惹き込まれていました。
圧倒的に美しい絵と、優しくも残酷で哀しくも美しい台詞の数々が非常に印象的で、今まで感じたことのない気持ちが溢れました。
アニメ化にあたりアン役として作品に携わらせていただけること、大変嬉しく光栄に思います。
・アニメを楽しみにしているファンの皆様にメッセージをお願いします。
上記で惹き込まれるという表現をしたのですが、今作は本当に、あまりにもダメージが大きくてもう続きなんて見たくないと思うのに、読むことをやめられない。
そのくらい惹き込まれる作品だと思います。
またシェイクスピアを原案にされているということもあり、当時の時代背景などを自然と知ることができるのも魅力だと感じています。
その上で、主人公のリチャードを中心に巻き起こる愛憎劇に心が震える……!!
アンさんと共に作品を歩んでいける嬉しさを噛み締めながら懸命に演じさせていただいておりますので、是非放送をお楽しみに!!
【真野あゆみ(イザベル役)】
・「薔薇王の葬列」に出演が決まった時の感想を教えてください。
出演が決まった時は、とにかく嬉しかったです!
様々な立場の人々の想いに心を痛めながらも、物語の世界へ引き込まれていく素敵な作品だと感じました。
「イザベルとして精一杯この時代を生きぬいていこう」と思い、一生懸命演じさせていただきました。
・アニメを楽しみにしているファンの皆様にメッセージをお願いします。
魅力的なキャラクターが多く、毎週ドキドキする展開だと思います。
原作ファンの方も、アニメからの方も、放送を楽しみにして頂けたらと思います!
【伊藤静(エリザベス役)】
・「薔薇王の葬列」に出演が決まった時の感想を教えてください。
お話をいただいてから原作を読んだのですが、読み進める手が止まりませんでした。
復讐に人生の全てを賭けるエリザベスをどう演じようか、どんな表現をしようかと、本当に楽しみで仕方なかったです。
・アニメを楽しみにているファンの皆様にメッセージをお願いします。
このドロドロした人間関係をアニメーションでお届けできるのをとても嬉しく思います。
どうぞお楽しみに。
【久川綾(セシリー役)】
・「薔薇王の葬列」に出演が決まった時の感想を教えてください。
大変失礼ながら作品を存じ上げておりませんでしたので、原作を読ませていただき、その世界観とストーリーに圧倒されてしまいました(>_
主役の方のお母さんは今までたくさんの作品でやらせていただきましたが、ここまで実の子を忌み嫌うお母さんはなかったと思います。
初めて自分の中にある「実子を憎む」という引き出しを開けてやってみるのか~とちょっとドキドキしました。
・アニメを楽しみにているファンの皆様にメッセージをお願いします。
様々なキャラの感情が入り乱れた展開に私が引き込まれたように、きっと皆様も引き込まれると思います!
愛、憎しみ、絶望、希望、それぞれの境遇、生き様、そして死、激しい時代の物語をどうぞお楽しみください

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着