milet×Aimer×幾田りら共演のVaundyプロデュース曲をTHE FIRST TAKEにてパフォーマンス

milet×Aimer×幾田りら共演のVaundyプロデュース曲をTHE FIRST TAKEにてパフォーマンス

milet×Aimer×幾田りら共演のVaund
yプロデュース曲をTHE FIRST TAKEに
てパフォーマンス

「THE FIRST TAKE」コラボ第二弾!milet×Aimer×幾田りらが共演!

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」のアーティストコラボレーション企画第二弾が発表となった。
「幾田りら」はYOASOBIのikura!いろいろな顔で魅せる魅力とは。
https://utaten.com/specialArticle/index/5381
昨年、LiSA×Uruの共演で話題となった、『再会 (produced by Ayase)』につづき、驚くようなアーティストたちの共演が決まった。
今回コラボレーションが発表されたのは、milet×Aimer×幾田りら。
「THE FIRST TAKE」がブーム!動画の再生回数が多い7曲を順にご紹介!
https://utaten.com/specialArticle/index/5638
今年デビュー10周年を迎えたAimer、今勢いに乗るシンガーソングライターのmilet、YOASOBIのボーカル・ikuraとしても活躍中のシンガーソングライターである幾田りらの3アーティストが共演する。
この奇跡のコラボレーションで3名が歌うのは、作詞作曲からアレンジまでを自身で担当し、アートワークのデザインや映像もセルフプロデュースを手掛ける現役大学生・21歳のマルチアーティストVaundyが手掛けた書き下ろし楽曲「おもかげ」。
自分と向き合うことや周囲の人たちへの優しい愛を感じさせる楽曲となっている。
3名が共演した「THE FIRST TAKE」でのパフォーマンスは、近日公開予定。
ソニー 完全ワイヤレスイヤホンCMとコラボ決定
さらに、この『おもかげ (produced by Vaundy)』の「THE FIRST TAKE」でのパフォーマンス映像が、ソニー 完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」のCMとコラボレーションすることが決定。
本日からその一部がWEB CMのなかで公開されている。
「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルだ。本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。
昨年にローンチしチャンネル登録者が522万人(※11/2時点)を突破、さらに動画総再生数が14億回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。
グローバルチャンネルとしての注目度も高く、ポッドキャスト「THE FIRST TAKE MUSIC」の公開、さらに配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」の設立や次なる才能を探す一発撮りオーディション「THE FIRST TAKE STAGE」を発表するなど、今もっとも注目を浴びているYouTubeチャンネルである。
「おもかげ」は、普段は気づきにくい、さりげない愛をテーマに描かれた楽曲となっており、milet×Aimer×幾田りら×Vaundyの新時代を代表するコラボレーションにぜひ注目してみてほしい。
▲CM映像
■番組詳細
YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」
▶チャンネルトップページ
■ソニー完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」×THE FIRST TAKE
▶特設サイト
miletコメント
・新曲「おもかげ (produced by Vaundy)」について
Vaundyくん節全開の曲です。デモに吹き込まれていたVaundyくんの声はレイジーでアンニュイな感じが良かったんですけど、Aimerさんとりらちゃんと歌うことで、ガーリーでポップな感じが足されて。でも影がある感じもキープされているのが新鮮でした。
・共演アーティストの印象について
出会う前の印象は、Aimerさんは海の底で神秘的な声が鳴り響いているような、他にはない幻想的な雰囲気をまとっている印象でした。
りらちゃんはいつ聴いてもピッチが正確なので、きっちりされている印象でした。実際に会ってみたら、皆さんよく笑う人だということがわかって、これからも仲良くできたらいいなと思います。
・CM撮影のエピソードについて
まず『WF-1000XM4』のノイズキャンセリングがすごくて。CMの撮影中につけていて、ノイズキャンセリングをONにしていると指示が聞こえないことがよくありました(笑)。
今、プライベートでも使っているんですけど、ノイズキャンセリングが発動した瞬間外の音が遮断されて本当に1人の世界になれるんですよ。
まるで今回のCMみたい。CMがすごくリアルだなって実感しています。
Aimerコメント
・新曲「おもかげ (produced by Vaundy)」について
Vaundyくん が作った楽曲を歌うのは2回目なのですが、今回も彼らしさが詰まった1曲になっています。
それをmiletちゃんとりらちゃんと私っていう、異なる声質を持った3人が歌うことで、いいバランスが生まれてるんじゃないかなって思います。
・共演アーティストの印象について
miletちゃんは、お会いする前は楽曲やアーティスト写真などの印象からクールなイメージを持っていたんですけど、実際にお目にかかるととてもチャーミングな方で。
お話もさせていただいて、すごく仲良くなれそうって思いました。一方、りらちゃんは私が思い描いていた通りだったというか。
歌声だったり、Twitterを通してのやりとりだったりから感じていたかわいらしさがあるのはもちろん、その場にいたら愛でたくなっちゃうような(笑)、ピュアな感じの方でした。
・CM撮影のエピソードについて
最初は本当に緊張して、うまく務まるか不安でした。でも、撮影チームのみなさんが本当にプロフェッショナルで、安心して臨むことができました。
なかでもうれしかったのが、耳のアップを撮る時に、『WF-1000XM4』が私の耳の形にぴったりですねと言ってくださったこと。
この耳に生まれてよかったと思いました(笑)。
幾田りらコメント
・新曲「おもかげ (produced by Vaundy)」について
自分と向き合うことや、周りの人たちへの愛など、核心を突く歌詞になっているんですが、サウンドはすごくポップで、人生を楽しもうというメッセージを音から感じました。
重いテーマをポップに包み込んでいるこの曲を、3人それぞれの違った声が重なって、素敵なハーモニーで歌っているので、聴いてもらえたら嬉しいです。
・共演アーティストの印象について
Aimerさんは、高校生の時から音楽の授業の発表でも歌わせていただいているくらいファンで、女神様のような存在なんです。勝手に内に秘めているものがある、静かな方だと思い込んでいたんです。
でも、実際にお会いしたときに、オープンに接してくださり、明るい方だなと思いました。
miletさんは、場の雰囲気を全部自分のものにして歌われているのを見て、芯が強くてしっかりされている人だと感じました。
でも実際にお話をしてみたら、まるでワンちゃんのように、尻尾を振っているのが見えるくらい感情を表に出してくださる方なので、楽しい方でしたね。おふたりとも、温かい方だと思いました。
・CM撮影のエピソードについて
慣れないことだらけでした。でも、実際に出来上がった映像を見たら、音楽によってパッと広がっていく世界がキレイに描かれていて感動しました。
Vaundyコメント
・「おもかげ (produced by Vaundy)」について
見える愛ばかり気にしてしまう世界だけど、僕は、人が生きていく上で一番必要な愛というのは目に見えなくてさりげないものだ思っています。
それを説明することはできないかもしれないけど、ちょっとした音で感じてもらえたらと思ってこの曲を作りました。
Aimerさん、miletさん、幾田りらさんの魅力を最大限に引き出せるようイメージして挑みましたが、実際レコーディングしたら想像をはるかに超えるかっこよさで、最高の仕上がりになりました。
・milet、Aimer、幾田りらの共演について
最初にみなさんをプロデュースすると聞いたときは、あまりにびっくりしてまず状況を理解することから始まりました。(笑)
3人とも本当に素敵で魅力的な方々で、レコーディングの時も話をすごく聞いてくださったり、歌に貪欲に取り組んでる姿勢を目の当たりにして、また一緒にいろんな音楽をやってみたい、と思うとても刺激的なコラボでした。
番組コンセプト
「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。

白いスタジオに置かれた一本のマイク。
ここでのルールはただ一つ。

一発撮りのパフォーマンスをすること。
それ以外は、何をしてもいい。

一度きりのテイクで、何をみせてくれるだろうか。

ONE TAKE ONLY, ONE LIFE ONLY.
一発撮りで、音楽と向き合う。

■「THE FIRST TAKE」とは
「THE FIRST TAKE」(ザ・ファースト・テイク)はミュージシャンによる一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。 「白いスタジオに置かれた一本のマイク。 ここでのルールはただ一つ。
一発撮りのパフォーマンスをすること。」をコンセプトに、高画質・高音質で収録した映像を配信している。 演出を徹底的に削ぎ落とし、“音楽そのもの”を際立たせた、新しい感覚の音楽コンテンツ。
チャンネル登録者が522万人(※11/2時点)を突破、さらに動画総再生数が14億回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。
グローバルチャンネルとしての注目度も高く、ポッドキャスト「THE FIRST TAKE MUSIC」の公開、さらに配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」の設立や次なる才能を探す一発撮りオーディション「THE FIRST TAKE STAGE」を発表するなど、今もっとも注目を浴びているYouTubeチャンネルである。
■「THE FIRST TAKE」SNS
▶Instagram
▶Twitter
▶TikTok
miletプロフィール
milet(ミレイ)・シンガーソングライター・東京出身
思春期をカナダで過ごし、グローバルな存在感を放つソングライティングとハスキーかつ重厚感のある独特の唄声を兼ね揃えた女性シンガーソングライター。
2018年より本格的に音楽活動をスタートさせ、同年10月には、パリ、NY、ソウル、東京をはじめ世界各国で開催されたイヴ・サンローランのグローバルイベント「YSL BEAUTY HOTEL」にイヴ・サンローラン・ボーテがピックアップするアップカミングなアーティストとして出演。
2019年3月6日にメジャーデビュー。Toru(ONE OK ROCK)プロデュースによるデビュー曲「inside you」はiTunesなど人気音楽配信サイト11サイトで1位を記録。8月21日にはTVドラマ「偽装不倫」主題歌を収録した3rd EP『us』をリリースし、オリコンデジタルランキング初登場1位を記録したほか、AWA・Spotify・dヒッツ・LINE MUSICなど7つのサブスクサービスで1位を記録。
2019年末、人気音楽配信サイト”レコチョク”による「レコチョク年間ランキング2019」のダウンロード部門、ストリーミング部門の両方で新人アーティストランキング1位を記録。
デビュー曲「inside you」は「東京ドラマアウォード 2019」主題歌賞を受賞した他、TOKYO FM「桑田佳祐 のやさしい夜遊び」年末恒例企画「桑田佳祐が選ぶ、2019年邦楽シングル・ベスト20」(2019年12月28日放送)にて1位に選出される。
通算5枚のEPリリースを経て、2020年6月3日には全18曲を収録した1stフルアルバム『eyes』をリリースし、オリコン週間CDアルバムランキング及びオリコン週間デジタルアルバムランキングにて共に初登場1位を記録。
さらにBillboard JAPAN “HOT ALBUMS”では2週連続で1位を獲得し、8週連続でTOP10入りも果たす。
2020年末には第71回NHK紅白歌合戦に初出場。そして2021年8月東京2020オリンピック閉会式に歌唱出演。
■milet SNS
▶Official Site
▶Twitter
▶Instagram
▶Official YouTube Channel
Aimerプロフィール
Aimer(エメ)
15歳の頃、歌唱による喉の酷使が原因で突如声が出なくなるアクシデントに見舞われるも、数年後には独特のハスキーで甘い歌声を得ることとなる。
2011年9月7日にシングル「六等星の夜」でメジャーデビュー。代表曲「蝶々結び」などを収録した4thアルバム「daydream」を2016年9月にリリースし、iTunesアルバムチャート1位などを獲得した他、CDショップ大賞2017において準大賞も受賞。
2019年にはシングル「I beg you / 花びらたちのマーチ / Sailing」をリリースし、女性ソロアーティストとしては5年ぶり快挙をとなるオリコン週間シングルランキング1位を記録。
2021年4月には2年ぶりとなる通算6枚目のアルバム「Walpurgis」をリリースし、同年4月21日発表のBillboard Japanの各種アルバムチャートであるHot Albums・Download Albums・Top Albums Salesの全てで初登場1位獲得し、自身初の3冠を記録した。
■Aimer SNS
▶Official Site
▶Twitter
▶Official YouTube Channel
幾田りらプロフィール
2000年9月25日生まれ、東京都出身
シンガーソングライター“幾田りら”として、そして“小説を音楽にするユニット”YOASOBIのボーカルikuraとしても活動している。アコースティック・セッション・ユニット“ぷらそにか”にも2021年8月13日まで所属。
Google PixelのCMでの「(THEY LONG TO BE) Close to you」や「Winter Wonderland」のカバー歌唱やNetflixオリジナル映画『フェイフェイと月の冒険』の日本語版エンド・クレジット・ソングも担当するなどその歌声に注目が集まっており、2020年12月には、伊勢半のコーポレートブランドKISSME映像ドキュメンタリー作品への書き下ろし楽曲「ヒカリ」を配信リリース。
2021年3月に配信リリースした「Answer」は、東京海上日動あんしん生命「あんしん就業不能保障保険」CMソングに起用。7月16日に公開となった細田守監督映画『竜とそばかすの姫』では、主人公・すずの親友役で初の声優を務めるなど、多方面で精力的に活動を続けている。
■幾田りら SNS
▶Twitter
▶Instagram
▶Official YouTube Channel
Vaundyプロフィール
Vaundy(バウンディ)。現役大学生 21歳。
作詞、作曲、アレンジを全て自分でこなし、デザインや映像もディレクション、セルフプロデュースするマルチアーティスト。
2019年春頃からYoutubeに楽曲を投稿し始め活動を開始。「東京フラッシュ」「不可幸力」など、耳に残るメロディーに幅広いジャンルの楽曲を発表すると瞬く間にSNSで話題に。
日本テレビ「バズリズム 0 2」“今年コレがバズるぞ!BEST10 ” 1 位を取得、現在YouTube、サブスクリプション トータル再生数が10億回を突破するなど、サブスク令和時代の象徴的な存在として注目を集める。これまでに開催したライブは全て即完。
アーティストからの注目度も高く、コラボレーションにも積極的に取り組む。
その波は海を越え、LAUVからオファーを受けグローバルリミックスアルバムへ参加、グローバルチームにて制作された「不可幸力(Global Dance Video)」が世界的なカルチャーサイトNownessピックアップされるなど、国内外での活動も積極的に行う。
リリース楽曲は長期にわたりチャートイン。CM、ドラマなど各方面で、タイアップ曲に多数起用されている。
耳を捕らえ一聴で癖になる天性の声と、破格の才能を感じさせるジャンルに囚われない幅広い楽曲センスで、ティーンを中心にファンダムを急速に拡大中。
■Vaundy SNS
▶Official Site
▶Twitter
▶Instagram
▶Official YouTube Channel

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着