橋 幸夫が新曲と集大成ベスト発売、
2023年 80歳での歌手引退

先日記者会見を開き、2023年5月3日(本人誕生日)80歳で歌手活動を引退すると発表した橋 幸夫。現在でもテレビ出演や、コンサート活動を継続しているため、世間を驚かせる発表となった。声の衰えも歌手引退の一因と語っていたが、1960年に「潮来笠」でデビューをして、60年以上歌い続けてきたパフォーマンンスは今でもファンを魅了している。その橋 幸夫が12月22日にシングルと集大成ベストを発売する。

今回発売のシングルは、橋 幸夫自身が「日本の安全を守っている全国の警察官に感謝し応援していきたい」と長年温め、実現したいと考えていた企画。50年前の1970年にEPレコードで発売した「この世を花にするために」、「この道」は、警察官、機動隊の応援歌でいまでも警察官、機動隊の愛唱歌として知られ、活動の心の支えとなっていると警察関係者から感謝されている曲。また、この2曲のうち「この道」に関しては、CD音源化もされておらず、現在、入手困難の状態となっている。

そこで今回、この企画を実現する為、警察官が社会を守る大切さと大変さを、警察官の息子・娘を持つ親からの目線で綴った新曲「この道を真っすぐに」を制作、この曲を表題曲とし、「この道」「この世を花にするために」も新たにレコーディングし直し、3曲入りのシングルとして発売することとなった。

さらに同日発売で橋 幸夫のヒット曲ばかりを収めたアルバムCD「ベストヒット全曲集」を発売する。17歳が股旅を唄うという衝撃のデビュー曲で、「第2回レコード大賞」新人賞を受賞した「潮来笠」。日本人の愛唱歌となっていて「第4回レコード大賞」を受賞した「いつでも夢を」。ラテンロックの響きが斬新で、今でもファンが多い「恋のメキシカン・ロック」。クレヨンしんちゃんの映画挿入歌として使われ、現在TikTokなどでバズっている「ジェンカ」など、大ヒット曲を発売順に32曲収録したCD2枚組となっている。

12月8日の東京福生公演からはじまる最後のコンサートツアー<人生は長いようであっという間 夢を持って生きよう!>で歌手引退までの2年間、全国のファンへ感謝の気持ちを歌で伝えてゆく。

<橋 幸夫コンサート「人生は長いよう
であっという間 夢を持って生きよう!
」>

12月8日(水) 東京・福生市民会館 大ホール(もくせいホール)
12月13日(月) 神奈川・相模女子大学グリーンホール
12月14日(火) 埼玉・ウェスタ川越 大ホール
12月16日(木) 千葉・森のホール21(松戸市文化会館)
2022年
1月13日(木) 東京・なかのZERO 大ホール
1月14日(金) 東京・江戸川区総合文化センター 大ホール
1月26日(水) 群馬・昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館) 大ホール
1月27日(木) 神奈川・茅ヶ崎市民文化会館
1月31日(月) 埼玉・サンシティ越谷市民ホール
2月1日(火) 神奈川・宮前市民館
2月8日(火) 埼玉・戸田市文化会館
2月16日(水) 群馬・館林市文化会館 カルピス®ホール(大ホール)
2月17日(木) 千葉・千葉市民会館
2月21日(月) 神奈川・厚木市文化会館

橋 幸夫 ニューシングル『この道を真っ
すぐに』

2021年12月22日発売
VICL-37615 / 1,500円(税込)
[ 収録楽曲 ]
1. この道を真っすぐに
 作詞:希 雄由(のぞみたけよし) 作曲:橋 幸夫 編曲:矢田部 正
2. この道
 作詞:川内康範 作曲:猪俣公章 編曲:斉藤真也
3. この世を花にするために
 作詞:川内康範 作曲:猪俣公章 編曲:斉藤真也
4. この道を真っすぐに(オリジナルカラオケ)
5. この道(オリジナルカラオケ)
6. この世を花にするために(オリジナルカラオケ)
(*M1は新曲 *M2、M3 は1970年発売の楽曲をセルフカバー新録)

橋 幸夫 2枚組ベストアルバム『ベスト
ヒット全曲集』

2021年12月22日発売
VICL-65645~65646 / 5,000円(税込)
[ 収録楽曲 ]
DISC 1
1. 潮来笠
2. おけさ唄えば
3. 喧嘩富士
4. 木曾ぶし三度笠
5. 磯ぶし源太
6. 南海の美少年(天草四郎の唄)
7. 沓掛時次郎
8. 江梨子
9. いつでも夢を(with 吉永小百合
10. 舞妓はん
11. あゝ特別攻撃隊
12. 恋をするなら
13. ゼッケンNo.1スタートだ
14. CHE CHE CHE(涙にさよならを)
15. 恋のインターチェンジ
16. あの娘と僕(スイム・スイム・スイム)

DISC2
1. 雨の中の二人
2. 恋と涙の太陽(アメリアッチ)
3. 霧氷 {霧氷=むひょう}
4. シンガポールの夜は更けて
5. 殺陣師一代 {殺陣師=たてし}
6. 恋のメキシカン・ロック
7. 佐久の鯉太郎
8. 思い出のカテリーナ
9. 京都・神戸・銀座
10. 東京―パリ
11. 子連れ狼
12. 噂の金四郎
13. 面影 渡り鳥
14. 盆ダンス
15. ジェンカ
16. ちゃっきり茶太郎

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着