劇団昴が『クリスマス・キャロル』上
演、スクルージ役は宮本充

劇団昴は2021年12月2日(木)~12日(日)、東京・座・高円寺1にてチャールズ・ディケンズ原作の『クリスマス・キャロル』を上演する(脚色:ジョン・モーティマー、訳:石川麻衣、演出:河田園子)。
『クリスマス・キャロル』は、19世紀英国の文豪チャールズ・ディケンズ(1812~1870)がクリスマスをテーマに編んだ5つの物語「クリスマス・ブックス」の一作目として誕生。クリスマスの物語としては最も有名な作品のひとつで、「オリバー・ツイスト」等と共にディケンズを世界的に知らしめた作品でもある。
劇団昴では 1991年より本邦初演し、以来配役を変えながらこの作品を上演し続けてきた。最後に上演した 2010年から11年の歳月を経て再び劇団でこの作品に挑む。昴にはこれまでにスクルージを演じてきた俳優が6人いたが、今回の宮本充で7人目となる。演出はこの作品の演出が二度目の河田園子。大きな作品ながら、この作品を愛する観客、そして昴の劇団員の声に応え、戻ってきた。
宮本充
今年(2021年)は「オリバー・ツイスト」を原作とするミュージカル『オリバー!』や、「クリスマス・キャロル」を題材にした『パ・ラパパンパン』が上演されるなど、演劇界にはちょっとしたディケンズ旋風が吹いている。その締め括りとして、昴の『クリスマス・キャロル』を鑑賞するのも一興だろう。

<STORY>クリスマス・イブの夜、けちで頑固、偏屈な老人スクルージは死んだ同僚のマーレイの幽霊、過去・現在・未来 のクリスマスの霊たちに導かれ、時空を超えて不思議な時間を過ごす。彼がそこに見たものは孤独だった少年時代、温かな家族の営み、そして未来に待つ怖ろしい光景。すべての時間が過ぎた朝、スクルージの心にあたたかな光が差し込む。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着