純情のアフィリア全国ツアー怒涛のセトリ!名古屋公演レポート到着!

純情のアフィリア全国ツアー怒涛のセトリ!名古屋公演レポート到着!

純情のアフィリア全国ツアー怒涛のセ
トリ!名古屋公演レポート到着!

全国ツアー怒涛のセトリ!名古屋公演レポ到着!

2021年9月4日(土)から始まった純情のアフィリアワンマンツアー「魔法陣と水の妖精〜Magic Circle and Siren of Water fairy」。
【インタビュー】優希クロエ(純情のアフィリア)、「YJ 公式アプリ ヤンジャン!賞」を獲得!!
https://utaten.com/idol/specialArticle/index/5321
11月14日(日)に名古屋ボトムラインで行われた名古屋公演で12公演が終了し後半戦のスタートとなった。
仙台、東京、神戸、大阪、福岡と全国を回りメンバーのパフォーマンスも洗練されファイナルに向けて盛り上がりを見せる名古屋夜公演の様子をレポート。
名古屋公演ライブレポ
————夜公演1曲目は「起・承・転・結・序・破・急」。TVアニメ『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』EDテーマからスタート。
MC後「JUICY☆GIRL」では名古屋出身、寺坂ユミの冒頭「みんなでテンション上げていくよ!」のかけ声でメンバーも一気にハイテンションに。
名古屋出身のメンバーが多いと言うこともあり、東京に次ぎ第2のホームの雰囲気を感じさせ、フロアのテンションが一気に充填され高揚感が生まれる。PartyTuneなこの楽曲がライブの流れを牽引してゆく。
続けて「ヴィーナス☆女神っくす!」を可愛さいっぱいに歌うと、序盤のセトリ構成としては珍しい「Lost In The Sky」へ。
なんとメンバーの歌い分けがソロになっており、ここでしか聞く事の出来ないメンバーピックアップバージョンとなっている。
こうした通常とは違うサプライズ演出が盛りだくさんで、メンバーそれぞれのエモーショナルな声を聞くことが出来るのもこのツアーの醍醐味だ。
「世界の果てまで運命の愛を届けるんだ!」台詞後の落ちサビは夏目ベールによるソロ。序盤とは思えないファイナルエンディング感とサイリウムにフロアは一気に熱が上がる。
MC後に「ココロノヒカリ」から怒濤のメドレーが続き、体力の限界を感じさせないメンバー達の熱いパフォーマンスは一気に最高調へ。
歌だけでなく、今回のメドレーはダンスが激しい。DanceTuneである「Like? or Love?」に繋がる冒頭部では、瞬くライトの演出が、メンバー達を今まで見たことのないネクストレベルへと昇華する。
5曲連続のメドレーを終えると、今回のツアーで初披露となったチーム別曲の披露。
純情のアフィリアは上手、下手でダンスフォーメーションが変わることが多く、下手が赤チーム、上手が青チームというチーム分けがある。(※歴代、楽曲の制作段階で使われる歌い分け表の色分けが赤青になっている所から来ている)
そのチームごとの楽曲が今回ツアー用に各都市夜公演で披露されている。
赤チーム曲「ここにいるよ」はエモーショナルな楽曲で、歌唱力が聴きどころの楽曲。
「君が何度も呼んでくれたから僕は僕を取り戻せたんだ、だからここにいるよ」とメッセージ色の強い楽曲に渚カオリ、桜田アンナ、雨森セラ、夏目ベールの4人の素晴らしい歌声が響き渡る。
青チーム曲「My Life is Beautiful_Full」は一転してハッピーでレトロジャジーなダンスナンバー。「幸せを自分のせいにしたい だってこれは私の人生だ」ステッキを使った演出で、葉山カナ、東城アミナ、優希クロエ、寺坂ユミが可愛さいっぱいに軽快なダンスを披露。
そしてこのツアーのテーマソング、「Magic Circle and Siren of Water fairy」ではメンバーがそれぞれソロ歌唱で魅せると、2人一組で美しいハーモニーを響かせる。バラード調の美しいハーモニーはツアーを重ねるごとに完成されていく。
「Sing a World ~キミがくれた魔法~」ではツアーの経験が1つずつ積み重なり壮大感が増し、メンバー全員笑顔いっぱいに会場中を癒やす。
公演を増すごとに1つ1つの歌詞が心に沁みる。サビではフロアがサイリウムで光り輝き、回を増すごとに一体感が生まれて素晴らしい景色に。
MC後は「奇跡と魔法のクロニクル」のスペシャルバージョン。壮大な後半戦クライマックスへラストスパート。
Embrace Blade」のエンディングで暗転後、オーロラカラーに煌めくスカートのツアー衣装から、こちらも今回のツアーのサプライズ演出、早着替えでメンバーカラーのミニスカートへ。
エモーショナルな展開から一気に、ポップな雰囲気の楽曲「女神さまのポイントカード」で会場は盛り上がりを見せる。
そして最後の楽曲は純情のアフィリアぶち上げ定番曲、「スキハ無敵」でフロアのテンションはクライマックスへ。
今回のツアーでは会場ごとにセトリが毎回、違う構成で準備されている。
さらに昼夜公演でも一部を除き、楽曲被りがほぼ無い形で構成されていて、毎公演見逃せない展開となっている。
昼夜17曲ずつ、両公演で1日34曲を披露するスタミナ溢れる体力も見せている。
ツアーファイナルの東京公演まで、パズルのピースが1つ、また1つと完成され更にパワーアップした集大成のステージを見ることが出来るだろう。
こちらの名古屋公演の配信アーカイブは17日まで見ることが出来る。ファイナルに向けて1公演1公演新しい表情を見せるステージをお見逃しなく!!
【写真】純情のアフィリアのライブ写真を全て見る

▼名古屋公演アーカイブ
11月14日(日)名古屋ボトムライン公演
※アーカイブは17日22:00まで
▶名古屋公演アーカイブ
全国7都市を巡るツアー詳細はツアー特設ページをチェック!
▶ツアー特設ページ
来る11月21日静岡公演に合わせて静岡遠鉄百貨店えんてつビジョンにてご当地限定広告も放映中!
更に11月20日からは秋葉原ラジ館ビジョンにて広告放映決定!!要チェックだ。
セットリスト
1.SE
2.起・承・転・結・序・破・急
3.JUICY☆GIRL
4.ヴィーナス☆女神っくす!
5.Lost In The Sky(メンバーPickup Ver)
6.ココロノヒカリ
7.Lotus Land -桃源郷-
8.セピア
9.Like? or Love?
10.SPRInG FAcTiON
11.ここにいるよ(赤チーム)
12.My Life is Beautiful_Full(青チーム)
13.Magic Circle and Siren of Water fairy
14.Sing a World ~キミがくれた魔法~
15.奇跡と魔法のクロニクル(Special Ver.)
16.Embrace Blade
17.女神さまのポイントカード
18.スキハ無敵
純情のアフィリア ツアー情報
・純情のアフィリア 全国ツアー
『魔法陣と水の妖精 〜Magic Circle and Siren of Water fairy〜』
【静岡】浜松遠鉄百貨店えんてつビジョンにてご当地広告放映中!!
11月21日(日) 浜松窓枠
▶静岡公演詳細
【東京ファイナル】秋葉原ラジ館ビジョンにて11月20日~広告放映決定!!
11月27日(土) 品川インターシティホール
▶東京公演詳細
【エピローグ 北海道】
12月26日(日) 北海道cube garden
▶北海道公演詳細
【沖縄】(延期開催)
1月29日(土) 沖縄 ガンガラーの谷  
▶沖縄公演詳細

▶イベントHP
※全公演ZAIKOにてストリーミング配信あり。
※新型感染症の状況によっては延期、中止の可能性もございます。予めご承知おきください。
◆イベント参加ガイドライン

▼下記に当てはまる方は当日の来場を、お控え頂けますよう、お願い申し上げます。
(1)発熱、咳、下痢、だるさ、味覚障害、嗅覚障害等、体調に異変がある方
(2)新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した方との濃厚接触がある方、同居家族や身近な知人の感染が疑われる方、過去14日以内に
 政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航及び当該国・地域の在住者との濃厚接触がある方
(3)5日以内に平熱を超える発熱をされた方
(4)来場時の検温で37.2度以上の発熱が確認された方
(5)マスク無着用の方
(6)持病のある方は感染した際の重症化リスクが高いことから、より慎重に検討をお願いします。

▼ご来場の皆様への当日会場でのお願い
●入待ち、出待ちはお控えいただきますようお願いします。
●お客様同士の接触はお控えいただくようご協力ください。
●場内における鳴り物の利用、及び会話、大声による発声はお控えいただきますようお願いします。
●場内、ロビーでのご歓談も自粛をお願いいたします。
●会場側が要請するルールやマナーを遵守できない場合はご退場いただく場合もございます。
●入場口に手指用のアルコール消毒液を設置いたします。消毒の徹底をお願いいたします。
●入場時に非接触式体温計にて検温の実施をさせていただきます。37.2 度以上の方については入場をお断りします。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着