Carpainter、自身のDJなどで使用して
いるツール楽曲集『Super Dance Too
ls Vol.2』リリース

Carpainterが新作『SUPER DANCE TOOLS Vol.2』を自身が主宰メンバーに名を連ねる〈TREKKIE TRAX〉より本日11月19日(金)にリリースした。
今作は2020年1月にリリースした『SUPER DANCE TOOLS Vol.1』の続編。Carpainterがこれまで自身のDJセットでプレイするために制作した数々のツール楽曲を総集編にしたもので、そのストイックな楽曲は現場でプレイする多方面のDJから支持され、様々な楽曲が世界各地のベニューでプレイされている。前作からおよそ2年、Carpainter自身のモードもよりアップ・テンポなサウンドを軸としたハード・テクノやファンキー・テクノを中心に移行。今作にはテクノが持つ多様性を表現した様々なトラックが15曲収録されている。

また、ラストを飾る「May Everybody Be Happy With Hardtechno」ではハード・テクノの派生ジャンルであるシュランツの制作に挑戦した意欲作で、タイトルにあるようにハード・テクノに対するポジティブな気持ちを落とし込んだ1曲となっている。


【リリース情報】

Carpainter 『SUPER DANCE TOOLS Vol.2』

Release Date:2021.11.19 (Fri.)
Label:TREKKIE TRAX
Tracklist:
1. Plus Vibes
2. Mola Mola
3. Rebellion On The Floor
4. Motor
5. Twin Drums
6. Blow My Whistle
7. Tri Fold
8. Serious Scratch
9. Wavebounce
10. Anxious
11. Zoology
12. High Pressure
13. Void
14. Clockwork
15. May Everybody Be Happy With Hardtechno

■Carpaunter: Twitter(https://twitter.com/Carpainter_TT) / Instagram(https://www.instagram.com/carpainter_tt/) / SoundCloud(https://soundcloud.com/carpainter)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着