(左から)松下優也、増田貴久、唯月ふうか (C)エンタメOVO

(左から)松下優也、増田貴久、唯月ふうか (C)エンタメOVO

増田貴久「『絶対にデートに行くな』
ということで、家でじっとしてました
」 演出家「あまりに一生懸命なので
、無理やり休ませた」

 ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」取材会が19日、東京都内で行われ、出演者の増田貴久(NEWS)、唯月ふうか、松下優也雛形あきこ春野寿美礼、演出のクリス・ベイリー氏ほかが登壇した。
 本作は、2020年9月に増田主演で上演されたコメディーミュージカルの再演。1961年に米ブロードウェーで初演された人気作品で、ビルの窓ふき清掃員フィンチ(増田)のサクセスストーリーを描く。
 昨年コロナ禍で来日できなかったクリス氏だが、今年は来日が実現した。
 直接クリス氏の演出を受けた増田は「明確にしっかりと導いてくれる。『まっすーは今、どういう思いでこのせりふを言ったの?』と聞いて、『こういうアプローチを加えたらどう?』と言ってくれたり。言葉の壁もなく、僕らの全部を見て演出してくださるので、全部信頼して付いていっています」と語った。
 クリス氏は、ダニエル・ラドクリフ主演のリバイバル版でも、クリエーティブチームの一人として参加している。
 増田について、「ラドクリフと同じように、本当にすてきな方。座長としてユーモアセンスたっぷりにみんなを引っ張っているし、誰よりも真面目に稽古に取り組まれる謙虚な姿勢、そこを本当に尊敬している」と絶賛。
 また、「あまり一生懸命に仕事をするので、この前、無理やりオフ日を作って休ませた経緯があります」とエピソードも明かした。
 増田は「ダニエル・ラドクリフさんと、頑張りは全く一緒でございます」と笑わせながら、「その日は、唯一休めた日。周りに聞いたら『クリスがまっすーを休ませるため』だと。『絶対にデートに行くな』ということで、家でじっとしてました。あと美容院に行ってフィンチになってきました」と振り返った。
 舞台は11月20日~12月7日に都内・東急シアターオーブ、12月14日~16日に大阪・オリックス劇場で上演。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着