〈LOW HIGH WHO?〉所属のSSW・rowba
i、新作EP『Dukkha』配信 Kuroyagi
とのコラボ曲含む全7曲を収録

〈LOW HIGH WHO?〉所属のrowbaiが新作EP『Dukkha』を11月19日(木)にリリースした。

rowbaiは1996年生まれ静岡出身、現在は東京在住のMayu Inabaによるソロ・プロジェクト。ジャンルの枠組みにとらわれないアート性の高い音像のビートと、抑えられた起伏の中に強い意思を感じさせる歌を特徴としている。

仏教の言葉で苦しみを意味する言葉=Dukkhaをタイトルに冠した今作は、rowbai自身が鬱々とした精神状態の時に救われたという仏教の本から影響を受けコンセプトを練り、歌詞にも仏教から学んだシンプルな教えが取り入れられている。

​​また、制作にはレーベル・メイトであり、これまでにもrowbaiと連名でシングルを発表しているラッパーのKuroyagiも関わっており、3曲に客演としても参加。rowbaiとは異なる視点で“Dukkha”を捉え、自分自身と対峙している。

カバー・アートワークは過去作に引き続きRiko Inabaが担当。また、リリースに合わせて写真家のNaoya Omiyaがアーティスト写真を撮影している。
rowbai
Kuroyagi


【リリース情報】

rowbai 『Dukkha』

Release Date:2021.11.19 (Thu.)
Label:LOW HIGH WHO?
Tracklist:
1 . Kāma (feat. Kuroyagi)
2 . Gōma (feat. Kuroyagi)
3 . Stress
4 . Period
5 . brain fog
6 . Dukkha (feat. Kuroyagi)
7 . Recovery

■rowbai: Twitter(https://twitter.com/row_bai_) / Instagram(https://www.instagram.com/rowbai/) / SoundCloud(https://soundcloud.com/ordinary1996)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着