The Brow Beatの未来を紐解く鍵とな
る3本の配信ライブを完全受注LIVE D
VD作品としてパッケージ。これが、T
he Brow Beatの予言の書となる。

The Brow Beatの未来を紐解く鍵となる3本の配信ライブを完全受注LIVE DVD作品としてパッケージ。これが、The Brow Beatの予言の書となる。
The Brow Beat「The Brow Beat Live2021 “Last indies”〜Steal your xxxx〜 」DVD告知映像解禁!
 本当なら、4月、5月のゴールデンウィークに大勢の仲間たちの前で行うはずだったメジャーデビューの発表。だが、大阪府、そして東京都へ下された緊急事態宣言により、Zepp Osaka Bayside、LINE CUBE SHIBUYAで行うはずだったライブは中止になってしまった。
嬉しい報告となるはずだった発表の場を失ったRyujiとHAKUEIは、急遽、形を変え、3日間の内容を無観客での配信ライブという形で行った。それが、5月6日・7日・8日と3日間行われた「Live2021 “Last indies”〜Steal your xxxx〜 オンライン」だった。
 結果的に、観客たちを前にした形は取れなかった。でも、配信ライブだからこその演出も組み込み、The Brow Beatが描きたかった世界観を、より具現化したライブにもなった。
The Brow Beatは、3日間のライブへそれぞれにテーマを掲げていた。それが、以下になる。
初日・「prologue」公演は、1stアルバム「ラグナロク」を軸に据えた内容。
2日目・「epilogue 衝」公演は、2ndアルバム「Hameln」を軸に置いたメニュー。
3日目・「epilogue 撃」公演は、3rdアルバム「Adam」を基に構築した演目。
3日間とも演目が異なれば、2日目の「epilogue 衝」公演でメンバーたちは、仮装姿でライブを行えば、用意した演目の並びをくじ引きで決めるという、とんでもないこともやらかしていた。他にも、映像演出に長けたharevutaiという会場だからこそ仕掛けられた見せ方も多数登場。結果、LINE CUBE SHIBUYAでは表現できなかった、楽曲ごとに視覚面の効果的な演出を組み込み、楽曲自体へ説得力を与える効果も生み出していった。
今もファンたちの間からは、「3日間のライブの模様をDVD化してほしい」という声が多数寄せられている。でも、The Brow Beatに とってもあの3日間の公演は、The Brow Beatに興味を示す人たちとの新しい出会いの場でもあったが、それ以上に、それまでThe Brow Beatを支え続けてくれた仲間たちへ伝えたい強い思いと、未来のThe Brow Beatの動き示唆するメッセージを含んだ公演でもあった。
だからこそThe Brow Beatは、あえて「本当にThe Brow Beatの思いを受けとめてくれる人だけに届けたい」気持ちから、完全受注生産の作品として発売することを決めた。受け付けは、11月30日(火)いっぱいになる。この3本のライブに触れることが、これからのThe Brow Beatの歩む道や、示す行動の答え合わせにもなるように、少しでも深くThe Brow Beatのことを知りたい方は、このLIVE DVDも手元に置いてもらいたい。
              
TEXT:長澤智典

The Brow Beat
「The Brow Beat Live2021 “Last indies”〜Steal your xxxx〜 」
[prologue]
[epilogue 衝]
[epilogue 撃]
3公演 3枚組 LIVE DVD
発売日:12月下旬発送予定
受注期間:2021年11月30日(火)23時59分 まで
価格:\11,550(税込)& 送料込み
品番:H3-0001
発売元:H3
販売元:TGLAB(株)
◆購入ページ
https://thebrowbeat.jp/store/3002
◆The Brow Beat「The Brow Beat Live2021 “Last indies”〜Steal your xxxx〜 」DVD発売告知映像
https://youtu.be/XniEZr0GUf0
◆The Brow Beat HP
https://thebrowbeat.jp/
◆The Brow Beat Twitter

アーティスト

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着