桑田佳祐『Soulコブラツイスト〜魂の悶絶』の歌詞が刺さる訳

桑田佳祐『Soulコブラツイスト〜魂の悶絶』の歌詞が刺さる訳

桑田佳祐『Soulコブラツイスト〜魂の
悶絶』の歌詞が刺さる訳

桑田佳祐らしさを詰め込んだ新曲

▲桑田佳祐 - 『Soulコブラツイスト〜魂の悶絶』【OfficialMusicVideo】
『Soulコブラツイスト〜魂の悶絶』は、桑田佳祐の配信シングル3曲目として2021年8月30日にリリースされた新曲EPです。
この楽曲は、9月15日にリリースされたミニアルバム『ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し』にも収録され、先行リリースという形で『Soulコブラツイスト〜魂の悶絶』が発表されました。
当初、『SMILE〜晴れ渡る空のように〜』『炎の聖歌隊 [Choir]』に続いて3ヵ月連続先行配信シングルとして発表される予定でしたが、リリースを早めて8月末に発表することになったのだとか。
また、この楽曲は俳優の大泉洋がMCを務める音楽番組・SONGSでも披露されました。
『Soulコブラツイスト〜魂の悶絶』は、桑田佳祐本人が出演するユニクロのCMソングでもあり、配信Netfilx映画『浅草キッド』の主題歌でもあります。
そのため、知らず知らずの内に耳にしている人も多いかもしれませんね。
サザンオールスターズや桑田佳祐といえば、独特の世界観や一風変わった歌詞が印象的ですよね。
今回ご紹介する『Soulコブラツイスト〜魂の悶絶』も、初っ端からインパクトの強い楽曲に仕上がっています。
まるで一昔前の音楽番組のようなPVも印象的。
レトロな世界観で奏でられるイントロだけでも、桑田佳祐の世界へ一気に引きずり込まれます。
プロレス技であるコブラツイストは、名前を聞いただけでもまさに「悶絶」しそう。
この特徴的なタイトルに込められた意味も含めて、桑田佳祐の世界を読み解いていきましょう。
不器用な愛が愛おしい
Soulコブラツイスト~魂の悶絶 歌詞 「桑田佳祐」
https://utaten.com/lyric/mi21100519
タイトルを見る限り少々物騒な印象を受けますが、歌詞は歌い出しからしっとりとした、大人のバラードです。
愛しい人がいる。その人への思いが届かないと知り、砕け散った後も思いを引きずってしまう。
そんな経験、誰しもあるのではないでしょうか。
愛しい彼女が振り向いてくれないと分かりつつも、抱いてしまった恋心や深い愛を捨てきれずに苦しむ、胸の痛みがひしひしと伝わってきます。
Soulコブラツイスト~魂の悶絶 歌詞 「桑田佳祐」
https://utaten.com/lyric/mi21100519
断ち切れぬ思いを抱えたまま過ごす孤独な夜は、どれほど辛く、惨めなものでしょうか。
“フラれたかっこ悪い自分を捨てて生まれ変わりたい。”
そう強く願った夜に浮かぶ月と涙の対比が、もの悲しさを引き立てます。
Soulコブラツイスト~魂の悶絶 歌詞 「桑田佳祐」
https://utaten.com/lyric/mi21100519
負け知らずの人生だからこそ、好きな人にフラれるという敗北は受け入れがたい現実なのです。
無駄な足掻きだと分かっていても、恋の炎を消せずに「ギラギラハート」を燃え上がらせる、男の愚かさが愛おしいですね。
大人の恋×プロレス技の妙

Soulコブラツイスト~魂の悶絶 歌詞 「桑田佳祐」
https://utaten.com/lyric/mi21100519
恋というものは、みんなに祝福されるものばかりではありません。
魂が惹かれ合い、燃え上がるものだからこそ、中には許されざる恋もあるのです。
「イケナイ人」が人妻なのか、誰かの恋人なのかは分かりませんが、実るはずのない恋だと知りながらも、燃え上がる恋の炎を消すことはできません。
自分でも愚かな恋だと知りながら、イケナイ恋が許されるほど世間が甘くないことも知りながら、ずるずると関係を続けてしまう。
そんなオトナの情事を思わせます。
Soulコブラツイスト~魂の悶絶 歌詞 「桑田佳祐」
https://utaten.com/lyric/mi21100519
『Soulコブラツイスト〜魂の悶絶』の秀逸さは、まさにここの歌詞に集約されています。
プロレス技の名前を聞けば、そこから連想されるのは痛みでしょう。
身体的な痛みを伴うコブラツイストを、恋の悶絶するような痛みにたとえているのです。
タイトルだけ見ると、まるで関係のなさそうな言葉が、しっかりと歌詞で活かされている。
これこそが、桑田佳祐の”ずば抜けたセンス”といえるのではないでしょうか。
壊れるほどの愛を求めた人と引き裂かれる運命だと知った時、幸せは幻のように消え去り、目の前には暗い現実だけが残されます。
酒に逃げて酔い潰れる、男の惨めさが目に浮かびます。
Soulコブラツイスト~魂の悶絶 歌詞 「桑田佳祐」
https://utaten.com/lyric/mi21100519
許されざる恋に身を焦がしても、愛を失い路頭に迷っても、命をかけて生きている。
惨めな自分の姿を見て笑う人々への魂の叫びであり、愛に敗れた自分への慰めにも聞こえる歌詞です。
どんなに絶望しても、必ずやってくる明日。
それでも見えない夜明け。
「明日の日の出はどっちなんだろう?」という歌詞からは、必死に出口を探す男の悲しさが伝わってくるようです。
不器用な大人たちへの応援ソング
『Soulコブラツイスト〜魂の悶絶』は、プロレス技から連想されるコミカルな印象とは対照的に、曲調は「いとしのエリー」などのバラードを連想させるしっとりとした楽曲です。
決してコミカルな内容ではなく、失恋の辛さや愛の強さをコブラツイストにたとえて歌い上げているのです。
タイトルに騙されて油断していると、うっかり感動してしまいそうな名曲。
しっかりと遊びを入れながらも、曲に深みと説得力を持たせられるのは、桑田佳祐の圧倒的歌唱力のなせる技です。
そして、映像にもしっかりと遊びを入れているところがさすが。
有名な某番組を思わせるセットや世界観、華やかなステージで自身の曲を歌い上げる桑田佳祐。
そして中盤では母親との感動の対面。
どこかで見たことのあるような展開が続き、昔懐かしいテレビ番組を見ているような気分にさせられます。
また、タイトルに「コブラツイスト」とあるように、映像の中にはプロレスのマスクをかぶった人の姿もちらほら。
歌番組とプロレスの要素を掛け合わせた、非常に遊び心のある映像作品になっているのです。
桑田佳祐の圧倒的な歌唱力と世界観。
あえてふざけた映像とのギャップがたまらなく癖になりそうです。
これまで、数々の名曲を生み出しながら、しっとりと聴かせる曲から下ネタ満載のおふざけ曲まで幅広くリリースしてきた桑田佳祐。
彼の魅力は、揺るぎない歌唱力と衰えることのない遊び心なのかもしれません。
そして、楽曲全体に流れるあたたかさ。
大人の失恋を歌っているのに、悲壮感よりも前向きさを感じさせるのは、桑田佳祐の声や歌唱表現のせいでしょう。
届かぬ人に恋をしてフラれ、でも諦められない。
出口も見えない中でもがく1人の男を、ついつい応援したくなります。
これは、大人の複雑で不器用な恋を歌いながらも、大人だからこそ生きにくい人たちへの、ささやかな応援ソングなのかもしれません。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着