大石まどかの恒例生演奏ライブ「生ラ
!」にダンディ坂野がサプライズ

デビュー30周年を迎え、記念シングル「茜の炎」が「第54回日本作詩大賞」にノミネートされ好調の大石まどかが11月28日昼夜2回、東京・銀座のコムサステージ銀座店で「生ラ!」と銘打った生演奏ライブを開いた。

2013年からスタートしたバンドによる生演奏ライブ「生ラ!」が、昨年は新型コロナの影響でスタジオから無観客での配信ライブとなり、今回は、約2年ぶりに有観客で開催することになったもの。

有観客での単独ライブは一昨年以来、約2年ぶりで、昼の部は、前半は着物姿で「居酒屋『津軽』」を歌ってオープニングの幕を開け、「皆さん元気でしたか。会いたかったよ~! 昨年の2月からこのコロナで大変な時間を皆さんも過ごされていたかなと思いますけれど、私も大変でございました。この2年ほどお客さまの前で歌わせていただく機会がなかなかなくて、歌っていいものやら、歌手をやっていていいものやらいろんなことを考えたこの2年間でした。でも、じゃあ何ができるかというと、歌しか歌えないんですよね。大好きな歌でこれからもやっていかなければいけないという思いを持ちながらも前進したり、後退したりという2年間が続いていました」。
そして、「今年でデビュー30周年を迎えさせていただきました。お陰さまで何とか30年歌わせていただいて、今日のこのコムサステージを迎えることができました。短い時間ですが、最後まで一生懸命歌わせていただきましたのでどうぞお付き合いのほどお願い申し上げます」とあいさつ。

前作シングル「京都みれん」をはじめ、デビュー曲「恋のしのび雨」、日本コロムビア移籍前の10年間、在籍した東芝EMI時代のオリジナル作品から「あなたになりたい」「あれから」、初めて自身が作詩した「娘馬子唄」などを歌唱。ドレスに着替えて、カバー曲からテレサ・テンの「別れの予感」、エルビス・プレスリーの「Can’t Help Falling In Love」、後半は、オリジナル作品から「愛しの函館」「曼珠沙華が咲いた」、新曲「茜の炎」など全13曲を熱唱した。
その中で、新曲「茜の炎」について「ちょっとジャズっぽいテイストで、等身大で歌える曲でして、40代、50代、60代の方もあきらめずに恋愛していただきたいという及川眠子先生(作詞家)の気持ちからできた応援歌です」と話していた。

また夜の部では、ニューシングル『茜の炎』のボーナストラックに収録の「愛が生まれた日」をデュエットした同じ事務所「サンミュージックプロダクション」に所属しているお笑いタレント・ダンディ坂野がサプライズで応援に駆けつけ、2人で同曲をデュエットして客席を大いに湧かせた。

ニューシングル『茜の炎』

2021年8月4日(水)発売
COCA-17904 / 1,350円(税込)
[ 収録内容 ]
M1:茜の炎
 作詩:及川眠子 作曲:幸耕平 編曲:坂本昌之
M2:シングル・アゲイン
M3:愛が生まれた日(大石まどか×ダンディ坂野)※ボーナストラック

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着