Michael Kaneko、コラボ・プロジェク
ト第2弾となる新曲「SANDIE feat. さ
かいゆう」本日リリース

Michael Kanekoがニュー・シングル「SANDIE feat. さかいゆう」を本日12月1日(水)にリリースした。
今作はMichael Kanekoがこれまでの活動で親交を深めてきた日本の素晴らしいシンガー/ミュージシャンとコラボレーションするプロジェクトの第2弾。藤原さくらを迎えた前作「DRIVEAWAYに続いて、今作ではさかいゆうが作詞、ボーカル、そしてローズ・ピアノで参加している。
さかいゆう

これまでさかいゆうの楽曲で英詞やコーラスで参加、またライブ・サポートで共演してきたMichael Kaneko。海外ミュージシャンとの経験も多く、ソングライターとしてリスペクトするさかいゆうとのコラボは、Michael Kanekoがリズム・セクションを軸にトラックを作り、その上にスムースでありながらもグルーヴを感じるメロディを乗せたという。そして、さかいゆうは遊び心たっぷりの歌詞を書き上げた。

レコーディングでは共同プロデューサーとしてお互いにディレクション。特にMichael Kanekoのギター・ソロは、さかいゆうからの課題にMichaelが宿題として持ち帰るほどこだわったというカッティングを披露している。また、アウトロでのギターとさかいゆうのローズ・ピアノの掛け合いにも注目を。

【Michael Kaneko コメント】

ゆうさんは僕がデビューする前から可愛がってもらってる先輩です。
音楽や人生について沢山アドバイスを今まで受けてきました。
彼の音楽への向き合い方やミュージシャンシップは本当に尊敬しています。
世界中のレジェンド級ミュージシャンとやってきた彼とスタジオに入ったらどのような化学反応が起きるかものすごく楽しみにしていました。
結果は『SANDIE』。最高にかっこいい曲が出来上がったと思います!
みなさんよろしくお願いします!

【さかいゆう コメント】

マイキーの声っていわゆるズルい声ですよね。彼が声を発するとその場が柔らかい音の毛布に包まれる。
個人的にもお付き合いさせていただいておりますが、彼の発する声は、彼の性格にも似ていると感じます。(僕は違いますが 笑)
その場がパッと柔らかくなってみんながいつの間にか彼と仲良くなっている。
今回のコラボは、彼の甘い声に少しスパイスを注入できた気がします。
甘くてFUNKYな曲できたね、どっちも大事!


【リリース情報】

Michael Kaneko 『SANDIE feat. さかいゆう』

Release Date:2021.12.01 (Wed.)
Label:origami PRODUCTIONS
Tracklist:
1. SANDIE feat. さかいゆう

■ Michael Kaneko オフィシャル・サイト(http://michaelkaneko.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着